『チェンクロ3』シロガネとの決着は? 九領の運命は?――アマツ篇 完結【電撃チェンクロレター】

まり蔵
公開日時
最終更新

 セガゲームスが配信するiOS/Android用RPG『チェインクロニクル3(以下、チェンクロ3)』。本作のストーリーに関する最新情報をお届けする、連載企画“電撃チェンクロレター”の第47回をお届けします!

 今回の“電撃チェンクロレター”では、12月26日(木)15時更新予定のアマツ篇 12章のあらすじと、シナリオ担当者が持ち回りで書く裏設定が満載のコラム“チェンクロ3裏日誌”を掲載します。

※注:記事内のゲーム画面はすべて開発中のものです。

アマツ篇 12章のあらすじを紹介

 シロガネと決着をつけるべく、第四領の火山“四緒手”内にある火鬼の村へ向かうアマツ一行。

 同時に火中の祠では、オロチを封印する儀式に九領の領主たちが臨む――。

 オロチに蹂躙される九領の運命は? そしてすべての因縁に決着は付くのか? アマツ篇、遂に完結!

アマツ篇 12章を彩るキャラクター

ロクショウ

  • ▲アマツの昔馴染み。自ら望んでシロガネに憑依され、アマツの前に立ちはだかる。

オウシン

  • ▲第四領主にして、アマツとは互いに認める宿敵同士。今は領主としてオロチ封印に臨む。

“アマツ篇”シナリオ担当者が語る!

チェンクロ3裏日誌

 というわけで、今回の12章をもってアマツ篇は完結となります。『チェンクロ3』のメインストーリー自体はまだまだ続きますが、アマツを主人公とした物語はひとまずの区切りを迎える形となりました。

 他の4人の主人公たちと並行しながらとはいえ、3年超もお付き合いいただいたユーザー並びにこのチェンクロレターのコーナーには只々感謝しかございません! 本当にありがとうございました。

 これ以上はなにを言っても野暮になるかと思うので、あとはぜひアマツ篇12章をプレイしていただければと思います。アマツのこれまでの旅路の集大成、どうかその目で見届けてくださいませ……!

 そしてアマツ篇完結後も続く、メインストーリーの今後の展開にも引き続きご期待いただければと!

 なお、『チェインクロニクル』公式Webラジオ『ちぇんらじ』が好評配信中。ゲームの最新情報をテーマに、『チェンクロ』愛にあふれたパーソナリティが『チェンクロ』の魅力をお届けしています。ぜひこちらもお聴き逃しなく!

⇒セガゲームスYouTube公式チャンネルはこちら

⇒インターネットラジオステーション<音泉>はこちら

©SEGA