『デスチャ』の3年目は“物語-モノガタリ-”に注目。豪華キャスト出演の2周年イベントレポを掲載

電撃オンライン
公開日時

 ステアーズは、iOS/Android/PC向け『デスティニーチャイルド』のサービス開始2周年を記念し、ユーザー参加型のオフラインイベント“デスティニーチャイルド 2nd Anniversary ~Devil's Party~”を、11月24日に開催しました。

 本イベントでは、モナ役を務める小清水亜美さん、レダ役の伊月ゆいさんをゲストに迎え、女主公役の優木かなさん、デスチャ運営ゴリさんをMCに据え、2周年の振り返りと感謝を伝えるとともに、3年目のテーマや直近のアップデート予定などが発表されました。

“デスティニーチャイルド 2nd Anniversary ~Devil's Party~” イベントレポート

 ハイクオリティなLive2Dで構成されたビジュアルと、多彩なキャラクターたちが織りなすストーリーが魅力の『デスチャ』が2019年11月24日に2周年を迎えました。

 2周年を祝し、昨年の1周年記念イベントに続いてユーザー参加型のオフラインイベントを開催。会場となったスペースFS汐留には熱心な魔王候補⽣(本作のユーザー)が集まりました。

 会場ロビーには開発会社のSHIFT UP代表であり、本作のキャラクターデザインをはじめビジュアルを統べるキム・ヒョンテ氏による貴重なラフスケッチや直筆サイン入りキャンバスアートが展示され、多くのユーザーがカメラを向けていました。


 イベントは、本作で“女主人公”の声優を務める優木かなさん、『デスティニーチャイルド』運営チームからデスチャ運営ゴリさんがMCを務めました。優木さんは昨年の1周年記念のオフラインイベントや今夏に公開された本作の情報番組“デスチャ放送局”でもMCを務めた経験があり、本作のユーザーにもおなじみ。

  • ▲優木かなさん
  • ▲デスチャ運営ゴリさん

 そして2周年イベントのゲストとして、ゲーム内では主人公をサポートするポジションでおなじみのキャラクター“モナ”役の小清水亜美さん、そしてその美貌と見かけによらない行動のギャップがファンの心をつかんで離さないキャラクター“レダ”役の伊月ゆいさんが登場。

 おふたりともに『デスチャ』のイベントには初参加。伊月さんは「2年間ユーザー側の気持ちだったし、いつもは生配信を観る側だったので出ることが出来てとてもうれしい︕」とコメントされていました。

 印象に残るデスチャのエピソードの質問に小清水さんは「エイプリルフールのダビとモナが入れ替わるエピソードが非常に印象的で、モナだけじゃなくダビも演じられるなんて思わなかった!」と楽しそうに語っていました。

 イベント中おふたりとも、演じているキャラクターになり切ってのコメントを随所でしており、会場のユーザーだけでなく、ストリーミング配信の視聴者もアドリブの効いた“生モナ”“生レダ”の声に終始感激していました。

  • ▲小清水亜美さん
  • ▲伊月ゆいさん

SHIFT UPキム・ヒョンテ氏コメントと2周年振り返り

 続いて『デスチャ』の開発会社SHIFT UPの代表であり、本作の魅力的なキャラクターの生みの親であるキム・ヒョンテ氏からの2周年の感謝のコメント動画が上映。

 ヒョンテ氏は2周年の感謝を述べるとともに、「この先20周年までよろしくお願いします」との心強いメッセージも伝えました。

  • ▲SHIFT UP代表のキム・ヒョンテ氏

 2周年を振り返る企画では、昨年の1周年以降追加されたチャイルド(キャラクター)たちが紹介されました。

 本イベントは事前にユーザーに対してアンケートが行われており、その結果についても発表されました。

 「この1年間で追加されたチャイルドの人気ランキング」や「印象に残ったゲームイベントランキング」、さらには「自分は何フェチですか?」という独特な目線のアンケートの結果発表に、場内は感嘆の声や笑いの声が絶えず挙がっていました。

3年目のテーマと今後のアップデートについて

 3年目を迎える『デスチャ』のテーマとして発表されたのは、ズバリ“物語”。本作のジャンルである“Narrative CCG”(※CCG=Collective Character Game)の“Narrative”とはまさしく“物語”を指しており、魔王争奪戦という本筋のストーリーがいよいよ本格的に動き出す、ということをデスチャ運営ゴリさんが説明。

 コミカルなキャラクター同士の日常だけでなく、シリアスなストーリーも今後は増えていく予定となっており、まずは2020年初頭に行われるイベント“EVILS UNDER THE SUN”と、Chapter.3に期待を寄せてほしいとコメントしました。

 また、キャラクター同士の関係性やサブストーリー的なエピソードが補完される“サイドストーリー”の追加や、過去に行われたレイドシナリオやエピソードの振り返りを楽しむことができる“図書館(仮)”、そして今夏に導入され好評を博した複数のイベントにまたがって連続するストーリーである“シーズンイベント”の開催なども発表されました。

 シーズンイベントに関しては、直近の11月28日から行われるワールドボスイベント、それに続くナラティブダンジョンイベントの概要や登場するキャラクターが発表され、新しいキャラクターが紹介されるたびに来場者の大きなリアクションが見られました。さらに、シーズンイベントは2020年のバレンタインにも行われる予定です。

年賀状トレード、コラボ酒の発表

 ゲーム外の発表としては、参加者同士で年賀状を送りあえるサービス“年賀状トレード”の『デスチャ』オリジナルデザイン年賀状や、京都の酒造メーカー“白糸酒造株式会社”とのコラボ酒の制作決定がアナウンスされました(コラボ酒に関してはノンアルコール商品も制作される予定です)。

 “年賀状トレード×デスティニーチャイルド”の詳細は、『デスティニーチャイルド』公式ブログをご覧ください。

2周年記念の豪華報酬配布

 イベント終盤ではストリーミング配信の視聴者数に応じてダイスを転がし、出た目に応じてさまざまなゲーム内アイテムを配布する“オフイベ パラDice”が開催。ゲストの小清水さん、伊月さんがすべての『デスチャ』ユーザーを代表して、ダイスを転がしました。

 一同が固唾を飲んで見守るこのイベント。デスチャ運営ゴリさんのサービス精神とゲストが起こしたハプニングによって、最終的には10連ガチャ2回+αのクリスタルと、最高レアリティキャラを含む超豪華なアイテムが配布されることになりました。

 また、2周年記念デザインのソウルカルタ“アニバーサリー!”の配布、最高レアリティの★5チャイルドを選んでもらえる“ドキドキ★5シェアガチャ”のリセット、クリスタルが最大1,124,000個もらえるクリスタル大抽選会、さらには前述の人気アンケートTOP3のチャイルドがどれか1体必ずもらえる“2周年記念!!人気TOP3★5召喚チケット”のプレゼントなどが発表され、会場も配信視聴者も大いに沸き立ちました。

キャストコメント

小清水亜美さん:初めて『デスティニーチャイルド』のイベントにお邪魔しましたが、皆さんの目がキラキラしていて、新情報にはものすごく食らいついているのが印象的でした。今後はチャイルド同士でコラボとかしたいなぁと思います。モナとレダでアイドルデビューとか? 本日はありがとうございました。

伊月ゆいさん:今日のイベントでさまざまな発表があり、来年夏までいろいろなことが決まっているようなので、それを楽しみにとりあえず夏までは生きてられると思いました。今日のイベントはステージにいながらユーザー目線でも楽しんじゃいました。ありがとうございます。

優木かなさん:ゲームの中では女主人公役をやっているのですが、ストーリー上で絡みのあるモナさんの声が横から聞こえる今日のイベントにドキドキしつつ、来場者の皆さんの熱意も強く感じられてとても楽しかったです。

デスチャ運営ゴリさん:今日は来年夏くらいまでの発表をいろいろさせていただきました。来年は“ストーリー”を中心に見せていきます。魔王争奪戦がどのように進んでいくのか。そのストーリー展開を楽しみにしていてください。来年初頭のラグナブレイク“EVILS UNDER THE SUN”にまずはご期待ください。

※記載されている内容は現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
(C) LINE Games Corporation, SHIFT UP Corporation & STAIRS Corporation

デスティニーチャイルド

  • メーカー: ステアーズ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年11月24日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

デスティニーチャイルド

  • メーカー: ステアーズ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年11月24日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金