『龍が如く7』岡本信彦さんが役作りで考えたこととは

電撃オンライン
公開日時

 セガゲームスは、2020年1月16日に発売するPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方(龍が如く7)』のインタビュー映像第6弾を公開しました。

 本作は、人気タイトル『龍が如く』シリーズのナンバリング最新作。新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で、新主人公・春日一番が巻き起こす物語が展開します。バトルは、ケンカアクションとRPGコマンド選択システムが融合した“ライブコマンドRPGバトル”となっています。

 動画では、12月24日に放送された“セガなま”で、新主人公・春日一番の仲間キャラクターとなることが発表となった、武闘派の中国マフィア“横浜流氓”の総帥“趙天佑”役を演じる岡本信彦さんが、本作出演への思いを語っています。

 出演が決まった時の感想や岡本さんが語る趙の性格やバトルの特徴などに注目です。



※画像は開発中のものです。
©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税