『マイクラアース』取り扱い注意! 着火アイテムの使い方を覚えておこう【電撃ME日記#17】

イナヤ マギ
公開日時
最終更新

 iOS/Android用アプリ『Minecraft Earth(マインクラフトアース)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、ベータ版からプレイしている筆者(イナヤ マギ)が、『マインクラフトアース』でブロックなどに着火できるアイテムについて紹介します。

ブロックなどに着火できるアイテムが存在

 『マイクラアース』では、“火打ち石と打ち金”や“溶岩バケツ”を使うことで、木などのブロックや敵モブを燃やすことができます。

“火打ち石と打ち金”

 “火打ち石と打ち金”は、ブロックなどに直接着火できるアイテムです。TNT(爆弾)に着火するときなどに使いやすいです。


“火打ち石”と“鉄の延べ棒”をクラフトすることで作成できます。

“溶岩バケツ”

 バケツにマグマが入っており、使うとその場にマグマを流すことができます。マグマに触れた木などのブロックやモブは燃えてしまいます。

“鉄の延べ棒”でクラフトしたバケツでマグマをすくうと、溶岩バケツにすることができます。

着火アイテムの注意点

 色々と便利な着火アイテムですが、場所によっては危険なことがあります。取り扱いには十分注意しましょう。

隣接したブロックに延焼する

 着火したときに、木など燃えやすいブロックが近くにあると、延焼してしまいます。特に木のブロックで作った小屋などはすぐに燃え広がるので、着火する場所には十分注意しましょう。

自分も燃えてダメージ

 アドベンチャーで炎やマグマを触ると、自分も燃えてダメージを受けてしまいます。炎のダメージは相当高いので、特に溶岩バケツを使うときは、十分距離を取って置きましょう。

Mojang © 2009-2019. 「Minecraft」は Mojang Synergies AB の商標です。