『龍が如く7』堤真一さん、安田顕さん、中井貴一さんが台本の量に驚愕。人気ブランドとのコラボが明らかに

kbj
公開日時

 セガゲームスは、2020年1月16日に発売予定のPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』の完成披露会を、本日11月13日に恵比寿ガーデンルームで開催した。

 本作は、人気タイトル『龍が如く』シリーズのナンバリング最新作。新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で、新主人公・春日一番が巻き起こす物語が展開する。バトルは、ケンカアクションとRPGコマンド選択システムが融合した“ライブコマンドRPGバトル”となっている。

 登壇した名越稔洋総合監督は、「シリーズならではの熱いドラマの部分を見てもらいます!」とできたばかりのトレーラーを公開した。



 映像では荒川真斗と、春日一番の生い立ちについて写し出された。またクライマックスシーンでは桐生一馬だと思われるキャラの姿も確認できた。

 映像のバックに流れるのはテーマ曲『一番歌』。湘南乃風&中田ヤスタカさんによるコラボ曲で、ゲームの主人公である春日一番の名前を冠した曲だ。名越さんはお祭りのような曲にしたかったという狙いを説明。曲について相談しようとしていた当時、名越さんは心臓の手術を控えていたため、一度は断ったのだという。しかし、メンバーが病床まで来て打ち合わせをしてくれたということもあり、実現しただけでなく、より一層思い入れのあるタイトルになったと語った。

 ここで、春日一番役の中谷一博さんをはじめ、堤真一さん、安田顕さん、中井貴一さんという豪華出演陣が登場。また、助演女優オーディションでグランプリに輝いた鎌滝えりさん、審査員特別賞に選ばれた沢すみれさん、柳いろはさんも姿を見せた。






 春日を演じた中谷さんは、同シリーズで錦山彰を演じている。彼との差別化を意識しすぎていたため、気負いもあったことを告白。ただ収録時に開発メンバーから軌道修正してもらい、演じられたという。「春日同様に素晴らしい仲間に恵まれました」と語った。

 荒川組若頭の沢城丈は、話の中でも重要な位置にいる。言葉の1つ1つに真実があるのか、裏があるのか、考えさせられるため、名越さんは貫禄がある方に頼みたいと思っていたという。

 依頼を受けた堤さんは、ゲームをやらないので理解できなかったようだ。ただ、中井さんも出演することを聞いて「やります!」と返事したことを明かした。そのうえで「いままでやったことのないことなので、気長にゆっくりと録音させてくださいとお願いしました」とコメントし、集まった報道陣を笑わせた。

 伊勢佐木異人町のホームレスであるナンバ。ホームレスとの共通点を聞かれた安田さんは戸惑いつつも、「見た目が自分よりも自分」と回答。また、自分ではわからないが、愛くるしさや世間の人がどうみているのか再確認できたことにうれしく思ったという。

 中井貴一さんの演じた荒川組組長・荒川真澄は、要所要所で登場し、話を動かしていく。さらに出ていないところでも、何をしているのか、裏側を想起されるような演技を求められる。名越さんは「中井さんがゲームに明るいイメージはなかったのですが」と断ったあと、『龍が如く』シリーズの当たってくだけろという精神で、その演技ができそうな数少ない中井さんにお願いしたところ、承諾してもらったことを明かした。

 そんな中井さんが、荒川に感じたのは古臭いキャラだということ。過去にさまざまな人が演じていた任侠映画には、義理や恩を大事にする任侠道が存在する。それを引き継いできた中井さんは、荒川にも任侠道があり、春日もその影響を受けていると感じたという。

 熱いドラマの間に出てきて、プレイヤーをホッとさせてくれる綺麗な女性陣。名越さんは「ファンからは『龍が如く』シリーズに登場する男性キャラはカッコいいが、女性はちょっと……と言われてきました」とコメント。たださまざまなタイトルの開発を経て、女性も綺麗に描けるようになったと感じているようだ。

 CGになったのは初めてだという鎌滝さん。演じた役は春日をサポートするキャラで、愛してもらえるキャラになるように演じたという。

 集まった報道陣から登壇者に質問があがる。本作のテーマである“成りあがり”を感じた瞬間を聞かれた中谷さんは、「そうそうたる皆さんとご一緒できた、まさに今この瞬間」と回答。さらにはコンビニに行って、値段を気にせずに買えるようになった時にも成り上がりを感じたと続けた。

 安田さんは“成り上がり”について「成し遂げて上がる。つまりいっちょあがりで、その先がないように感じます」と話す。役者は会社などとは異なり役職がなく、上がっていくことがないためのようだ。

 学生から役者になった中井さんは、勉強をしなくてよくなり、怒られることもなくなると考えた。ただ、セリフを覚える必要があり、さらにできるまでやることになり、成り上がりどころか、むしろいつまで怒られるのかと感じているようだ。

 一方で、中井さんは仕事を始めた際の吉野家でのエピソードを披露。「牛丼にみそ汁にお新香、玉子に牛皿まですべてつけた時に、店の皆が羨望のまなざしで見ている気がしていて、成り上がったな!と感じました」と話した。

 堤さんがあげたのは焼き肉のエピソード。家の焼き肉は噛み切れない肉やホルモンばかりだったため、焼き肉に連れていってもらった際にテンションが上がらなかったようだ。ところが出てきたタンや肉がとにかくおいしくて感動。母親が来た際に「ホンモノの焼き肉」と言って連れていったと続けた。

 次の質問は作品での印象的だったこと。中谷さんは、『龍が如く』と比べて時代を反映しているため、時代を見直さないと役者として参加できないと思ったようだ。

 堤さんと中井さん、安田さんが一様に驚いたのは、台本の量。事務所から届いたダンボールには、普段見たことがないような量の台本が入っていたことが信じられなかったようだ。舞台の仕事を控えていた堤さんは「自分のセリフだけを拾おう」と思ったが、おもしろくてすべて読んでしまった結果、舞台のセリフがなかなか入らなかったことを付け加えた。

 中井さんは自分のところだけ読むことが許されないような作りの台本だったため、1日かけて読みきったことを告白。自身と堤さんの役に付いて、「途中で止められると誤解されるかもしれないので、最後までやってほしいです」と説明した。ゲームを知らない中井さんだが、『龍が如く』はさまざまな俳優が出ていることは認知していたという。「なぜあんなに出ているんだろう」と疑問にいだいていたようだが、出演したことでその魅力がわかったのではないだろうか。

 安田さんが感じたのはスケール感、見慣れた街でとんでもないアクションが繰り広げられる。さらにここまで長いドラマや映画は難しいため、ゲームの中で素晴らしいストーリーが作られていると感じたという。

 さらにゲーム中にある“転職”にひっかけて、何かやってみたい職業、転職してみたい職業を聞かれた俳優陣。

 堤さんは家にある薪ストーブのために、勉強して木こりになり、樹を切って薪を確保したいと思っているという。

 幼いころから医者になりたかったというのは、中井さん。震災のように何かあった時、お笑いタレントは笑いを、歌手は歌を届けられるが、役者は何もできないと考えているようで、助けになれる医者をあげたとのこと。

 安田さんは、「なんかカッコいい」という理由でパイロットをチョイス。飛行機のパイロット制服を着た時の羨望の眼差しに憧れているようだ。

 最後に中谷さんは期待しているファンに向けて、「皆さんのもとにお届けできる準備が整いました。RPGや『ドラクエ』などのキーワードはあるのですが、仲間の大切さ、重厚なドラマはむしろレベルアップしています」と説明。さらに、本作ではより踏み込んだ人間ドラマになっているようで、「シリーズを上回る“会心の一撃”を、待っている皆さんにお届けできればと思います!」と力強く語った。


 ここで、名越さんから体験版が本日11月13日より配信されることが発表された。初回特典は、DLC装備アイテムが入るプロダクトコードとコラボグッズの抽選券。本作ではこれまでにコラボしていないようなブランドと協力してグッズを開発しているようなので、期待しておこう。

 会場には一部展示されていたので掲載する。





 前述したように、本作には“成り上がり”というキーワードが存在する。名越さんは、自分が目指すものは何か? 幸せは何か?について、どう説明するのかを考えていたという。便利になっている一方で、物事や世の中に対して諦めをいただいている人がいる。「エンタメの1つであるゲームとして、諦めてしまっている人を応援していきたい。ゲームとして目指すものがあって、自分次第であることを表現できているので、最後までやっていただきたいです。そして何を思ったか、意見をいただき、それを次の作品につなげていきたいです」とイベントを締めくくった。

※画像は開発中のものです。
©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税