配信直前の『最果てのバベル』に鋭く迫る先行プレイレポートをお届け!

電撃オンライン
公開日時

 『最果てのバベル』は、コロプラによるスマートフォン向けRPG。シナリオを『ファイナルファンタジーVII』や『Dragon's Dogma Online』の野島一成氏、音楽を『ファイナルファンタジーXII』や『伝説のオウガバトル』の崎元仁氏といった著名クリエイターが手掛けており、発表時から話題になっている作品です。

 電撃オンラインでは4月にも本作のプレイレポートをお届けしましたが、事前ダウンロード開始直前の今回はもう少し内容に踏み込んだ記事を、あらためてお届けしていきたいと思います。前回のレビューと合わせてチェックしてもらえればと思います!

伏線の散りばめられた謎多き世界に引き込まれる

 せつなく心を打つ物語などを手掛ける野島一成氏がシナリオを担当する本作。物語は生まれたときから部屋に閉じ込めらたライが、とあるきっかけで部屋の外に飛び出して、鳥籠に幽閉されていた少女のマイリージャと出会うところからスタート。外へと足を踏み出したライが、世界の全貌に迫っていく物語が描かれていきます。

 物語の舞台は、文明を失いかけた人間が住み着く巨大な階層都市“バベル”。なぜこのバベルに人々は閉じ込められて住んでいるのか、ライやマイリージャはどうして隔離されていたのかなど、多くの謎をはらんだまま物語は進んでいくことになります。

 ただ、「これはもしかして伏線じゃないのか?」と思わせるようなセリフがあったり、謎を含んでいるゆえに予想できないストーリーが展開したりするため、物語の先がかなり気になります。

  • ▲ファンタジーでありながら、スチームパンクの雰囲気も混じった世界観になっている本作。
  • ▲物語を進めていくことで、少しずつ主人公や世界の謎が明らかになっていきます……。

 主人公のライが長い間閉じ込められたとは思えない明るい性格をしているため、最初こそ明るいストーリーが展開しますが、世界に隠された残酷な設定が明かさていくことで、流れは変わっていき……。ぜひ、ここから先は実際にゲームをプレイして、確認してみてもらえたらと思います。

  • ▲物語のなかで、キャラクターたちのことも深掘りされていきます。

 本作のパーティメンバーはメインストーリーを進めていれば仲間になります。またスタミナもないので、自分のペースでゲームを楽しむことができます。

 そのため、スマホアプリ感はあまりなく、コンシューマ向けに出たRPGをプレイしているような楽しさを感じられるのも本作ならでは!

 また『白猫プロジェクト』や『バトルガール』を手掛けたコロプラの新作というだけあり、温かみのあるグラフィックも健在。自然のあふれる森や冷たい雰囲気の地下施設など、雰囲気の異なるダンジョンが登場するので、探索するのが楽しいです。

 また、崎元氏らしい音楽も世界観を彩る素晴らしい要素となっています。ぜひイヤホンなどで音楽を聴きながら世界観を感じてみてもらいたいですね。

 仲間になるキャラクターは強気な女の子のマイリージャをはじめ、明るくおせっかいなポッケや兄貴分のムードメーカー・イタクなど、魅力的なキャラクターが多数登場します。

 キャラクターのイラストも素晴らしく、プレイしていてより好感がわくとと間違いなしです。キャラクターたちによって、より物語にハマれることでしょう!

昔ながらのターン制バトルにハマる!

 バトルに関してはエンカウント方式で、ターン制のコマンドバトルで進行します。レベルを上げればボスを倒しやすくなることや属性の相性を利用すれば強敵に勝てることなど、昔ながらのRPGが好きな人ならハマれる要素はしっかりと踏襲!

 一方で、移動からバトルにシームレスで移行したり、バトルのスピードを変えることができたりと、テンポのよさも魅力。最新のスマートフォンゲームならではの便利なシステムになっています。

 敵にはブレイクゲージというものが存在しています。攻撃を当てるごとにブレイクゲージがたまっていき、ゲージが最大になるとブレイク状態に! ブレイクすると相手に与えるダメージが増加するので、ボス戦ではこのゲージが重要になってきます。

 さらにブレイク状態になった敵のブレイクゲージをためることで、ダウン状態にすることも可能。一方的に攻撃をたたき込むことができるため、かなり爽快感のあるバトルを楽しめます。

  • ▲攻撃や防御、スキルを選択してターンを進めます。オートも存在するので、レベル上げもラクチンです。
  • ▲弱点となる属性は、ひと目でわかるようになっているので便利!

 さらに本作ではジョブが存在! このジョブによって装備できる武器や発動できるアクションスキルが変わってきます。ジョブはタンサと呼ばれる装置でゲットできますが、メイン、サブ、サポートに設定でき、どの職業をセットするかによってキャラクターのバトルでの役割も大きく変わってきます。

 手に入れた職業の組み合わせで、ダンジョンやボスを攻略する戦略を考えるのが楽しいところですね。ジョブはそれぞれに2D&3Dグラフィックが用意されており、そちらを見ているだけでも満足感を与えてくれます。

  • ▲サポートに関しては自分のジョブだけでなく、他人のジョブを設定することもできます。
  • ▲さまざまな陣形があるので、キャラクターの役割に合わせて変更しましょう。

 先が気になるストーリーとやり込みがいのあるシステムが魅力の『最果てのバベル』。“RPGらしい”ゲーム性となっているので、ゲーム好きなら一度はプレイしてみてほしい作品ですね。

(C)2018-2019 COLOPL,Inc.