『龍が如く7』春日一番と対峙するNPO団体のキャラを紹介

電撃オンライン
公開日時

 セガゲームスは、2020年1月16日に発売するPS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方(龍が如く7)』の新たな情報を公開しました。

 本作は、人気タイトル『龍が如く』シリーズのナンバリング最新作。新たな舞台“横浜・伊勢佐木異人町”で、新主人公・春日一番が巻き起こす物語が展開します。バトルは、ケンカアクションとRPGコマンド選択システムが融合した“ライブコマンドRPGバトル”となっています。

 公開されたのは、主人公・春日一番と対峙することになるNPO団体“ブリーチジャパン”と、現・東京都知事である青木遼をはじめとしたブリーチジャパンの関係者の情報です。

新たな組織“ブリーチジャパン”と新キャラクター

 社会に存在するさまざまな“グレーゾーン”を駆逐し、オープンで健全な社会を作るべく活動しているNPO団体。現・東京都知事である青木遼が初代代表として携わっていたこともあり、NPO団体ながら全国的に高い知名度と影響力を誇ります。

  • ▲春日が対峙することになる新たな組織“ブリーチジャパン”。

 現在、違法風俗店などの“グレーゾーン”が多く残る伊勢佐木異人町を標的としており、精力的に活動を行っています。

青木遼(あおきりょう)[出演:鳥海浩輔]

 現・東京都知事。NPO法人・ブリーチジャパンの設立者であり、初代代表として名声を得て政界へ進出。史上最年少都知事として当選した後、“神室町3K作戦”により東城会の壊滅を成し遂げ、一気に時代の寵児となります。

 総理大臣になる日も遠くはない、とも言われるほど、老若男女から圧倒的な支持を得ています。

小笠原肇(おがさわらはじめ)[出演:新垣樽助]

 現・ブリーチジャパン代表。ブリーチジャパン創設メンバーの1人です。最近ではメディア露出も増え、団体とともに知名度を上げています。

久米颯太(くめそうた)[出演:平川大輔]

 ブリーチジャパン横浜支部長。“グレーゾーンを漂白する”というブリーチジャパンの理念に心酔しています。組織のためなら暴力的な行動も厭わない、危険な一面も。

※画像は開発中のものです。
©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税