石川界人さんらキャストインタビュー到着。ファン待望の『ピオフィオーレの晩鐘』ドラマCD発売

ガルスタオンライン
公開日時

 女性向けゲームブランド“オトメイト”より2018年8月に発売されたPSVitaソフト『ピオフィオーレの晩鐘』からドラマCDが発売! 豪華出演陣による、ドラマCDだけのオリジナルストーリーが展開。ゲームの原画を手掛けたRiRi氏による、描き下ろし美麗ジャケットイラストにもご注目ください!

■タイトル:『ピオフィオーレの晩鐘 ドラマCD ~Mascherata di mezzanotte~』
■価格:3,000円+税
■発売日:2019年5月29日
■発売元:ティームエンタテインメント

■出演キャスト:
ダンテ・ファルツォーネ(声優:石川界人)
ギルバート・レッドフォード(声優:森久保祥太郎)
楊(声優:岡本信彦)
ニコラ・フランチェスカ(声優:木村良平)
オルロック(声優:豊永利行)
オリヴァー・ハース(声優:岩澤俊樹)
リー・シーシャン(声優:猪股慧士)
ルカ(声優:笹島かほる)

■あらすじ

1926年4月。
抗争が終結し、平和になった街でまことしやかに囁かれるひとつの噂。

【顔を隠した悪魔が子供を攫う】

街を脅かす不穏な存在を確かめるため、
ブルローネマフィアたちは、再び手を取り合うことに――?

■トラックリスト
01. 発端
02. 糸口
03. ローマにて
04. 采配
05. 胡乱なパーティ
06. 決着
07. 後日談

キャストインタビューをお届け

――収録を終えられてのご感想をお願い致します。

ダンテ・ファルツォーネ役:石川界人さん
「久々にファルツォーネファミリーのカポを演じられて嬉しかったです。自分の中で最後のゲームボイスがバットエンドだったので、そこからハッピーに帰ってくるのは大変でした。今回の収録では幸せな気持ちでいられたので、ぐっすり眠れそうです。」

ギルバート・レッドフォード役:森久保祥太郎さん
「相変わらずギルは良い男でしたよ。気持ちいい。ホントに演じていて気持ちいい。」

楊役:岡本信彦さん
「しっかりとストーリーがあって楽しかったです! 本編よりも楊に人間味があったような気がします。」

ニコラ・フランチェスカ役:木村良平さん
「久しぶりに二コラを演じられて嬉しかったです。相変わらずな彼らを見ると、安心しますね。」

オルロック役:豊永利行さん
「個人的には、ルカとの会話がある事が、なんだか嬉しかったです(笑)。また、ドラマCDという事で、ゲームの方よりも会話のテンポやノリ感を少し重視してやらせていただきました。」

オリヴァー・ハース役:岩澤俊樹さん
「オリヴァーは自分が演じてきた中でもかなり好きなキャラクターなので、また演じることが出来て本当に嬉しいです! ゲームの時は一人だったのですが、今回はギルバートと一緒だったのがまた嬉しかったですね!」

リー・シーシャン役:猪股慧士さん
「このピオフィオーレの晩鐘を通じて、楊役の岡本信彦さんとは初共演で緊張したのですが、岡本さんにリードして頂き、楽しく収録できました。あっという間の時間でした!」

ルカ役:笹島かほるさん
「また大好きなルカを演じられた! しかも、掛け合いのお芝居で!! ゲーム収録では感じられなかった、へぇ~、ギルってこんな感じなんだなぁ……等など、色々なキャラクター達が身近に感じられ、とても嬉しく、楽しかったです。」

――今回のドラマCDの聴きどころがございましたら、お教えください。

石川さん
「カポとしての振る舞いと、1人の男としての振る舞いがあって、その中で等身大のダンテがいたことに感動しました。彼の人間らしさはヒロインが与えてくれたものだと思うと感謝しかありません。」

森久保さん
「一つの事件を追って展開される彼らの絡みをぜひお楽しみに!!」

岡本さん
「楊のジョークですかね? ウソかホントかわからなかったり、周囲の時を止まらせる空気になるのが面白いなと思いました。」

木村さん
「喧騒から少し離れて二人きりで過ごす時間は、ドキドキします。」

豊永さん
「主人公ちゃんと2人でいる時のオルロック君の人柄というか、在り方みたいなものは少しだけ意識しました。あとは全体通して、少しだけおとぼけオルロック君も出てきたりするので、やってて楽しかったです。」

岩澤さん
「主人公は一切喋らないのに、存在を感じさせる演出やセリフ回しが個人的にとても新鮮でした。皆様には、どんなセリフを喋っているか想像しながら聴いて頂きたいですね! そしてオリヴァーの最後のセリフ、特に力を入れたので何度も聴いてくれたら嬉しいです!」

猪股さん
「リーは基本的にツンケンした態度が多いのですが、今回のドラマCDでは、あまり見たことのないリーの一面が聴けると思います!」

笹島さん
「ルカを演じる事で気をつけた事は、大好きな姉ちゃんと、他のキャラクター達と喋る時の気持ちを変えた所です。姉ちゃんを呼ぶときには、たっぷり「愛」。入ってます(笑)まだまだ未熟なルカですが、彼なりの愛の告白もしていますよ~!」

――最後に、ドラマCDの発売を楽しみにされているファンの皆様にコメントをお願い致します。

石川さん
「ダンテ・ファルツォーネを演じています、石川界人です。今作は大団円後のストーリーということで、甘いシーンや改めてヒロインへの思いを振り返ることができました。このドラマCDを聴いた後に、再度本編に触れて頂けると、作品の魅力が倍増すると思います。今後とも『ピオフィオーレの晩鐘』をよろしくお願い致します。」

森久保さん
「楽しみに! 是非ともお楽しみに!! 『ピオフィオーレ』の世界観のどっぷり浸かってください。」

岡本さん
「想像しながら聴いて頂けたら嬉しいです。これからも『ピオフィオーレの晩鐘』をよろしくお願いします!」

木村さん
「みなさんが遊んでくださった、『ピオフィオーレ』のその後を描けました! ヒロインとの時間はもちろんですが、男たちの関係も愉快です。お楽しみに!」

豊永さん
「やっぱりこの雰囲気が好きだなぁと、改めて思う、そんなドラマになったんじゃないかなと思います。マフィアというあまり描かれることのない難しいテーマなので、こういったドラマも乙女向けとは言え、キチンと事件性があります。お好きな方には間違いなく刺さる内容になっているハズなので、是非お聴きください。」

岩澤さん
「再びこの様な素敵な作品に関わることが出来て、とても光栄です。これもひとえに応援して下さっている皆様のお陰です。またいつか、オリヴァーを演じる機会に巡り合えることを祈っています。そうですね……、次はギルバートとオリヴァーの出会いの物語を見てみたいですね! 皆さんも、気になりますよ……ね……?」

猪股さん
「ゲームをプレイされている方はもちろん、プレイされていない方もきっと楽しめるドラマCDになっていると思いますので、是非よろしくお願いします!」

笹島さん
「まだまだ格好良すぎるアニキ達には足元にも及びませんが、ルカも立派に姉ちゃんを守る為、そして良い男になる為に頑張ってます!そして、沢山キュンキュンしてください! お楽しみに!!」

©2018 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY