『K4カンパニー』AGFステージレポ。『ハンデッドアンセム』朗読劇のほか、4枚連続CDリリースも!

ガルスタオンライン 、Sachi
公開日時
最終更新

 池袋サンシャインシティ(東京)で2019年11月9、10日に行われた乙女の祭典「アニメイトガールズフェスティバル2019(AGF2019)」。今回は、イベント2日目に噴水広場ステージにて行われた『K4カンパニー』AGFスペシャルステージの様子をお届けします。朗読劇と観客を巻き込んだコールアンドレスポンスで会場は大いに盛り上がりました!

 『K4カンパニー』とは、声優の小松昌平さん、益山武明さん、増元拓也さん、濱健人さんの4名が会社(番組)を立ち上げ、ビッグな大企業にしていくというサクセスストーリー番組です。

『K4カンパニー』AGFスペシャルステージ概要
■日時:2019年11月10日
■会場:池袋サンシャインシティ 噴水広場ステージ
■出演:小松昌平、益山武明、増元拓也、濱健人

『HANDEAD ANTHEM』の朗読劇には4チーム16キャラクターが登場!



 『K4カンパニー』の紹介を終えると、彼らがプロデュースを手がける『HANDEAD ANTHEM(ハンデッドアンセム)』の朗読劇を披露。『HANDEAD ANTHEM』とは男性声優×ゾンビ×EDMの新感覚プロジェクトで、16キャラクターの声優を『K4カンパニー』の4名のみで担当しています。

沖縄支部「HIGH-TIDE(ハイタイド)」

 最初に登場したのは、沖縄支部の「HIGH-TIDE」。メンバーは嘉間良流(かまらりゅう、声優:益山さん)、石垣真那人(いしがきまなと、声優:濱さん)、冨着ずみ(ふちゃくずみ、声優:小松さん)、真我里依留(まがりいる、声優:増元さん)の4人です。

 ヘッドの流が元気よくあいさつしたところで、ずみと依留の2人がショートコントを披露。

 ずみと依留が町で勧誘活動をしていると、「ちょっと待って。ティッシュ配ってたらお腹痛くなってきた……」と依留。「大丈夫? 胃薬ドリンクいる?」と言いながらずみが手渡したのはハブ酒で、依留が「ってこれ、胃薬ドリンクじゃなくてハブ酒じゃないかーい!」とつっこむという沖縄支部らしいコントでした(笑)。このように、普段は新しいハンデッド(半死半生のパッションゾンビ)獲得に向けて明るく楽しい勧誘活動をしているようです。

 最後に観客と一緒にコールアンドレスポンスに挑戦。メンバーが「満潮、絶頂、最高潮!」と叫び、観客は「ちょう」の部分だけ声を合わせて応戦しました。流が「みんなで自由の波にのろう! HIGH-TIDE!!」とコーレスを締めくくったところで次の本部にバトンタッチ。

広島本部「B.U.H(ビーユーエイチ)」

 お次の「B.U.H」は広島本部の4人組。ヘッドの三次利狂(みよしりきょう、声優:増元さん)を筆頭に、比作天外(ひっつくりてんがい、声優:益山さん)、白島溺(はくしまでき、声優:濱さん)、嘉間良眩(かまらくらむ、声優:小松さん)からなるチームです。

 天外が「くらむん(眩)はねーメンサの会員なんだよ!」と紹介すると、観客は「きゃー」とわきます。眩は「手が空いている時に試験を受けてみたら合格しました」と涼しい顔。

 また、利狂が「広島からわざわざ東京に出てきた理由はただ一つ。上野のパンダをハンデッドにすること」と真剣な顔で言うと、溺も「笹をエサに、後ろから近づいてデッド注射すれば一発で……デュフフフ」と乗っかり、眩に「パンダは関係ありません!」とつっこまれるなどゆかいな場面も。

 「B.U.H」のコーレスは、メンバーが「B.U.H」と言ったら観客はパパンパパンパンのリズムで手拍子するというもの。これを3回繰り返したところで、利狂が「さあ、半分死んでみようか」と妖艶に語りかけ、コーレスを締めくくりました。

高知支部「夜鳴(ヨナ)」

 続いての高知支部「夜鳴」は、和食雷我(わじきらいが、声優:濱さん)、久重護(くえまもる、声優:益山さん)、藻津ノラ(むくづのら、声優:増元さん)、春野穏人(はるのやすと、声優:小松さん)の4人からなるチームです。

 雷我が「夜鳴の活動はよさこいが中心だ。こん中でよさこい知らねぇ奴はいるか?」と観客に問いかけるも手は上がらず、護が「本当か!? 手挙げるの恥ずかしいだけだろお前ら!」とたたみかけます。

 ノラが「よさこいは高知県の発祥で、何キロもの道を踊りながら練り歩くんです。僕たちは普段、「夜鳴」のよさこいを観に来たアライバーさんたちを片っ端からデッド注射でハンデッド化する活動をしています」と紹介すると、穏人は「ノ…ノラくん、言い方が物騒だよ…!」と困惑気味でした(笑)。

 「夜鳴」のコーレスには鳴子という楽器を使用しますが、今回は大きな音が出せないため観客は右腕を高く上げて参加することに。メンバーと一緒によさこいの定番の掛け声である「よっちょれよ! よっちょれよ! よっちょれよっちょれよっちょれよ!」と叫び、最後は雷我が「夜鳴のお通りだ!」とかっこよく締めました。


福岡支部「deva(ディーヴァ)」

 最後の福岡支部「deva」は、天神コウ(てんじんこう、声優:小松さん)、杁敦豪(えぶりあつひで、声優:増元さん)、黒崎隆景(くろさきたかかげ、声優:濱さん)、鬼童町信乃(おんどうまちしの、声優:益山さん)の4人からなるチーム。

 それぞれ自己紹介をしていきますが、隆景が「コウ様を見下ろすとは頭が高い。今すぐ1階まで降りてこい! ニヤニヤしてるんじゃない、お前たちのことだぞ!」と上の階の観客に絡む場面も(笑)。信乃に「まあまあ、隆の兄貴」となだめられていました。

 イベント当日はヘッドのコウの誕生日ということで、隆景がハッピバースデーの歌を歌い、観客も手拍子でお祝いしました。コウは「ありがとう。まさかこんなところで祝われるとは思わなかった。皆もありがとう。君たちの温かい手拍子と祝いの気持ち、確かに受け取ったよ」とよろこんでくれたようです。

 「deva」のコーレスは、「ディーヴァ・プラディダーナ!」とメンバーと観客が一緒に叫ぶというもの。隆景の合図とともに3回繰り返したのち、コウが「AGF噴水広場ステージ…今日は忘れられない1日になった。最高のプレゼントをありがとう」と締め、朗読劇は幕を閉じました。

 今後もリリース情報が解禁されていきますので、引き続き『HANDEAD ANTHEM』と『K4カンパニー』に注目していきましょう!

 最後は会社員らしく、全員で「お疲れ様でした」と手を合わてステージは終了となりました。

2020年1月からCDリリーススタート



 ステージの最後には、2020年1月より、広島、高知、福岡、沖縄の各チームの4枚連続CDリリースが発表されました。第1弾は広島本部「B.U.H」の「fLeEk(フリーク)」。EDM全開の楽曲で、今までにない「B.U.H」が見られそうです。

商品情報

ヘッダー.jpg

タイトル:fLeEk
歌:三次利狂(声優: 増元拓也)、比作天外(声優:益山武明)、白島溺(声優:濱健人)、嘉間良眩(声優: 小松昌平)
発売日:2020年1月29日
収録曲/ドラマ:
1. fLeEk
 作曲・編曲 : NAOKI
2. fLeEk (inst)
3.Drama Track [未定]
4.Drama Track [未定]
※ドラマパートではB.U.Hの結成秘話が知れるストーリーとなっています。

© NIZISTA,INC. All RIGHTS RESERVED.