『龍が如く7』ギャングや軍人系統の敵キャラを紹介

電撃オンライン
公開日時

 セガゲームスは、2020年1月16日に発売するPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方(龍が如く7)』のバトルに関する新情報を公開しました。

 本作は、人気タイトル『龍が如く』シリーズのナンバリング最新作。新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で、新主人公・春日一番が巻き起こす物語が展開します。バトルは、ケンカアクションとRPGコマンド選択システムが融合した“ライブコマンドRPGバトル”となっています。

 公開されたのは、敵キャラクターとデリバリーヘルプに登場する新しいキャラクターの情報です。今回紹介する内容の一部は、『龍が如く7』体験版でも楽しめます。

敵キャラクター

 本作では、登場する敵キャラクターの種類も多く、その数はシリーズ史上最多。パワーモンスター系、魔法使い系、物を盗む盗賊系など、RPGらしい個性や特徴を持つ敵が多数用意されています。

 敵にはいくつかの“系統”が存在します。ほとんどの敵は何かの“系統”に属しており、その中で強さの段階(グレード)分けがされています。

 例えば下にある“ギャング”の系統は、もっとも弱いのが“カラーギャング”、一段強いグレードは“マッドギャング”、さらに強くなったグレードは“ギャングエース”、もっとも強いグレードは“ギャングボス”というようになっています。

ギャング系統

 グレードは左から順にカラーギャング⇒マッドギャング⇒ギャングエース⇒ギャングボス。街で悪さをしているヤクザやチンピラとはまた異なったバイオレンスさを誇る系統。

 下位2種(カラーギャング、マッドギャング)は拳で攻撃を仕掛けてくるだけですが、上位2種(ギャングエース、ギャングボス)は拳銃を容赦なく発砲してくる強敵。銃撃は防御できない危険な攻撃なので、見かけるようになったら装備と回復アイテムを買いそろえておきましょう。

軍人系統

 グレードは左から順に、軍事オタク⇒孤独なアーミー⇒やつざきコマンドー⇒アーミネーター。右手にククリナイフ、左手にボウガンを持ち、遠近両方に攻撃できる能力を持った系統。

 グレードが上がるにつれてナイフの斬撃、手榴弾の爆撃、ボウガンの連射といった、武器を用いた技を駆使してきます。最上位のアーミネーターにもなると、“破壊光線”というビームを目から発射します。人間なのかどうかすら謎に包まれた敵です。

新しいデリバリーヘルプのキャラクター

 お金を払うことで、バトル中に強力な助っ人キャラクターを呼び出せる機能“デリバリーヘルプ”。

 “殺戮地獄バサミ ナンシーちゃん”、“ミスターデリバリーヘルプ ゲイリー・バスター・ホームズ”に続き、召喚できるキャラクターが新たに公開されています。

白川清恵/スキル名:マドンナの炊き出し

 心優しい女性による豚汁の炊き出し(回復系)サービス。心も温まる豚汁により仲間全員のMP(メンタルポイント)が回復します。

ぶっこみの鷹/スキル名:韋駄天の舞

 暴走族総長がバイクで突撃してくれるサービス。敵全員をなぎ倒し、そのタイヤの熱で一定確率で敵を“熱気やられ”の状態異常にすることができます。

※画像は開発中のものです。
©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税