『ぷよクエ』2424日記念、細山田Pインタビュー。配信開始前はあまり期待されていなかった!?

黒船Mk-II
公開日時
最終更新

 セガゲームスが配信するiOS/Android/PC用パズルRPG『ぷよぷよ!!クエスト(ぷよクエ)』が、2019年12月12日にサービス開始2424日目を迎えました! おめでとうございます!!

 これを記念して、『ぷよぷよ』シリーズ総合プロデューサー・細山田水紀さんにインタビューを敢行! 配信当時のエピソードや歴代コラボイベント、そしてコラボカフェなど、『ぷよクエ』についていろいろと語っていただきました。

  • ▲細山田水紀プロデューサー

リリース、コラボ、カフェ――『ぷよクエ』2424日の歩み

――『ぷよクエ』が、2013年4月24日の配信開始から2019年12月12日で2424日目を迎えましたが、現在の心境を教えてください。

 『ぷよクエ』って配信開始当時、あまり……もっと言うと全然期待されていなかったんですよ。『ぷよクエ』が配信を開始した2013年の2月に放送した『ぷよぷよ』の24時間生放送番組で、「スマホで『ぷよぷよ!!クエスト』というのをやりますよ!」って一生懸命説明した時も、誰にも響かなくて(笑)。

 でもリリース後の反響は大きく、実際にアクションパズルの『ぷよぷよ』をきちんとプレイしたことがなかった方も、プレイしてみたらこれはこれでおもしろかったと評判になりました。

 『ぷよぷよ』シリーズの開発担当者としては、家庭用ゲームの主要メンバーがスマホのゲームをチャレンジとして作って、それを長く続けられたらいいなって思って作っていたのですが、実際こんなに長く続けられてありがたいことです。2424日という数字は、実はあまり意識していなかったんですけどね。

 僕自身、2006年から『ぷよぷよ』に携わっていまして、もうかれこれ13年以上になるんですが、シリーズの半分くらいの期間にかかわらせていただいています。『ぷよぷよ』の人生の半分をお預かりしている心境ですね。

 その中で、来年『ぷよクエ』が7周年を迎えます。7という数字も縁起がいいですし、おめでたいですよね。

――ちなみに、『ぷよクエ』の配信開始日が4月24日なのは意図的だったのでしょうか?

 これは狙ってやりました! 実は23日に配信を始めることもできたんですけど、せっかく24(ぷよ)日だし、過去に24日を特別な日としていたこともあり、24日がいいんじゃないかと。次は2424万ダウンロードを目指したいですね。現在、2100万ダウンロードまでは達成しているので。

――最初、期待されていなかったとのことですが、「これはいけるんじゃないか」と思われた瞬間はありましたか?

 たぶん『ぷよクエ』チームの開発以外の運営メンバーは、配信初日に24万ダウンロード、リリース10日で100万ダウンロードを達成した時だと思うんですよ。このゲームは本当に最初は期待されてなくて、最初100万ダウンロードされるのは2カ月~3カ月後くらいに設定していたんです。それが10日で達成できたので、「ヤバイ!」って思ったのはすごくよく覚えています。

 でも僕自身は、当時のディレクターと“なぞり消し”っていうワードを決めた時にいけるかなって思いました。リリースの前の企画段階ですね。キャラクターを収集して実際にゲームでそのキャラクターでデッキを組んで遊ぶという古典的なことを、『ぷよぷよ』のパズルアクション部分を生かしつつ、スマホに落とし込んだものが『ぷよクエ』なんです。

 操作をするのってやっぱり難しいじゃないですか。あまり考えずに気軽に遊べる『ぷよぷよ』ってなんだろうって考えた時に、ぷよを入れ変えたりするのは難しくて大変だから、直感的に触ったところが消えるようにしたいなと。

 15周年を記念して作成した『ぷよぷよ!』の公式サイトに、『ぷよぷよ!スナイパー』というWebゲームがあるのですが、ぷよを押すとそれが消えてお題をクリアするというもので、“なぞり消し”の大本はそこなんです。あと、ぷよをタッチしながら入れ替えて消していく『ぷよぷよナラベ』というAndroidアプリも叩き台になっています。

 『ぷよぷよ』といえばやはり4という数字が特徴的なので、4つそろったら消えるようにって話していたら、当時のディレクターが真ん中を中心にして十字に消したいから5つがいいですって言い出して、なるほど、じゃあ5個にしようって。

 その時に、僕の中で本作におけるゲームの根本的なところが決まりました。実際サンプルのテスト版を作ってみたら、「これはいける」って確信に変わりました。思っていた以上に、やっぱりおもしろかったですね。

――“落ちものパズル”から“なぞり消し”に変えるにあたって、ユーザーの反応はいかがでしたか?

 配信直後からバンバンダウンロードしていただいていましたが、やはり批判も多数ありました。ダウンロードしてみたら、僕が知っている私が知っている今までのアクションパズルの『ぷよぷよ』じゃなかったって。

――2424日を振り返って、印象的だったこととかありますか?

 これは言っていいのかわからないんですが、元『ぷよクエ』運営プロデューサーが辞める時に、生放送で本気で泣いていたことでしょうか(笑)。

 最初の企画は2012年夏ごろに始めたのですが、開発や運営を7年以上続けていると、卒業するメンバーや新しくチームに参加するメンバーも多く、みんな『ぷよぷよ』や『ぷよクエ』が好きで、いろいろと叱咤激励や大変なことなどもあるのですが、とにかくみんな頑張ります! 今も昔も素晴らしいチームメンバーに支えられているのでありがたいと感じています。

 また、最初に開催した“ぷよクエカフェ”は印象に残っていますね。もともとチャレンジの一環として、『ぷよぷよ』のコラボカフェにお客さんどのくらい来てくれるのかなって思っていたんですが、やってみたら大行列でとても評判がすごくよくて、意外とイケるなって。

 あと、ケンタッキーや銀だこ、バーミヤンコラボなど食べ物に関連したコラボとかも懐かしいですね。バーミヤンの杏仁豆腐は評判よかったです。

  • ▲バーミヤンとのコラボメニュー『ぷよクエアンニンアイス添え』。

――これまでに実施したコラボで印象的な作品はありますか?

 『名探偵コナン』、『エヴァンゲリオン』、『美少女戦士セーラームーンCrystal』はやはり印象的ですね。

 あとは、先日やらせていただいた『おジャ魔女どれみ』です。ちょうど新作映画が発表されたタイミングと重なったというのもあるのですが、『ぷよクエ』は女性のお客様もとても多いので、非常に盛り上がりました。

 次回の大型コラボについては、12月21日に発表、12月26日の生放送できちんと紹介できると思いますので、楽しみにしていてください。

――現在開催中の“ぷよクエカフェ”でメニューアイデアの募集をされていましたが、インパクトのあったものはありましたか?

 メニューアイデアの募集は前回もやらせていただいているので、採算が取れなそうなものとか、手間がかかるものとかは避けるようユーザーのみなさんも配慮してくださっているみたいで。スイパラさんならカレーやパスタだろうとか。

 驚いたのは、『カーバンクルのおしり』ですね。あれはなかなか出てこないアイデアだと思います。早い段階からこれいいなって個人的に思っていました。

――お気に入りのメニューは?

 『カーバンクルのおしり』と『アリィの愛のフルーツパフェ』ですね。デザートとして普通においしいです。バゲットやピンチョスもおいしかったな。

 でも、『でかぷよサンド』には驚きました。試食の時よりもサンドが大きくなっているんですよ! ただ、小さかった時は不安定だったので、安定するように大きくしたのかもしれません。

――2020年4月に7周年を迎えるにあたり、新たなシステムが追加されると伺ったのですが。

 12月26日の生放送でどのようなシステムなのか、少しヒントを出そうと思っているので、そちらをご覧ください。現状言える範囲で説明しますと、たくさんのキャラクター需要を高める施策ですね。より遊びやすくなるような新しいシステムをチームで考えています。

――個人的に、素材がまとまるようになって便利になりました。

 あー、あれもずっとやりたかったんですよね。やれることはやりたいと思っていまして、遊びやすくなるように日々ちょこちょこ進化しています。

 今は僕があまり口を出さないようにしていて、弊社の開発運営スタッフと開発運営会社さんでお客様のご意見などを聞きながら、うまくバランスを取っていくスタイルで開発運営が進められています。

――キャラクターが増えて、魅力的なキャラが集まる一方で、アイテムが増えたり、初心者がわかりにくくなったりもしていると感じますが、何か対策などはありますか?

 初心者向けに言うと、現在開催中の『えらべる★6プレゼント』のラインナップに登場するぷよフェスキャラはどれも強いですね。もともと魔導石ガチャにしか登場しなかったキャラクターもラインナップに含まれているので、Webなどにこのキャラがいいという情報などが書かれたページなどもあるので、検索して探してみてください。

 また、さまざまな魔導石ガチャを開催していますが、魔導石も結構配っているので、ぜひ引いてみてください。

――初心者にオススメするキャラクターは?

 初回開催時にはラインナップに含まれていなかった戦乙女アルル、など、あとは☆7に成長するキャラがわかりやすいかと。迷ったらとりあえずぷよぷよシリーズによく登場している主役クラスのキャラを選ぶといいですよ。迷ったら主役級!

――では最後にファンにメッセージをお願いします!

 『ぷよクエ』のリリースから2424日達成、ありがとうございました! もともとアクションパズルじゃない『ぷよぷよ』ってどうなの? っていうところがあったんですが、今もサービスを続けられているのは、『ぷよぷよ』シリーズを長く支えてくださるお客様とぷよクエをプレイして頂いているお客様をはじめ、老若男女さまざまな世代で遊んでいただいているお客様のおかげだと思っています。

 来年2020年はセガが創立60周年なので、それにかこつけて何かできないかなと個人的にはいろいろと考えています。2020年は日本全体が盛り上がる年になると思いますし、翌年の2021年が『ぷよぷよ』30周年の年になるのですが、その前段階として何かできればと思っています。

 あと、『ぷよクエ』を大幅にレベルアップしようかなと考えています。それとは関係なく、今後も進化し続けるぷよクエでありたいと思っているので、これからも開発運営チームやファンのみなさんと一緒に盛り上げていければと思っています。

『ぷよクエ』公式生放送が12月26日に配信!

 12月26日20時より、『ぷよクエ公式生放送~年末特番スペシャル 2019~』が配信決定。MCは菅沼久義さんが担当し、ゲストとして園崎未恵さん、佐倉薫さん、三木晶さんが出演します。

 “年末特番”と題された今回の放送は、『ぷよクエ』の年末年始の情報が盛りだくさん! “生!まんざいデモ”や“生!応援会議”などおなじみのコーナーも用意されています。

ぷよクエ公式生放送~年末特番スペシャル 2019~

■放送日:2019年12月26日20:00~22:00予定

■視聴URL
 ・YouTube Live(登録不要): https://youtu.be/OZ1SEoWM8nU
 ・ニコニコ生放送: https://live2.nicovideo.jp/watch/lv323430284
 ・Periscope: https://www.periscope.tv/puyoquest/

■出演者(敬称略)
 菅沼久義(すけとうだら役、ゴゴット役 他)
 園崎未恵(アルル役、クルーク役 他)
 佐倉薫(ウィッチ役、シルフ役 他)
 三木晶(ラグナス役、ベルナール役 他)

©SEGA

関連する記事一覧はこちら