【アリブレ日記#4】ソードスキルの種類と効果をちゃんと覚えておきましょう

てけおん
公開日時
最終更新

 アプリ『ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング(アリブレ)』の日記も第4回。やっている人には当然のコトかもしれませんが、戦闘における基礎の基礎。スキルの種類についておさらいしましょう。

 本作の戦闘では、コマンドを選び、キャラの行動を決定する必要があります。敵にダメージを与えるAttack(アタック)と、行動を飛ばしてMPを回復できるStay、心意ゲージを溜めて使用する心意スキル、MPを消費して使えるソードスキルの中から選んで行動します。

 この記事では、ソードスキルの種類について触れていきたいと思います。

ソードスキルの種類は6つ!

 ソードスキルは、大きく6つに分類することができます。ひとつずつ細かく見ていきましょう。

ASSAULT(Aスキル)

 敵に大きなダメージを与えるスキル。

BREAK(Bスキル)

 敵の心意ゲージを減らしやすい、妨害に向いたスキル。

CHARGE(Cスキル)

 味方の心意ゲージを大きく上昇させるスキル。

HEAL(Hスキル)

 味方のHPを回復させるスキル。

ENHANCE(Eスキル)

 味方のステータスを一定ターン上昇させるスキル。

DEBUFF(Dスキル)

 敵のステータスを一定ターン低下させるスキル。

 となっています。ソードスキル各種の特徴をざっくりと説明するなら、Aはダメージ、Bは敵の妨害、Cは心意ゲージ溜め、Hは回復、Eはいわゆるバフ、Dはデバフといった感じでしょうか。

スキルは使いどころに注意

 いずれのスキルも便利なのですが、それぞれ使いどころが違います。

 例えば、最後にボスが控えているマップを攻略するとしましょう。その場合、道中の戦闘ではCスキルを使い、心意ゲージを溜めてボス戦で心意スキルを使えるようにするといいでしょう。

 ただし、Cスキルは敵にダメージを与えられはしますが、そのダメージは低め。心意ゲージが満タンになったら、Aスキルを優先的に使うといいでしょう。

 EスキルやDスキルは、道中のザコ戦に使ってもいいですが、それよりはボス戦で大きな効果を発揮するスキルです。例えば一撃で倒せる敵と戦っている場合に、Eスキルでステータスを上昇させてもMPが無駄になってしまうでしょう。

 また、Bスキルだけどデバフ効果も持っているといったようなスキルもあったりします。自分のキャラクターがどんなスキルを持っているのか、パーティに入れる際にでもしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。

残りMPにも注意!

 さまざまな効果を持ち、戦闘を有利にしてくれるソードスキルですが、使う際にはMPを消費する必要があります。ザコ戦で考えなしにスキルを乱発し、いざボスと戦う時になってまったくスキルを使えない……。となると、苦戦は必至です。

 ソードスキルを計画的に使ったり、Stayを活用したりして、上手に戦っていきましょう。

©2017 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※こちらの記事は、オフィシャルに確認を行ったものではありません。事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます

ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら