【SAOアリブレ日記#28】あるよ! 『SAO』を知らない人にも遊んでほしい理由あるよぉぅ!

まさん
公開日時
最終更新

 こんにちは。担当ライターのまさんです。2019年11月に配信が始まったアプリ『ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング(アリブレ)』ですが、遊んでてふと思ったことがあるんですよ。もしかして、このゲームのタイトルから《アリシゼーション》編までの流れを知ってないと遊べないんじゃないかなって。

 年末年始で遊ぶアプリを探している人が多い今だからこそ、その誤解を解いておきたいと思います。

もしかして《アリシゼーション》編だけのアプリだと思われてる?

 確かに自分も配信前は「《アリシゼーション》編の部分だけがアプリになるんだね~」みたいな認識だったので、そう思ってる人もいるんじゃないかと。

 加えて、「そもそも『SAO』自体を知らないから遊べない……」なんて思っている人もいるかもしれませんよね。ちょっと誤解がありそうなので訂正しておきましょう。本作は《アリシゼーション》編だけのアプリではありません! まったく『SAO』を知らないという人でも遊べます!!

  • ▲リズベットやシリカなど、ガシャで手に入るキャラクターとどのように出会ったのかも本作のメインストーリーで語られています。

 第2章まで進むとわかるのですが、このゲームは《アリシゼーション》編をベースにしつつ、キリトの回想という形で過去のエピソードが遊べるんですよ。2章からは、物語の合間にアスナとの出会いやシリカとの出会いなど、『ソードアート・オンライン』という作品を初めから振り返れるのです。

 過去のエピソードをひろいつつ、アリシゼーション編の物語が進んでいく(それどころか、掘り下げるエピソードもあり!)流れなので、『SAO』というシリーズそのものを知らなくても全然問題ありません。逆に、このアプリで興味を持ったら小説やアニメを追いかけてみるという形もアリかと。

 ちゃんと、《アインクラッド》編で戦った相手やモンスターまで用意されていて、自分もまさかこんなガッツリと《アリシゼーション》編以外の話が入っているとは思っていませんでした。イベントクエストなどで補足すると思っていたのでビックリですよ。

 ちなみに、ゲームだけでシリーズを理解できるのか? という問題に関しても大丈夫だと思います。かくいう自分もゲームから『SAO』に入ったので。ゲームのあとにアニメや原作を見る自分のような遊び方も楽しいですよ。

  • ▲こちらは《アリシゼーション》編の最初のエピソードから。「ないよ! 剣ないよ!」あたりからのシーンは、アニメでの逢坂良太さんの演技がすご過ぎて印象に残っている人も多いのでは?

 というわけで、プレイ日記とはちょっとズレてしまいましたが、《アリシゼーション》編を知らないどころか『SAO』を知らない人でも本作を遊んで大丈夫という話でした。いや、まあそりゃそうですよね。アスナとかシリカとかリズベットとか、有名どころを説明しないわけないですよね。ガシャでも出るわけですし。

 《アリシゼーション》編だけだと誤解していたり、今回の記事を読んで気になった方は、ぜひ一度遊んでみてください。では、また!

©2017 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※こちらの記事は、オフィシャルに確認を行ったものではありません。事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます

ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら