支倉凍砂先生の小説『WORLD END ECONOMiCA』アニメ化を目指すCF開始

電撃オンライン
公開日時

 同人サークルSpicyTailsは、2011年から2013年にかけて製作したビジュアルノベルゲーム『WORLD END ECONOMiCA』のアニメ化に向けたクラウドファンディングを、“CAMPFIRE”にて11月14日16:00より開始します。

『WORLD END ECONOMiCA』とは

 経済ライトノベルの金字塔である『狼と香辛料』シリーズを送り出した、作家・支倉凍砂先生が、2011年から2013年に渡ってシナリオと制作の総指揮をとり、同人ビジュアルノベルとしてリリースした金融青春アドベンチャー三部作です。

ストーリー

 人類の最前線、月面都市。月生まれの少年ハルは、前人未到の地に立つことを夢見ていた。

 そのために必要なのは、圧倒的な資金。

 金を稼ぐためにハルが足を踏み入れたのは、人類の欲望を飲み込み、時に打ち砕いてきた“株式市場”だった。

 そんなハルが月面で美しき謎の少女ハガナと出会い、運命の輪が回り始める——。

作品の過去の展開について

 主題歌は数々のアニメ主題歌で知られる“岸田教団&THE明星ロケッツ”が手がけ、本作品はコミックマーケットにて頒布された後、steamにて全世界に向けて販売され、さらには2016年にニンテンドー3DS版に移植されました(※注1)。

 また、電撃文庫からは小説版も刊行され(※注2)、現在は繁体字版、韓国語版など、発売から時間が経った今でも、世界に多くの根強いファンを増やしています。

※注1:2016年に、フリュー株式会社から「カタルヒト」シリーズの一つとして発売。
※注2:『WORLD END ECONOMiCA』支倉凍砂(著)上月一式(イラスト)、全3巻。KADOKAWA 電撃文庫刊。

プロジェクト概要

プロジェクト名
金融冒険ノベル『WORLD END ECONOMiCA』アニメ化へのプロジェクト
期間
11月14日~12月29日
目標金額
5,000,000円
目的
アニメ化に向けたプロモーション費用に対して支援を募ります。
リターン一例(返礼品)
・“アソシエイト”コース:13,000円(税/送料込)
壁紙(PC)/ゲーム本体Steamキーコードepisode1~3/PV先行視聴権/過去同人誌短編小説集(デジタル)/パッケージ/アートブック/Tシャツ(ワンサイズ)/キービジュポスター/解説本/エンドロールクレジット(小)