『ゼノンザード』初のeスポーツイベントをレポート。最強AIを倒したのは?

電撃オンライン
公開日時

 バンダイは、11月23日に行われたスマートフォン向けデジタルカードゲーム『ゼノンザード』の配信後初となる単独eスポーツイベント“ZENONZARD THE 5WALLS powered by RAGE”のイベントレポートを公開しました。

  • ▲オフィシャルサポーター“霜降り明星”と完全制覇者8名

 イベントでは、会場に集まった300名を超える挑戦者の中から、最終的に8名のプレイヤーが、最強AI“ストライオ・ザナクロン”を倒して完全制覇を達成、賞金100万円を山分けしました。

 また、当日はバトル以外にも、オフィシャルサポーターの霜降り明星によるステージMCや、アプリ内に登場するAIキャラクターの映像LIVE、アーティストによる生LIVEも行われました。

 “ZENONZARAD THE 5WALLS powered by RAGE”の模様はYouTubeで視聴できます。

“ZENONZARD THE 5WALLS powered by RAGE”ルール
・事前抽選により招待された参加者が壁として立ちはだかる4体のAIと対戦
・4戦全勝したプレイヤーのみ5体目の最強AI“ストライオ・ザナクロン”への挑戦権を獲得
・見事最強AIとのバトルに勝利すると賞金獲得となり、100万円を勝者で山分け

配信アーカイブ

イベントの様子

 イベント開始直後に会場が暗転すると、歌手の松岡ななせさんが登場。オープニングアクトとして『ゼノンザード』のテーマソング『Wake Up』を披露し、大会の開会宣言を行いました。その後、『ゼノンザード』のオフィシャルサポーターを務める霜降り明星が登場すると、会場の熱気はさらに高まりました。

  • ▲松岡ななせさんによるオープニングアクト。
  • ▲ゼノンザードオフィシャルサポーターの「霜降り明星」が登場。

 円形の会場は音と光の演出によって、“バトルパート”と“LIVEパート”で表情を大きく変え、各20分間の“バトルパート”では、会場の9面モニターにカウントダウンが表示されました。

 そして、YouTubeでの再生回数100万PVをこえるアニメ『ゼノンサード THE ANIMATION』第0話の演出さながらに、DJによる会場BGMが流れ、カードゲームイベントとは思えぬ雰囲気の中、プレイヤーは立ちはだかる4枚の壁(AI)に挑戦しました。

  • ▲会場の様子(バトルパート)

  • ▲DJ Cellyさんによる会場BGM

  • ▲配信番組ではゲストプレイヤーの配信を実況解説付きで配信。

 各バトル終了後には、『ゼノンザード』に登場するバディAI“コードマン”による映像LIVEが行われ、会場の全員にリストバンド型ライト“Freflow”が配布されました。

  • ▲AIキャラ“コードマン”による映像LIVE

  • ▲会場の様子(LIVEパート)

 イベント後半では再度、松岡ななせさんが登場し、アニメ挿入歌である『Wake Up』と『It’s so beautiful』の2曲を披露。3曲目には“霧雨アンダーテイカー”のジョシュア・K・キリサメさんとアダム・T・ムラサメさんが登場し、大歓声の中、アニメ主題歌『Da la Doubt』を熱唱しました。


  • ▲3曲目には霧雨アンダーテイカーのジョシュア・K・キリサメさんが登場。

  • ▲アニメ主題歌『Da la Doubt』を熱唱。

 5体目となる最強AI“ストライオ・ザナクロン”への挑戦権を得たのは、会場に集まったプレイヤーの10%にも満たない30名だけでした。その中から“酪☆王”さんが代表者として配信席でプレイ。会場全体で応援しましたが、惜しくも1歩届かず、負けてしましました。

 最後にエキシビションとして挑戦した霜降り明星の粗品さんが勝利し、勝負が決するシーンでは会場全体に大きな歓声が沸きました。(粗品さんは唯一4体目のAIで敗戦していたため、完全制覇とはなりませんでした)

  • ▲代表者として配信席でのバトルをおこなった酪☆王さん

  • ▲エキシビションとして挑戦した粗品さんが最強AIに勝利!

 表彰式では完全制覇者8名がステージに登場し、会場からの拍手で迎えられ、賞金100万円の目録を受け取り、記念撮影を行いました。

©BANDAI・STRAIGHT EDGE ©BANDAI・STRAIGHT EDGE/PROJECT ZZ