AGF2019『ARGONAVIS』ステージが開催! 新バンドには福山潤さん、代永翼さん、鮎川太陽さんらが出演

ガルスタオンライン 、近藤智子
公開日時

 さまざまなメディアミックスを展開する『BanG Dream!』(バンドリ!)発のボーイズバンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』(アルゴナビス フロム バンドリ!)。本作のスペシャルステージが、2019年11月9日に“アニメイトガールズフェスティバル2019”の噴水広場ステージで開催されました。

Argonavis&GYROAXIAが登場!

 ステージには、バンド“Argonavis”のキャラクターを演じる、伊藤昌弘さん(七星 蓮役)、日向大輔さん(五稜結人役)、前田誠二さん(的場航海役)、森嶋秀太さん(桔梗凛生役)が登場。まずは伊藤さんが「僕たちは実際にバンドを活動をしています!」と自己紹介し、橋本祥平さん(白石万浬役)からのビデオレターをファンに届けます。




 橋本さんは「魂だけは飛ばしております~!!」と元気よく挨拶し、話題は11月5日に行われたプロジェクト発表会へ。アニメ化とゲーム化が決定したことには「めちゃめちゃ楽しみです。さらにArgonavisをよりたくさんの人に知ってもらえたら嬉しいです」とコメント。自身が演じる白石万浬について「小柄ですがパワフルなドラマーで、いい意味で合理的で、お金が大好きというのも家庭の事情があって……とても優しい子です」と紹介してくれました。

 ステージでも改めて、2020年春に放送予定のテレビアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』や、2020年後半に配信予定のリズム&アドベンチャーゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside(ダブルエーサイド)』ついて説明していきます。日向さんは「こんなに早くアニメ化が決まるとは思ってなかったよね」と感想を伝え、すでに1万人を突破したアプリの事前登録については森嶋さんが「2万件突破で“ジンギスカンセット(本物)”、5万人突破で“イカ(本物)”をプレゼント、が気になりますね(笑)」と指摘。事前登録は絶賛受付中なので、本物のジンギスカンやイカが気になった人はぜひチェックしてみましょう!

 ここで、プロジェクト発表会で公開となった新バンド「GYROAXIA」のボーカルである旭 那由多を演じる小笠原 仁さんが登場します。「やっと皆さんにお届けできる時が来たなと思って、感慨深いです。今日は気合が入りすぎて、那由多の服に寄せたらコスプレみたいになっちゃって……(笑)」と嬉しさを隠し切れない様子です♪

 小笠原さんは那由多について「バンドメンバーにも高圧的なんですけど、それは自分の求める理想の音楽のためのストイックさゆえで、だからこそ尖った面も出てしまって。このGYROAXIAというバンドは、那由多の才能に惚れこんだ人たちが集まっています」と語ります。
 2020年1月15日には、両バンドの楽曲が収録された3rd CDのリリースも決定。伊藤さんと小笠原さんは「コンセプトも真逆だし、曲に込めた想いも反対」と話したそうで、そんなコントラストが楽しめるCDに仕上がっているそうです。前田さんはArgonavisの「VOICE」について聞かれると「演奏だけ、歌だけにとらわれないよう気を付けています。最初はバラバラに練習していて、本番が近づくにつれてメンバーが揃ってきて、こうやってバンドが1つになっていくんだなと思いました」と振り返りました。

ヴィジュアル系バンド「Fantôme Iris」の全メンバーが初公開!

 続いて、社会人で構成されたヴィジュアル系バンド「Fantôme Iris(ファントムイリス)」の映像が公開! すでに発表となっていたフェリクス・ルイ=クロード・モンドール役のランズベリー・アーサーさんのほか、黒川 燈役は和田将弥さん、洲崎 遵役は福山 潤さん、御劔虎春役は代永 翼さん、楠 大門役は鮎川太陽さんが演じることが明かされます。

 ステージにもランズベリーさん、和田さん、福山さん、鮎川さんが登場し、代永さんはビデオレターでファンに挨拶します。「アーサー頑張れよ、リーダー!」と声をかけたり、親交の深い福山さんには「いっぱいダジャレ言ってるでしょ」と話しながら、虎春についても「バンドでのビジュアルは女の子のような格好で、可愛い感じになると思うかもしれませんが、めっちゃ男気溢れるキャラクターなんです」と紹介してくれました。

 キャラクターの印象について、ランズベリーさんは「フェリクスは“すべてのヴァンパイアを統べる王”という設定で、お茶目なところもありつつ全能感のある存在です」、和田さんは「普段は社畜で……(笑)。でも内にはSな部分もあって、それが今後出てくる場面があって魅力的だと思います」とコメント。とくに和田さんは燈がオーディションに初めて受かったキャラクターで、こうしたイベントにも初めて出演するためとても緊張した様子を見せていましたが、メンバーが「頑張りましょう!」と優しくフォローしていました♪

 福山さんは「普段はすごく暗いんですけど、ステージとのギャップがすごいですね。普段の生活から解き放たれた“ZACK”こと洲崎 遵を見ていただきたいなと思います」と話し、鮎川さんは「皆が社会人なので、ほかのグループと比べて大人の包容力や説得力のあるグループです。大門は虎春と幼馴染で、聖職者という設定にあるように人の相談に乗るようなタイプです。でもバンドはがっつりやっているので、ギャップも楽しんでください」とアピールします。


 AGFで販売されたキャラクターグッズの紹介コーナーでは、鮎川さんがアクリルスタンドを「めちゃめちゃクオリティが高い!」と絶賛し、小笠原さんは「アクリルキーホルダーの(ミニキャラの)那由多は少しだけ笑っていて、すごくかわいいんです!」と推しポイントを強調。普段使いしやすく“夢”が入るポーチもラインアップされていて、こちらの各種グッズは事後通販が決定しているので買いそびれてしまった方もチェックしてみてくださいね。

 トークパートの締めくくりは出演者全員の挨拶と、ファンと一緒の記念撮影! 伊藤さんがメンバーに「今日は本当にありがとうございました」と掛け声を合図していたにも関わらず「本日は……」と叫んでしまい、メンバーから総ツッコミを受けるハプニングもありました♪

森嶋さん「AAsideやアニメ化が発表され、ARGONAVISプロジェクトはもっと大きな船になっていきます。皆さんも一緒に乗って、楽しい航海をしましょう!」
前田さん「これまでボイスドラマなどで語られてきた部分もありますが、ゲームやアニメではそこで語られていないいろいろなメンバーのお話がこれから見えてくると思います。ほかのバンドも絡んでくると思うので、よろしくお願いします」
小笠原さん「僕もこのプロジェクトに参加させていただいて、発表からドキドキワクワクの毎日です。これからどんどんプロジェクトも大きく、展開も加速していくと思いますので、皆さんも僕と一緒にドキドキワクワクしてもらえればと思います」
鮎川さん「今日の発表が待ち遠しかったです。まだアニメ化、ゲーム化とコンテンツが広がってまいりますので、ぜひ同時に応援していただけたらと思います」
福山さん「メンバーがフレッシュで、頼もしいですね。これからはどうやって目立っていこうか考えていこうと思います(笑)。今後ともよろしくお願いします」
和田さん「やっとここに立てて、汗が止まらないんですけど(笑)、このコンテンツと共に成長していこうと思います。ありがとうございました」
ランズベリーさん「アニメ、アプリとこれから楽しみなことがたくさん待っています。早く言いたいことが多すぎて時を早く進めたいくらいですが、この待つ時間も一緒に楽しんでいけたら。リリースされたら我が眷属になっていただければと思います!」
日向さん「新しいキャストも発表されて、ますますプロジェクトが大きくなるんじゃないかなと。そのためにも皆さんのご声援が必要ですので、ぜひ一緒にARGONAVISを作っていけたらと思います」
伊藤さん「こんなに頼もしい仲間ができて、一年前のライブハウスからこんなに変わるのかという驚きと嬉しさでいっぱいです。これから推進力を増したARGONAVISを楽しんでいただけるよう、星のように輝けるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いします!」

 最後にステージでは、Argonavisの4人が「ゴールライン」を生演奏で熱唱! 伊藤さんは「この曲は“Yeah Yeah Yeah wow Yeah Yeah Yeah”というフレーズがあるんです。初めて聞く人も曲が終わるまで、1回でもいいので一緒に歌ってください!」と訴え、ファンと一緒に練習します。4人のパワフルなパフォーマンスや力強い歌声が響き渡ると、ステージは大歓声に包まれました♪


©ARGONAVIS project.
©ARGONAVIS project. ©DeNA Co., Ltd. All rights reserved. ©bushiroad All Rights Reserved.