幻想的…! スクエニ新作『クリスタルストーリー』を遊べるテーマパークEXPOブースレポ

紅葉つかさ
公開日時

 12月4~6日に東京ビッグサイトで開催されている“第5回テーマパークEXPO(PARX)”。スクウェア・エニックスのブースでは、“ゲームのような世界を現実に”の事業コンセプトから“いままでにない体験型ブース”が設置されています。

 本出展は、ロケーションベースのエンタテインメントを創出する新プロジェクト“ライブインタラクティブワークス事業部(以下LIW)”が手掛けています。

 体験型のブースとして、『クリスタルストーリー』と『YOKERO』の2つが展示されています。
※テーマパークEXPOは業界関係者およびメディア向けの商談展示会なので、一般入場はできません。

ゲームに入り込んだような体験ができる『クリスタルストーリー』

 『クリスタルストーリー』は、スクウェア・エニックスが贈るナイトウォークシリーズ第1弾で、幻想的な“不思議の森”を舞台に巻き起こる物語が体験できます。

 入場する際に、“魔法のランタン”を持ち、内部でかざすことでさまざまな仕掛けが動き、ゲームの世界に入り込んだような体験ができます。


 詳しいレポートは後日お届けしますが、現実さながらの森の中で妖精や女神に出会うという体験は、まさにファンタジーRPGの世界が現実に出てきた感覚。ランタンを片手に、スマホでインスタ映えしそうな自然や妖精を撮影しながら遊べる感覚は、これまでにないものでした。

 ゴーグルをつけたVR体験とは明らかに異なる新体験。これはアトラクション界の歴史のターニングポイントになるかもしれません。

シンプルなルールで誰でも遊べる『YOKERO』

 『YOKERO』は、9m×5.5mの全面LEDフロアを駆け回る、アスレチックを進化させた次世代アトラクション。

 プレイヤーは、決められた制限時間のあいだ、LEDフロアに出てくる障害物を避け続けることが目的になります。難易度も簡単なものからかなり難しいものまで全部で7段階あるので、自分にあった難易度で挑戦できます。

 また、期間中は、フリースタイルフットボーラーによる超絶プレイの披露も行われます。


 ほかにも、2020年に東京タワーにオープンする予定の“NINJA TOWER TOKYO(仮称)(ニンジャタワートーキョー)”などの概要を説明したパネルの展示が行われています。






 『クリスタルストーリー』と『YOKERO』は実際に会場で体験することができました。そのプレイレポートは近日中に掲載予定です。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.