『龍が如く7』では神室町をドラゴンカートで爆走できる!

電撃オンライン
公開日時

 セガゲームスは、2020年1月16日に発売するPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方(龍が如く7)』の新プレイスポット“ドラゴンカート”に関する情報を公開しました。

  • ▲東京・神室町のコースは横浜・伊勢佐木異人町とはどのように異なっているのでしょうか。

 本作は、人気タイトル『龍が如く』シリーズのナンバリング最新作。新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で、新主人公・春日一番が巻き起こす物語が展開します。バトルは、ケンカアクションとRPGコマンド選択システムが融合した“ライブコマンドRPGバトル”となっています。

 ドラゴンカートは横浜の街を走るレースですが、とある条件をクリアすると神室町でも走ることができるようになります。

 ドラゴンカートはグランプリ(=大会)を実施しており、レースに勝利し続けると、より上のグランプリに出場することができます。グランプリは全部で4つあり、最難関のグランプリが神室町を舞台にしたドラゴンカップです。

 ドラゴンカップに挑戦するためには、カートをかなりアップグレードし、レーステクニックを磨いていく必要があります。カートを強化し、テクニックを磨いてグランプリを制覇し、最速のレーサーを目指しましょう

“ドラゴンカート”ストーリー

 横浜の街を舞台に、改造カートで爆走する爽快感あふれるプレイスポットがドラゴンカート。春日がドラゴンカートにかかわるようになったきっかけと、できることを紹介する。

 浜北公園のドラゴンカートの受付近くを歩いていると、藤沢という男に話しかけられ、横浜の街を改造カートで走るドラゴンカートを勧められる春日。

  • ▲藤沢に誘われ、ドラゴンカートに参加する春日。

 お試しで走ったレースでドラゴンカートの楽しさを知った春日だったが、春日の走りを見ていたレーサーたちに煽られたことで闘争心に火が付き、熾烈なレースに身を投じていくこととなる。

  • ▲ライバルたちに煽られ、春日の闘争心に火が付く。覆面を被った男がいたり、ライバルは個性的なキャラクターばかり。

  • ▲ライバルたちとの闘いは、火花を散らしながらぶつかり合うデッドヒートが繰り広げられる。

ドラゴンカートのコースにあるギミック

 ドラゴンカートの上位コースには“ジャンプ台”や“爆発ドラム缶”、侵入してしまうとスピードが出なくなる“ダートゾーン”、電流が流れている“ダメージゾーン”など、レースをさらにスリリングにするコースギミックが配置されています。

 道を塞いでいる“爆発ドラム缶”をガトリングガンで破壊したり、“ジャンプ台”で飛び越えたりと、ただ走るだけじゃないエキサイティングなレースを楽しむことができます。

  • ▲目の前を塞ぐ爆発ドラム缶。ぶつかったら一撃でカートがダメになってしまいそうです。

カートのセッティング

 お金を支払うことでカートの走行性能やレース中に手に入れられる武器アイテムの使用回数などをアップグレードすることができます。

 カートごとに加速性能の伸びや耐久力などに違いがあるので、アップグレードすることでさらに個性が出てきます。

  • ▲お金をつぎ込むことでカートの性能を上げることができます。

ネットワーク機能と景品について

 グランプリ以外にもタイムアタックモードがあります。ネットワークに接続してプレイすると、各コースのタイムアタック記録をデイリーランキングに登録でき、他のプレイヤーとタイムの早さを競うことができます。

 1日の終わりにランキングが確定し、翌日にはその順位に応じた報酬がもらえます。

  • ▲タイムアタックモードがあり、記録を他のプレイヤーと競えます。

アイテム交換

 コース上に落ちているリングを集めることでアイテムと交換することができます。春日たちの能力値を上げるアイテムやジョブのランクを上げるアイテムなどを入手できるので、ドラゴンカートで遊ぶことでも春日や仲間たちを強化できます。

  • ▲レースで集めたリングは、春日たちを成長させるアイテムと交換できます。

※画像は開発中のものです。
©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税