Kiramuneリーディングライブ「幻視探偵」レポ。神谷浩史さん・吉野裕行さんが密室殺人の謎に迫る

ガルスタオンライン 、Sachi
公開日時

 『Kiramune(キラミューン)』の人気公演、リーディングライブ。今年の「密室の中の亡霊 幻視探偵」は、100年前に起こった密室殺人事件の謎に迫るミステリー作品です。

 本記事では、2019年10月27日に舞浜アンフィシアター(千葉県・浦安市)で行われた最終公演の様子をレポートします。主演の神谷浩史さんと助演の吉野裕行さん、大御所・古川登志夫さんの圧巻の演技に息をのみました。

最終公演出演キャスト

暁玄十朗役:神谷浩史さん
斗真摂理役:吉野裕行さん
三条透役:千葉翔也さん
三条虚霊役:古川登志夫さん
浅野宗一役:野島健児さん
鹿島正次役:木村良平さん
笹木三郎役:代永翼さん
田辺清役:上村祐翔さん

幻視探偵・暁のもとへ迷宮入りの難事件が舞い込む!

 物語は幻視探偵・暁玄十朗(神谷浩史さん)とその助手・斗真摂理(吉野裕行さん)のもとへ依頼人の三条透(千葉翔也さん)が訪ねてくる場面からスタート。透が「この度は、暁先生のお力をお借りしたく参上しました」とあいさつ。

※「幻視」とは、証言や物証などから、さながら目の前で寸劇が行われているかのように推理した光景を見ることができる能力

 透によると、およそ100年前、透の遠い親戚にあたる三条虚霊(古川登志夫さん)という心霊研究家が黒書館と呼ばれる館の密室で何者かによって殺害されたのだとか。事件は容疑者不明のまま迷宮入りとなりますが、黒書館の取り壊しが決まったいま、真犯人をつきとめてほしいと透は暁に依頼します。最初はためらっていた暁ですが摂理に促され依頼を引き受けることに。


交霊会の最中、密室殺人事件が発生

 事件当日、黒書館には虚霊の他に、虚霊の弟子である、医者の浅野宗一(野島健児さん)、軍人の鹿島正次(木村良平さん)、作家の笹木三郎(代永翼さん)、書生の田辺清(上村祐翔さん)という4人の男がいました。そして清を除く3人と虚霊による“交霊会”(死者の魂をこの世に呼び出す儀式)の最中に虚霊は刺殺されます。

 容疑者として名前が上がったのは交霊会に参加していた宗一、正次、三郎の3人。

 三郎は、虚霊の娘・雪との駆け落ちを阻止した虚霊のことを恨んでいました。温厚で優しい性格の三郎が虚霊への殺意を告白するシーンは切なく、観客は息を呑むように代永さんの演技に見入っていました。

 宗一は雪の主治医でありながら雪を治してやれなかったことを悔やんでおり、怪しげな薬に心酔する虚霊に不信感を抱いていました。虚霊を殺めてやろうと静かに殺意を抱く宗一は不気味で、野島さんの怪演が光ります。

 正次は、虚霊の命令により妹を殺されてしまい、虚霊への復讐を考えていました。悲しみと怒りに震える木村さんの演技は力強くも、儚くもあり観る者を惹きつけました。

 こうして3人の動機が浮かび上がってきましたが、果たして犯人は誰なのでしょうか? そして観客をざわつかせた暁と摂理の衝撃の秘密とは!? 

最後はキャストのみなさんからごあいさつ

代永さん
「ついに最終日を迎えました。終わってしまうのが寂しいです。今回は神谷さんとよっちんさん(吉野さん)のセリフの量がとても多いので、お2人を支えるつもりでステージに立ちました。ここでこうして朗読することで、新しい芝居の見方や演じ方を発見できて楽しいリーディングライブでした」

千葉さん
「SparQlewは今回初めてのリーディングライブでした。朗読は学ぶことが多く、いろんな経験をさせていただけて、かけがえのない時間となりました。来てくださった皆さんの生のリアクションを見られたのもありがたかったです」

木村さん
「生の芝居を観ていただけるのはとても嬉しいです。TVやアニメーション越しに観るのとはまた違ったライブの良さを感じていただけたら。今回はKiramuneとしては珍しく、徹頭徹尾真面目な芝居でしたがこういうのもいいですね。来年以降もいいものを作っていけたらと思います」

上村さん
「お互いのチームで刺激し合ったり、先輩方とご飯を食べに行ったりと、本番以外も充実した時間を過ごしました。その中で自分たちの芝居がどんどん変わっていって、役者としての糧になりました。」

野島さん
「本当に楽しかった。まだまだ続けたいです。こうして楽しめるのも、スタッフの方、共演者のみなさん、何よりお客さんがいるからです。本当に皆さんには感謝が尽きません。声のお仕事というのは直接人の心に触れて何かしらいいものを与えていけるもので、お医者さんに近いと思っているので今回この役をやらせてもらえて嬉しいです。また機会がありましたらぜひ、この場に立ちたいです」

古川さん
「新人声優の古川登志夫です(笑)。皆さんの中に交じって、本当にドキドキしながら演じていました。キャスティングしてくださった関係各位、今日会場にいらしてくださった皆さん、ライブビューイングの皆さん、本当にありがとうございました」

吉野さん
「多くの方が見に来てくれたりゲストの先輩方とご一緒できたりと、本当にありがたいです。皆さんの中に物語のキャラクターたちが少しでも生きてくれたら嬉しいです」

神谷さん
「今回は舞浜アンフィシアターの円形ステージ用の演出なのですが、セットを組んでいただいて幕が上がった瞬間に“これは勝ったな!” と思いました(笑)。今までにないリーディングライブを見せられたんじゃないかな。課題もたくさんありますので、リーディングライブはまだまだ進化していけると思っています。また機会があったときには、皆さんにいらしていただけたら嬉しいです」

Kiramune Presents READING LIVE「密室の中の亡霊 幻視探偵」公演概要

■日時・会場
2019年10月19、20日・オリックス劇場
2019年10月26、27日・舞浜アンフィシアター

■出演
暁玄十朗役:神谷浩史/浪川大輔
斗真摂理役:吉野裕行/岡本信彦
三条透役:千葉翔也/保住有哉/吉永拓斗
三条虚霊役:古川登志夫/島田敏
浅野宗一役:野島健児/小野大輔
鹿島正次役:木村良平/江口拓也
笹木三郎役:代永翼/柿原徹也
田辺清役:上村祐翔/堀江瞬

© Kiramune Project