声優・稲田徹さん&米内佑希さんも大興奮! DDT×AGF2019『Warahibi!』『旗揚!けものみち』コラボ試合レポ

ガルスタオンライン
公開日時
最終更新

 2019年11月9日~10日に池袋で開催された乙女向け大型イベント『アニメイトガールズフェスティバル2019』(以下、AGF2019)。
 池袋の街一帯を盛り上げる“街ナカ企画”では豊島区中池袋公園で『DDTプロレスリング×AGF2019 ~きらめく乙女の筋肉ランド~』が実施されました。『Warahibi!』『旗揚!けものみち』とプロレスとの夢のコラボマッチをレポートしていきます。
 エンタメを極めるDDTプロレスリングと、各種タイトルとのコラボが引き起こす化学反応をぜひお楽しみください♪


ネタの披露権利をかけた真剣勝負! 『Warahibi!』コラボ

 まずは1日目の9日。中池袋公園の中央に設置された特設リング。会場はフリーの観覧エリアまでお客さんでいっぱいです。
 ゲスト解説として声優の米内佑希さんが登場。DDTプロレスに「ずっぽりハマっている」という米内さんの身に着けているTシャツなどのグッズはなんと自腹! リングアナウンサーと熱いプロレストークを繰り広げていました。さらにプロレスファンなら誰もが一度はやってみたい、マットでの受け身を披露! 見事な受け身に会場からは歓声が上がっていました。
 その後「プロレスを初めて見る方に」と、上野勇希選手と練習生によるプロレスルール説明が実演を交えて行われました。実際「プロレスを初めて見る人~?」という質問には、会場の半数の手が挙がっていましたが、これなら初心者でも安心して観戦できますね♪


 スペシャルコラボマッチの第1試合は、サンリオの次世代お笑いエンタメ企画『Warahibi!』。若手お笑い芸人2組がそれぞれのチームのセコンドにつき、リング上でネタの披露が出来る権利をかけての勝負です。グラシッククラシック役のうしろシティの阿諏訪泰義さん、金子学さんははスーパー・ササダンゴ・マシン選手&大石真翔選手と、グッドバッティング青春役の白石兼斗さん、駒田航さんは彰人選手&勝俣瞬馬選手と組み、担当役にちなんだ衣装で入場します。

 自己紹介のどさくさでグッドバッティング青春が「海辺にて」という持ちネタを披露したことに端を発して、バチバチと火花が散るセコンド勢。
 スーパー・ササダンゴ・マシン選手はさらに輪をかけてどさくさな宣言をします。頭突き(ヘッドバット)を武器としているため勝利したあかつきには「ヘッドバッティング青春」となって乗っ取りを目論んでいるとのこと。一触即発の空気のなか、いよいよ試合スタートです。

 開始早々、さっそくヘッドバットが飛び出します。その後も目の離せないスピーディーな攻防が続きます。場外乱闘もあり、お客さんも間近に迫る選手に興奮した様子! 2組のセコンドも、ときにリングをバンバン叩いて懸命に応援したり、ときに試合に乱入したりと八面六臂の大活躍でした。


 試合は彰人選手&勝俣選手の勝利! 勝者チームのセコンドであるグッドバッティング青春がネタ披露! となるはずでしたが、グラシッククラシックがグッドバッティング青春に難癖をつける&「お前らド頭でネタやってたじゃん!」と正論のコンボで詰め寄った結果、権利を譲ってもらうことに。
 グラシッククラシックの漫才に会場は大いにわき、最後は全員で方々にアピール。見事ハッピーエンドになりました。



2次元から飛び出してきたケモナーマスク! 『旗揚!けものみち』コラボ

 続いて10日。ゲスト解説は9日に引き続き米内佑希さんです。前日に続き、勝俣選手と練習生によるプロレスルール説明が行われたあと、試合がスタートしました。

 「異世界×プロレス×けもの」という異色の痛快ドタバタアクションバラエティ、現在絶賛放映中のアニメ『旗揚!けものみち』とのコラボマッチとなる第二試合。
 MAO(マカデミアンオーガ)役を演じる声優・稲田徹さんがリングに登場します。稲田さんはなんと私物のマスクを持参。アフレコ現場ではプロレスファンがニヤリとできるアドリブを入れているという裏話も披露! さらに夢だったというコーナーアピールをしたときには感極まっていて、根っからの熱いプロレスファンっぷりが伝わってきました♪


 そして、ケモナーマスク&上野勇希選手と、MAO選手&坂口征夫選手によるタッグマッチがスタートします。入場後、MAO選手とケモナーマスク選手、両者アニメ劇中の声でのここでしか聞くことのできないレアなマイクの応酬がありました。稲田さんの力強い声が会場内に響き渡り、会場のボルテージは早くもMAX状態に!
 ダイナミックで目が離せない攻防が続くなかで、場外乱闘では稲田さんがケモナーマスク選手に強烈なチョップをお見舞いする一幕も! 
 試合はMAO選手が上野選手から3カウントを取って勝利。MAO選手はケモナーマスク選手に向かって、「今日は俺の勝ちだな! でもまだまだやりたりねえな! 次にやるときはこんなもんじゃ済まねえからな!」とマイクで挑発。ケモナーマスク選手も宿敵のライバル相手に熱く応えていました。次回はシングルでの対戦も⁉ と今後への期待が高まる場面も。上野選手はケモナーマスク選手に「今日は組んでいただいてありがとうございました!」と感謝の言葉を伝えて、最後はケモナーマスク選手がマイクで締め、終始歓声&喝采に包まれていた会場からは退場時に「ケーモーノ! ケーモーノ!」と熱いコールが送られて、コラボ試合は幕を閉じました。





 乙女と筋肉、DDTとAGF。異色とも思われた今回のコラボですが、2日間とも大盛況のうちに幕を閉じました。プロレスを見たことがないであろう、通りがかった方々が足を止めて試合に魅入っている姿が印象的でした。これから、このような2次元と3次元のコラボが増えていくのかも、とも思いました。果たして次はどんなコラボを見せてくれるのか⁉ こうご期待です!

(c) 株式会社DDTプロレスリング. 1997 - 2019 All Rights Reserved.
(c)'19 SANRIO (L)
(c)2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会