Switch『テラリア』Ver.1.3の最終ボスにたどり着くまでの道のりを紹介

電撃オンライン
公開日時

 スパイク・チュンソフトは、12月19日に発売するNintendo Switch版『テラリア』に含まれるPC版の大型アップデートVer.1.3の追加要素を公開しました。

 『テラリア』は、土や木などのブロックで構成された広大な世界で、プレイヤーがブロックを自由に掘り、素材を集め、アイテムの作成や建築を行いながら独自の世界を作り上げていく、モノづくりアクションアドベンチャーゲームです。

Ver.1.3の最終ボスにたどり着くまでの道のり

謎のカルト教団

 Ver.1.3アップデート前の最終ボス“ゴーレム”を倒した後、ダンジョンの入り口に向かうと謎のカルト教団に遭遇します。

 謎のカルト教団は奇妙な石板を使って儀式を行い、宇宙からの来訪者をこの地に呼び寄せようとしています。教団のリーダーは、分身やワープ、多彩な攻撃魔法を駆使してプレイヤーを襲います。


4本の柱

 謎のカルト教団を倒すと、次に現れるのが4本の不気味な柱。ワールドの大部分が4本の柱の支配下に入り、エイリアンたちが敵として出現します。

 エイリアンたちは、それぞれの柱ごとに異なる能力を持ち、いずれも危険な存在です。4本の柱を倒して入手できる“かけら”は、柱ごとに近接・遠距離・攻撃魔法・召喚と製作できる武器が異なり、敵を貫く光の槍や、スターダストドラゴンを召喚する杖などを製作できます。


ムーンロード

 4本の柱を倒すと、Ver.1.3アップデートの最終ボス“ムーンロード”が出現します。両手と頭部の独立した攻撃に加え、多数の“クトゥルフの目玉”が周囲を飛び交います。

 ムーンロードは非常に強力な敵のため、4本の柱の“かけら”から強力な武器を製作して戦いに挑むことがポイントです。

さらなる宇宙からの来訪者、火星人も襲来!

火星人の狂気

 宇宙から飛来する敵は、特定の条件を満たすことで発生する新襲撃イベント“火星人の狂気”にも出現します。

 “火星人の狂気”には、円盤型の宇宙船や3本足の戦闘機械、銀色の宇宙人など、さまざまな敵が登場します。ドロップアイテムの素材からは、宙に浮く椅子や作業台などがクラフトでき、火星人スタイルの家作りを楽しめます。


 火星人から入手できるドロップアイテムは、素材以外にも“レーザーマシンガン”や“エレクトロランチャー”などの強力なエネルギー兵器に加え、UFOを呼び出すマウント召喚アイテム“うちゅうせんのカギ”も存在。呼び出したUFOは、縦横無尽に飛行できるため、ムーンロード戦でも役立ちます。


既存の襲撃イベントも変化

 既存の襲撃イベントにも新たな敵が登場します。海賊の襲来イベントには、ミニボスとして空飛ぶ亡霊船“フライング・ダッチマン”が登場し、上空から砲撃してきます。

 日蝕イベントには、とくに多くの新モンスターが出現。新モンスターしかドロップしない新たなアイテムも追加されています。


※Nintendo Switchは、任天堂の商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
Terraria (C)2019 Re-Logic. Published by 505 Games (and Spike Chunsoft for Japan and Asia region excluding South Korea and Mainland China). Developed by Pipeworks Studio. 505 Games and the 505 Games logo are registered trademarks of 505 Games S.p.a.

テラリア

  • メーカー: スパイク・チュンソフト
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクションADV
  • 発売日: 2019年12月19日
  • 希望小売価格: 3,800円+税

テラリア(ダウンロード版)

  • メーカー: スパイク・チュンソフト
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクションADV
  • 配信日: 2019年12月19日
  • 価格: 3,800円+税