【電撃ベストバイ】ゲーミングPC部門は14万円台で充実の性能・機能を誇るGALLERIAのノートPC

松野将太
公開日時

 “電撃ベストバイ2019”は、PCとPC周辺機器の中から“買って損なし”な逸品を紹介する企画。今回は、ゲーミングPC部門から、ドスパラより発売中の『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』を紹介します。

『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』がベストバイ!

 国内でもPCゲームが盛り上がりを見せる昨今、“しっかりしたPCで快適にゲームをプレイしたい”という需要が増えているのは間違いないでしょう。

 とはいえ、ハイスペックなゲーミングPCは決して安い買い物ではありません。

 ここ数年で高校生など若いユーザーのeスポーツに対する関心が高まっている事情もあり、なるべく安価で、十分な快適さを確保したゲーミングPCが求められる傾向が強いと感じます。

 そうなると、フルHD解像度のゲームを高いフレームレートでプレイでき、導入コストも高すぎないPCを検討するのが現実的でしょう。

  • ▲ドスパラ『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』。直販価格は14万5,380円+税。

 ゲーミングPC部門のベストバイに選定した『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』は、まさにそんな需要を満たす15.6インチ液晶搭載のゲーミングノートPCです。

  • ▲薄型筐体ですが、CPUは『Core i7-9750H』、GPUは『GeForce GTX1660Ti』と十分な性能を備えています。

 CPUに6コア/12スレッドの『Core i7-9750H』、GPUに『GeForce GTX1660Ti』を搭載する手堅いスペックにより、多くのフルHDタイトルを平均フレームレート60fps超えでプレイできます。

  • ▲側面にはUSBポート合計3基とSDカードリーダーを配置。
  • ▲背面には有線LANポート、Thunderbolt 3(USB Type-C)端子、HDMI端子を備えています。

 高いフレームレートを発揮するPCを活用する場合、リフレッシュレート60Hzを上回るディスプレーを用意するのがベストですが、『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』はノートPCでありながらリフレッシュレート144Hz液晶を搭載しており、これ1台で快適なゲーミング環境を整えられます。

 先に述べた通り液晶サイズは15.6インチで、据え置きノートPCとして使うにも無理のないサイズです。

 本体サイズは大きめですが、最薄部20.5mmの薄型筐体を採用しており、重量は同一スペックの15.6型ノートPCとして最軽量となる1.87kg。

 2kg切りであれば毎日の持ち運びも現実的なので、学生ゲーマーが学業用のPCとして併用するのも有効です。

  • ▲キーボードは日本語配列で、LEDライティング機能を備えています。もちろんオン/オフも可能。

 メモリー容量は16GB、ストレージはSSDで容量512GBと、CPUやGPU以外の部分もゲーミングPCとして不足はありません。

 加えて、無線LANは次世代規格であるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応し、4K画面出力にも対応するThunderbolt 3端子を搭載、Windows Helloによる顔認証ログインに対応するなど、この価格帯では他に差を付ける高機能ぶりも魅力のひとつです。

 バッテリー駆動時間は最大10時間と、十分な駆動時間も確保しています。総じて、必要な機能と性能をしっかり詰め込んだ非常にコスパの高いノートPCと言っていいでしょう。

 実際のベンチマーク結果を参照してみましょう。『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク』では、解像度フルHD(1920×1080ドット)、フルスクリーン、最高画質の設定で、スコアが13,642を記録。

  • ▲最高画質のスコアーは13,642(非常に快適)。MMORPGにもオススメできます。

 快適さの指標は最高評価となる“非常に快適”で、出力レポートからフレームレートを確認すると、平均95.7282fps、最小42fpsと、まったく問題のない値が出ていました。

 本ソフトのベンチマークは若干重めに作られているため、実ゲームでは場面によって100fps超えも現実的ではないかと思います。

 その他のタイトル、たとえば人気のサバイバルシューターである『Apex Legends』や『フォートナイト』といった作品でもフルHDで平均100fps超えの動作が見込める上、設定次第では『レッド・デッド・リデンプション2』のような負荷の重い最新大作タイトルも十分にプレイできる性能です。

 先ごろ大幅な価格改定が行われたことにより、『GALLERIA GCR1660TGF-QC-G』は、14万円台で購入できるノートPCのベストな選択肢の一つとして存在感を増しています。

 ゲーミング用途にとどまらない汎用性の高さを備えているので、普段使いのノートPCとして長く使える相棒にもなり得るでしょう。

 ゲーミング用途で使う場合は最低限ゲーミングマウスとマウスパッド(あるいはコントローラー)を揃えておきたいところですが、他の機材への投資はそれだけで済むため、特に予算の少ない学生ユーザーにおすすめです。

© THIRDWAVE CORP. All Rights Reserved.


GALLERIA GCR1660TGF-QC-G

  • メーカー:ドスパラ
  • 発売日:2019年10月4日
  • 価格:145,380 円+税