メガドライブミニ収録を受けて、実家で『幽☆遊☆白書』を探した結果……

そみん
公開日時

 9月19日に発売されるメガドライブミニ。セガとともに青春を過ごしたメガドライバーの自分としてはマストバイなアイテムですが、それにしても収録作品の豪華さには驚かされるばかりです。

 特にビックリしたのは、漫画やアニメ原作系なので収録が難しいだろうと思い込んでいた『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』が収録されること!

 5月16日に配信された電撃オンラインchの“ノブオの電撃PS Live #040【メガドライブミニ、夢現Re:Master、ゴシックは魔法乙女】”で収録決定が発表された時は、飲み物を吹き出しそうになるほど興奮したというものです。

 さておき、そんな思い出のタイトルを久々に遊び直そうと、実家(電車で15分+バスで数駅)の部屋を漁ったところ……!?

メガドライブソフトを求めて、禁断の押し入れを発掘!

 社会人になってからもちょこちょことメガドライブ(てか、ワンダーメガ)を趣味プレイしていた自分ですが、そうは言っても最後に実家でメガドライブを遊んでから10年くらいは経っているわけで……。

 お世辞にも整理整頓が得意とは言えない(むしろ苦手)自分だけに、メガドライブソフトを探すにはかなりの時間が必要だと覚悟していました。

 とはいえ、なんとなくアタリはついていたんですよ。ほら、遊ばなくなったものって、とりあえず押し入れとかタンスとかにぶち込んできた記憶がありますし。

 そんなわけで押し入れを漁ったところ、比較的目に見える地層にメガドライブのパッケージの山が!

 メガドラソフトは100本以上持っているので、その中の10本くらいの山を見つけたところで『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』が出てくることは期待していませんでしたが、なんとあっさり発見! 流れが来てるやんけ!

 つもりにつもったホコリをふいて、ひとまず家に持ち帰ったのですが、パッケージを開けてみると……。

 え? ソフトが入ってない!? というか、別のゲームの説明書が入っとる!

 ……なんで『ファンタシースター ~千年紀の終りに~』の説明書と地図が入ってるんでしょうねえ……。そういう(片づけられない)とこだぞ、過去のオレ!


  • ▲これはこれで、なつかしいけどさあ。

 さらにひどいことに、なぜかスーパーファミコン版『ドラゴンクエストVI 幻の大地』の世界地図まで入ってる(苦笑)。カオス!!!!

  • ▲この地図を『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』に入れた理由が知りたい。それはたぶん、一生解けないミステリー。

 10年以上前の自分に激しい怒りを感じつつ、僕はあらためて別の日に実家(電車で15分+バスで数駅)に向かい、今度こそ『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』のゲームソフトを探そうと決意したのでした。

『ファンタシースター 千年紀の終りに』のパッケージに入っていたものは?

 CDを聞いた後、別のCDのパッケージにとりあえずそのCDを入れた結果、パッケージと中身が入れ違っていくことって、よくありますよねえ。

 そんなわけで、実家に戻った僕がまずしたことは、なぜか『幽☆遊☆白書』のパッケージに説明書が入っていた『ファンタシースター ~千年紀の終りに~』のパッケージを探すこと。

 これまた奇跡的に押し入れの浅い地層から見つかりました! フッフッフッと指弾を飛ばすふりをしながら(戸愚呂弟リスペクト)、我ながら「やるねえ」と声に出しながら開けてみると……。

 なんでやねん! なんで『ロードモナーク とことん戦闘伝説』のロムが入ってるのさ!(まあ、これはこれで大名作ですが)

 気を取り直して、今度は『ロードモナーク とことん戦闘伝説』のパッケージを探すことに。そしてまたもや奇跡的にパッケージが見つかる! いざオープン!!

 喝(カーツ)ッッ! ……どうしてファミコンの『ヘラクレスの英雄2 タイタンの滅亡』が入ってるのさ(混乱)。いやまあ、これまた名作で、いまだに青銅の女神像ちゃんは僕の大好きなヒロイン(?)の1人ですけど……。

 10年くらい前の自分を小一時間ほど問い詰めたくなるような時空の歪みと憤りを感じつつ、がんばって押し入れを探しましたが、残念ながら『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』のロムは見つかりませんでした……。
(想像がつく方もいらっしゃると思いますが、押し入れの前面の比較的浅い地層は気楽に漁れるものの、奥まった地層を探すためには大掛かりな発掘作業が必要になるものでして……)

 今回は退散して、また別の機会に時間を作ってメガドラソフトの発掘に励もうと思います。
(100本以上のソフトをしまっているはずなので、絶対にどこかの紙袋か缶に入ってるはずなんだ!)

おまけ:時空の歪み(押し入れ)から発掘したもの

 余談ですが、今回の調査で40代のおっさん的に懐かしいものがいくつか発掘されたので、いくつか紹介します。

 いやあ、実家の押し入れって、本当に時空の歪みですな。

  • ▲メガドライブとメガCDが一体化したワンダーメガ。コントローラ(3ボタン)は見つかったけど、ケーブルと出力ケーブルが行方不明なんですわ。
  • ▲僕の青春時代を捧げた代表ゲームの1つ、メガCDの『LUNAR(ルナ)』の公式設定資料集。ちなみにメガCD版のゲームソフトも手元にあります。レミーナ(声優:林原めぐみ)が歌う『おカネがいちばん』が収録されたミニCDはたまに聞いてます(笑)。
  • ▲発掘できたメガドラソフトの一部。絶対にまだまだ実家に眠ってるはずなんだ!
  • ▲ゲームギアの中でもトップクラスで好きな『シャイニング・フォース外伝 ファイナルコンフリクト』は、全付属物が入ったコンプリート状態で発掘(撮影し忘れたけど、アンケートはがきもちゃんと入ってました)。

 『ファイナルコンフリクト』は3DSのバーチャルコンソール(税込514円)で遊べる時代とは言え、現物も大事ですよねー。

  • ▲一応ゲームギア本体も発掘。電源ケーブルがないから動作状況未確認だけど。
  • ▲メガドライブと近い地層から、PCエンジンソフト(てかCD)もちらほら。CD-ROM一体型のPCエンジンDuoも、捨ててないと思うんだけど……。
  • ▲MSX2の『NEW ディスクステーション 1月号』なんかも出てきました。開けてみると……。
  • ▲当然のように(?)、中身は空っぽ。おい、オレ、そういうとこだぞ!

 ……ちなみに、大学時代のテーブルトークRPGのキャラクターシートとかも出てきたけど、黒歴史として葬りました

 あと、最後にちょっとアドバイス。『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』に限らず、メガドライブミニには複数プレイヤーで遊ぶと楽しいゲームが多いので、1パッド同梱の『メガドライブミニ』(6,980円+税)よりも、2パッド同梱の『メガドライブミニ W』(8,980円+税)を予約しておくのがおすすめですよ!
(と言いつつ、人気が高くて『メガドライブミニ W』は予約困難ですけどね……。ただ、実店舗ではまだ予約可能なところも多いそうです。ちなみにセガ公式のECサイト・セガストアでのコントローラ単品販売もあるので、自分の場合はそちらでフォローする予定)

(C)SEGA