ここじゃあ、俺らもお前らも!! みんな同じヒーローだろうが!!!(佐海)【ワヒロ名言集】

長雨
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスのシチュエーションスタイルRPG『ワールドエンドヒーローズ(ワヒロ)』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

ここじゃあ、俺らもお前らも!! みんな同じヒーローだろうが!!!(佐海)

●メインストーリー第2章“5つめの学校”第35話“残り時間”


 第8回目は、正義感が強い常識人ヒーロー・佐海良輔(声優:内山昂輝)の熱い名言を見ていきましょう。

佐海は崖縁工業高校の1年生で、マイペースな先輩2人とマジメ過ぎて少しずれたところのある友人・三津木慎(声優:天﨑滉平)の3人に振り回されつつ、日々努力しています。

 人体強化によって敵である喰核生命体イーターを感知する能力を手に入れ、第六感も鋭くなったそうです。

 白星第一学園の伊勢崎敬(声優:内田雄馬)やラ・クロワ学苑の霧谷柊(声優:小林裕介)と同じ間宮養護施設の出身で、現在は大切な妹と2人暮らし。冷蔵庫のものでパパッと食事を用意できる料理上手で、仲間たちからも好評です。

 彼は“弱い者を守るヒーロー”になるべく活動をしており、努力も惜しまないまさに正義の味方です。

 そのため昔は体が弱く運動も苦手で“守られるべき立場にある”と思っていた三津木がヒーローになると決めたときは、誰よりも強く反対します。

  • ▲メインストーリー第1章“認可試験”第5話“リスク”より。

 三津木の能力を否定するというより、ヒーローの過酷な現実を知っているからこそ本気で心配し、止めようとするのは佐海の優しいところです。

 また、ちゃんと三津木の覚悟を聞いて受け止め、ヒーローになったあとは信頼し、クラスメートたちにもしっかり伝えてあげるところがなんとも佐海らしいです。

  • ▲メインストーリー第3章“終わる世界”第60話“記憶と感覚”より。

 彼のヒーローに対するぶれない姿勢が感じられるのが、第35話“残り時間”。

 “各地区をまとめる認可代表校”という制度に不満を抱いていた学校が、ある人物の先導によって反乱を起こします。相手の策略で3年生(+留年組)がほぼ活動できなくなり、後輩ヒーローたちは自分たちで対処することになったのでした。

  • ▲メインストーリー第2章“5つめの学校”第30話“バラバラの戦い”より。

 そのなかで佐海は、敵対している認可外の学生をイーターから助けます。驚く相手に対して彼は「(立場は違っても)みんな同じヒーローだろうが!!!」と言い、出来ることをやるように告げます。


 対立関係になっても“ヒーロー”である以上、共通の敵イーターを前にしたら協力できると佐海は信じているんですね。その気持ちが通じて、彼らは共闘して事態の解決に挑むのでした。

 “ヒーロー”を信じている佐海の真っ直ぐさは、過酷な戦いの中でも指揮官を励ましてくれる心強い存在に。

 大切な妹、そして守るべき人たちのために戦う佐海を、ぜひ仲間たちと一緒に支えてあげてください。

  • ▲メインストーリー第3章“終わる世界”第68話“目的が一緒である限り”より。

© 2018, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金