手足が重くても、頭が回る内に、決めろ。今の俺が採れる、最善の策を(斎樹)【ワヒロ名言集】

長雨
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスのシチュエーションスタイルRPG『ワールドエンドヒーローズ(ワヒロ)』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

手足が重くても、頭が回る内に、決めろ。今の俺が採れる、最善の策を(斎樹)

●メインストーリー第3章“終わる世界”第50話“危機的状況”



 第7回目はラ・クロワ学苑に所属するちょっとシニカルなヒーロー・斎樹巡(声優:堀江瞬)の決断と、仲間の絆が光る場面をご紹介します。

 斎樹巡は、著名な研究者夫婦によるデザイナーベイビーです。優秀な両親同様、彼自身も最年少で博士号を取るなど、医療の知識に秀でています。

 155.1㎝という小柄で華奢な体格でありながら長刀を操り、ラ・クロワ学苑チームの前衛を担当。ただし、力仕事や戦闘はあまり得意ではないようです。

 調合作業など細かい作業は苦手ではないはずなのに、料理をすると何故か大惨事に……(2019年イベント“決めろ!お料理総選挙!”など)。

 斎樹は、大人びていて少し皮肉屋なところがあります。

 しかし、呆れながらも無茶なオーダーに応えたり、体調を崩した人間を気づかったり、根は優しく人づき合いも悪くないため、仲間たちや指揮官とも(天敵の浅桐真大(声優:吉野裕行)を抜かして)良好な関係を築いています。

  • ▲メンバーストーリー“【休息の日】斎樹巡 呪文”より。

  • ▲アライブチャット“斎樹診断”より。

 現在、海外にいる両親とは疎遠状態だといいます。いつも落ち着いている彼が、両親が来日するという情報を聞くだけで悪夢を見るようになるのですから、その確執はかなり深いようです。

  • ▲サイドストーリー斎樹2話“悪い夢”より。

 3章で斎樹たちはこれまで戦ってきた喰核生命体“イーター”とは違う、明確な殺意を持った敵と対峙します。

 頭のいい斎樹は敵と戦いながらも、最善の策を常に考え続けます。しかし体力の低下&戦況の悪化とともに選択肢は減少。

 そんななかで彼が選んだのは、自分を犠牲にして仲間を逃がすことでした。

 斎樹は「一度、断とうとした命」だと、躊躇いもなく己の命を投げ出そうとします。

 “被害を最小限にする最善の策”を瞬時に判断できる斎樹は、ヒーローとしては正しいのでしょう。

 しかし医療に携わる者として命の大事さをよく知っているはずの彼が、最善とはいえ、そういう決断をしてしまうのが切ない……。

 しかし斎樹の命を、彼のかわりに大事にしている人物がすぐそばにいました。

 親友の頼城紫暮(声優:梅原裕一郎)は「お前は昔から頭が良すぎる。それゆえ、判断が早すぎる」と斎樹の作戦を却下し、“無謀の半歩先にある希望”を掴むため自らが前線に立って……!

 危機的状態のなかでも揺るがない、斎樹と頼城の絆に胸が熱くなる名シーンです。


© 2018, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金