本日より東京公演スタート! 「PERSONA5 the Stage」キャスト囲み取材とゲネプロを写真レポート

ガルスタオンライン
公開日時

 若き怪盗団たちが腐敗した大人たちを改心させていく、ピカレスク・ジュブナイルRPG『ペルソナ5』を原作にした舞台化作品「PERSONA5 the Stage」の東京公演が、12月19日より天王洲 銀河劇場で幕を開けました。

 ここでは本公演に先駆けておこなわれたメインキャスト陣の囲み取材と、関係者向けゲネプロ公演の様子をお届けします。

キャスト陣はワンチーム! 和やかな囲み取材の様子を届け

 公演前に主人公役の猪野広樹さん、坂本竜司役の塩田康平さん、高巻杏役の御寺ゆきさん、明智吾郎役の佐々木喜英さん、鴨志田卓の髙木俊さんが登場して、囲み取材がおこなわれました。

――公演への意気込みを教えてください。

猪野広樹さん(以下、猪野):大阪公演を経て、今日から東京公演です。大阪のお客様はとても集中してみてくださったので演じやすい環境で、いい雰囲気を持って東京に来られたかなと思います。東京のお客様にも楽しんでもらえるように、日替わり(演出)もありますし、演出の西森さんもエンターテインメントだけじゃない地に足をついたお芝居を楽しんでもらいたいということだったのでそれを意識しながらやっていきたいなと思います。

塩田康平さん(以下、塩田):主人公が覚醒するシーンで、影響を与えるのが僕と鴨志田先生。主人公やほかの俳優にもどんどん影響を与え続けて、それがお客様にも伝わっていい広がりになればいいなと思っています。影響を与え続けられるように、がんばります。

御寺ゆきさん(以下、御寺):私自身舞台は二回目で、先輩たちに引っ張っていただいているところもあります。最後まで集中力を切らさない、すべてのエネルギーを毎公演にかけて突っ走っていくのと、高巻杏ちゃんを御寺ゆきが演じてよかったと思ってもらえるところまで頑張っていきたいと思います。

佐々木喜英さん(以下、佐々木):今回のストーリーの範囲では明智吾郎という役はベールに包まれているので、僕は怪盗団の活躍を影から見守りながら次回作に繋がる爪痕を残していけたらと思っています。

髙木俊さん(以下、髙木):「PERSONA5 the Stage」の第一弾ということで、稽古から覚醒シーンなど難しいことも多くて。ここまで積み重ねてきたものが、次に繋がるように僕たちはやってきました。ぜひ、そこを見てほしいですね。

――公演の見どころは?

猪野:大人に反逆の意思を持った人たちが覚醒していくシーンがあります。そこまでの過程でどういうストレスを感じていて、どういうふうに爆発していくのかというのを、覚醒するメンバーは大事にしていますのでそこを見ていただけたらなと思います。あとは髙木さん演じる鴨志田が笑わせに来るので(笑)。

髙木:ハードル上がったな(笑)。

猪野:公演の八割は持っていくと思うので、そこを楽しみにしていただけたらと思います。

塩田:歌、ダンス、芝居、殺陣とたくさんある舞台なんですが、僕はラップもあります。ラップがあることに衝撃を受けたんですが、そこを見てもらいたいです。あと(主人公と仲間の)絆が深まるシーンがあるのですが、そこを捕まえると今コープ(ゲーム本編で絆を上げるイベント)が上がったというのがわかるので見てほしいです。

御寺:覚醒シーンは見てほしいなと思います。私はムチを振るうシーンが多く、ほかの人とは違う戦闘の仕方があるので見てほしいです。あとは志帆と杏ちゃんのシーンも作り上げてきたので、注目してください。

佐々木:原作のゲームでも曲を作っている喜多條(敦志)さん(アトラス)が、舞台のために6曲作ってくださいました。僕も2曲歌っているんですが、約1年ぶりに舞台で歌唱できるのが楽しみに思っています。魂のこもった歌をぜひ聴いてもらいたいです。

髙木:大阪公演が終わっているのでうわさに聞いている方もいるかもしれませんが、脱ぎます。

一同:(笑)。

髙木:本番までに食事制限をして体脂肪を8%まで落とし、肉体も役作りとして頑張ってきました。恥ずかしいんですが、裸を見てください(笑)。鴨志田(の出番)はここで終わってしまうんですけど、第一弾として恥じない役作りをしてきたのでその熱演を見てほしいです。

――ファンへのメッセージをお願いします。

塩田:「怪盗お願いチャンネル」というものが出来上がるシーンがあるのですが、実際にそのサイトがあったときにお客様が書き込みをして応援したくなるような舞台にしたいと思っていますので応援をお願いします。

御寺:千秋楽まで突っ走っていきますので、ぜひみなさん楽しみにしていてください。よろしくお願いします。

佐々木:今回の舞台のストーリーをもちろん楽しんでほしいのですが、僕個人としては原作はまだまだ先がありますので、この作品が大きくなって続いていってほしいなと思っています。そのためにはみなさんの応援が必要なので、末永く応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

髙木:悪役なんですけど、みなさんで鴨志田パレスを盛り上げていきましょう。

猪野:(原作は)もともと人気の高いゲームで、演じることに対してプレッシャーはあまり感じない方だったんですが、みんなで作っていく作業を経て自分が任されていることの大事さがわかりました。稽古、本番ともに誰一人妥協することなくここまでやってこれていい作品になったので、このチームワーク、ワンチームでやっていきたいと思います。最後まで応援をよろしくお願いします。

『ペルソナ5』ファンも、初心者も楽しめる、始まりの物語

 会場アナウンスを怪盗団の一員・モルガナ(声の出演:大谷育江)が担当していたり、ゲームでおなじみのBGMが流れていたり、開演前から『ペルソナ5』の世界に染め上げられた劇場にワクワクが止まりません。
 物語はゲームと同じく、あるパレスに主人公たち怪盗団が潜入するシーンからスタート。ジョーカー(主人公が怪盗時に使用しているコードネーム)の見事な殺陣、ゲームのカバーアクションを思わせるような機敏な動き、そして映像が見事に融合していて「ジョーカーがゲーム画面から抜け出してきている」と思わずにはいられない再現度の高さに呆気にとられます。その後の展開もゲーム本編をていねいになぞっていくので、初めて作品に触れるという方も安心して物語を楽しめると思いますよ。



 物語は、主人公たちがペルソナ能力に目覚めるきっかけとなった出来事を中心に描かれています。
 主人公は酔っ払いから女性を助けようとしたところ、傷害事件の濡れ衣を着せられて逮捕され、保護観察処分に……。彼は転校を余儀なくされ、東京にある秀尽学園高校に転校することになるのでした。
 彼は転校初日にひょんなことから同じ学校に通う坂本竜司とともに巨大な城がある不思議な世界へと迷いこみ、“反逆の意思”の表れペルソナに目覚めます。
 その城が秀尽学園の教師・鴨志田の歪んだ欲望が作り出した“パレス”であり、鴨志田が現実でも体罰や理不尽な行動で生徒たちを苦しめていることを知った主人公と竜司。
 彼らは謎の存在・モルガナ、そして鴨志田によって苦しめられていた高巻杏を仲間に加えて、鴨志田を改心させるために怪盗となって“パレス”に乗り込むことに……。





 正しいことをしたはずなのに罪を背負わされた主人公、仲間のためにしたはずがそのせいで不良と呼ばれるようになった竜司、大事な友だちのために自分を押し殺す杏、それぞれの苦しみが伝わってくるシーンはただただ切ない。
 そのぶん抑圧されていた彼らが“反逆の意思”を持ちペルソナに覚醒するシーンは、何とも言えないカタルシスを感じました。生き生きと戦う怪盗団の姿を、ぜひ見守ってほしいです。
 怪盗団を苦しめる鴨志田ですが、「これぞ悪役!!」という最高の存在感を放っています。校長とコミカルな掛け合いをしたり、客席にコールを要求したり、コメディーリリーフ的な役割まで一手に引き受けているのがお見事! 憎いけど嫌いになれないでも絶対に許さない、そんな絶妙なバランスでした。
 また怪盗団のライバルとなる明智吾郎、検事の新島冴も存在感バツグン。今後怪盗団とどのように絡んでいくのか期待が高まります。
 最後には喜多川祐介や斑目一流斎なども登場し、次の公演が楽しみになる仕掛けも! これから怪盗団のメンバーがどんな物語を紡いでいくのか、これからの展開がとても楽しみになる舞台でした。


公演概要

■公演名:「PERSONA5 the Stage」
■原作:『ペルソナ5』(アトラス)
■脚本・演出・作詞:西森英行
■音楽:目黒将司、小西利樹(アトラス)
■舞台音楽:喜多條敦志(アトラス)
■アクション:六本木康弘
■振付:MAMORU

■出演:
主人公:猪野広樹
坂本竜司:塩田康平
高巻杏:御寺ゆき
明智吾郎:佐々木喜英
喜多川祐介:小南光司
新島冴:茉莉邑薫
三島由輝:糠信泰州
鈴井志穂:早乙女ゆう
校長:山岸拓生
班目一流斎:高松潤
鴨志田卓:髙木俊

アンサンブル
南沙羽、菅原健志、三上真司、坂本和基、菅野慶太、橋本征弥、駒﨑太嘉、佐々木駿也、小川鈴花、金谷幹生、御林杏夏

モルガナ:大谷育江(声の出演)

東京公演SCHEDULE
天王洲 銀河劇場
2019年12/19~12/29(全15公演)

(C)ATLUS (C)SEGA (C)SEGA/PERSONA5 the Stage Project