『遊戯王オフィシャルカードゲーム』のマスタールールが2020年4月に更新

電撃オンライン
公開日時

 12月21日に行われた“ジャンプフェスタ2020”の“遊☆戯☆王最新情報JF2020ステージ”にて、『遊☆戯☆王』シリーズの今後の商品展開について発表されました。

 本ステージでは、『遊戯王オフィシャルカードゲーム』、『遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』、『遊戯王ラッシュデュエル』の情報が発表されています。

『遊戯王オフィシャルカードゲーム』のマスタールールが更新

 ステージでは、2020年以降の商品情報が発表されました。

  • ▲2020年1月11日発売のブースターパック“エターニティコード”。

 BOX購入特典となる“20thシークレットレアFINAL CHALLENGE PACK”の収録カードも公開。20thシークレットレア仕様の“青眼の亜白龍”や“ユベル”など、人気のカードが特別レアリティで入手できる魅力的なキャンペーンとなっています。

 さらに、2020年4月から施行されるマスタールールの更新が発表されました。

 大きな変更点として“融合・シンクロ・エクシーズモンスター”をエクストラデッキから特殊召喚する場合、エクストラモンスターゾーンだけではなく、メインモンスターゾーンにも召喚できるようになり、プレー戦術の幅が広がるルール更新となります。

 また、新ルールが体験できるイベントが2020年1月11日から全国の店舗で開催されます。

『遊戯王デュエルモンスターズレガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』が無料アップデート

 海外版『Yu-Gi-Oh! TRADING CARD GAME』をベースとした対戦型カードゲーム『遊戯王デュエルモンスターズレガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』が2020年に進化します。

 また、PS4、Xbox One、Steamでも発売が決定されました。

収録カード多数追加

 “水晶機巧-ハリファイバー”、“ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード”、“I:Pマスカレーナ”など人気カードを含む、カードプールが大幅追加されます。

 収録カードは1万種を超えます。

  • ▲“水晶機巧-ハリファイバー”。
  • ▲“ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード”。
  • ▲“I:Pマスカレーナ”。

『遊☆戯☆王VRAINS』のキャラクターが続々登場

 “Ai”や“リボルバー”、“Soulburner”など人気キャラクターが追加。総勢150名以上のデュエリストが登場します。

  • ▲“Ai”。
  • ▲“リボルバー”。
  • ▲“Soulburner”。

アニメ新シリーズ『遊☆戯☆王SEVENS』が来年放送

 2020年4月からテレビ東京系列にてアニメ新シリーズ『遊☆戯☆王SEVENS(セブンス)』の放送が決定しました。

 『遊☆戯☆王SEVENS』ではこれまでにない新たなルール“ラッシュデュエル”を採用。それに合わせてオリジナルのカードゲーム新シリーズとなる『遊戯王ラッシュデュエル』が展開されます。

 主人公はシリーズ初となる小学生デュエリスト、王道遊我(おうどうゆうが)。自分の発明を“ロード”と呼び、日々いろんなロードを開発する小学5年生。大人たちが管理するデュエルをキュークツだと感じていた遊我は、誰もが楽しめる新しいルール“ラッシュデュエル”を開発します。

 カードもオリジナルデザインとなり、新たな遊び方を提供する新商品『遊戯王ラッシュデュエル』はアニメと同じく2020年4月に商品が展開されます。

“ラッシュデュエル”対応カードが登場

 “ラッシュデュエル”のために作られた分かりやすくて魅力的な新カードが登場します。加えて“青眼の白龍”など遊戯王ファンに馴染みの深いレジェンドカードがラッシュデュエル専用カードとして登場することも。

新ルール“ラッシュデュエル”

連続召喚

 1ターンでモンスターを何体でも召喚可能。低レベルモンスターを大量に召喚できるだけでなく、そこから更に高レベルモンスターの召喚に繋げる等、今までに無い戦術が楽しめます。

 手札を好きなように駆使できるので、スピード感と爽快感のあるデュエルが展開できます。

大量ドロー

 「俺のターン!ドロー!」と共に、一気に手札補充が可能。毎ターン手札が5枚になるようにドローできるので、劣勢になっても逆転のチャンスが掴みやすくなります。

  • ▲“セブンスロード・マジシャン”。
  • ▲“連撃竜ドラギアス”。

※カードは開発中のものです。

©2019 Konami Digital Entertainment