麻倉ももさん、雨宮 天さん、夏川椎菜さんがアニメ『マギレコ』の魔法少女を演じた感想は?

長雨
公開日時

 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)』はアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』と同じ世界観のもと、新たな舞台・神浜市の魔法少女たちの物語を描いた大人気スマートフォンゲーム。

 そのTVアニメ化作品が、1月4日より好評放送中です。物語がついに動き出し、続きを早く見たいという気持ちが募っているファンの方も多いのではないでしょうか?

 今回は12月23日に新宿バルト9で開催された第1話&第2話の先行上映会&キャストトークショーを振り返り、アニメの見どころやキャスト陣の想いを紹介していこうと思います。

アニメの収録だからこそ生まれた芝居の変化

 トークショーには環いろは役の麻倉ももさん、七海やちよ役の雨宮 天さん、由比鶴乃役の夏川椎菜さんが出演。ちなみに『マギレコ』のゲームでのイベントでそろうことはあったものの、アニメイベントで3人がそろうのは今回が初めてだったそうです。

 最初の挨拶で麻倉さんが観客に第1話&第2話の感想を聞くと、大きな拍手が!! すでに1月4日よりテレビ放送がスタートしているのでご覧になった方も多いと思いますが、アニメは魔法少女たちの華麗な戦いや看板などの小ネタなど、ファンなら思わず唸ってしまいステキな作品に仕上がっていて、思わず大きな拍手をしてしまうのも納得です。

 トークショーの時点では、雨宮さんも第2話を観たてほやほやだったそう。また夏川さん演じる鶴乃は出番が少しだけ先ということで「エンドロールに名前が載っていませんでした」と笑いを誘いつつ、1ファンとしてとても楽しみにしていると作品への期待を語ってくれました。

 さて、最初のトークテーマは、「ご自身の役に決まったときの感想や第一印象」です。

 麻倉さんはいろはについて自身と似ていたり、シンパシーを感じる部分があり、(役に)入りやすい子だと感じたとのこと。「原作の『魔法少女まどか☆マギカ』がずっと愛されている作品のため、プレッシャーもあったんですが、この子となら乗り越えていけるかな」と思ったそうです。

 雨宮さんは「やちよは物語の序盤は冷たくて、少し強引な子でクセものな女の子かな」と思ったそうですが、心の内を知るほど彼女の味方でいたいという気持ちになり、加速度的に好きになったキャラクターだと話します。

 重い本編のストーリーや暗い過去を持つ魔法少女が多いなか、「鶴乃は初登場時から空気が読めていなくて大丈夫かなと思いました」と、彼女をよく知るからこその感想を語る夏川さん。

 鶴乃の存在によって空気がよくなり、いい化学反応が起きるといい演じていて楽しいそうです。また夏川さんは「なかに秘めた強さと、隠してしまう弱さ」と鶴乃の持つギャップにも触れ、アニメでも注目してほしいと話していました。

 続いて、「アニメとゲームで作品の印象は変わりましたか?」という質問には、1人で収録するゲームとは全然違うと3人とも口をそろえます。

 雨宮さんは、よりキャラへの理解が深まると言い、掛け合いをするのとしないのでは演じ方が全然違ってくるそうです。やちよでは特に、彼女にとって大事な存在である梓みふゆとのシーンでそう感じたと言います。

 夏川さんは深月フェリシア役の佐倉綾音さんと掛け合いをしたとき、「フェリシアって本当にかわいいな」と思いキャラクター愛が増したそうです。ゲーム本編でも姉妹のように微笑ましい2人が、アニメではどんな会話を見せてくれるのか登場が待ち遠しいですね!

 いろははゲーム本編でかなり成長したため、麻倉さんは第1話を収録したときに「こんな子だった」と初心に戻った気持ちになったとのこと。序盤のいろはは人と一定の距離を取っているキャラクタ―のため、掛け合いで演じるのはやりやすかったそうです。

 そして、「今後注目してほしいシーン」では、物語のカギ握っている“うわさ”の話に!

 夏川さんは日常のなかに紛れ込む不気味なシーンが、本作の世界を表していると語ります。雨宮さんも魔女に捕われた人たちが歩くシーンで、まるで物のような独特な音がついている点に注目し、この表現ができるのは本作だけだと絶賛。

 また、うわさについて語られるナレーション部分はつかみどころがなく、でもどこかで聴いたことのある声なのがリアルだと言う話で盛り上がる場面も! どんな声かは、ぜひアニメで確かめてみてくださいね。

麻倉さんたちが、もしも魔法少女になるとしたら?

 本作は魔法少女たちの物語ということで、次の質問は「どんな魔法少女になりたいか?」です。

 雨宮さんの「絶対にチームで行動したい」と言う声に、1人はいやだと麻倉さんと夏川さんも賛同。

 戦闘スタイルについて話すなかで、あまり戦いたくないという麻倉さんは回復タイプ、雨宮さんはやちよのような戦い方が楽しそうと前衛タイプ、夏川さんは俊敏に動けるタイプにバランスよく分かれ、3人のチームとしての相性のよさが現れた結果となりました。

 そんな3人のユニットTrySailが歌う主題歌『ごまかし』が、1月4日にデジタルリリースされることが発表され、客席からは大きな拍手が起こります。

 『ごまかし』という曲について夏川さんは「ガラス細工のような曲で、すぐに壊れちゃいそう。儚いイメージが作品にキャラクターにも合っている」、雨宮さんは「世界観を知っているので、みんな自然と必死な歌い方になりました。つねに崖っぷちにいるような……。繊細なところが少女を表していると思うんですけど、不穏な空気があるメロディと曲の世界観が『マギレコ』です」と作品の魅力が色濃くでている楽曲だと話してくれました。

 麻倉さんは収録のときに“不安定感”を大事にしたそうです。また3人で歌うパートでも、“孤独感”があるように歌っているそうなので、アニメを見る際は気をつけて聴こうと思います。

 そして、イベントの最後には、3人から挨拶がありました。

 夏川さんは「私も1ファンとしてすごく楽しみにしています。鶴乃も活躍するので見てほしいし、みかづき荘のみんなの活躍も目に焼き付けていただきたいと思います。よろしくお願いします」とコメント。

 雨宮さんは、「(2話までは)やちよは無感情、無表情が多い。でも、いろはたちと関わっていくことで、いろんな表情を見せていきます。ゲームのやちよよりも、自然に表情が声に乗っていくお芝居ができていると思います。みんなの関係性や彼女たちの運命がどうなるのか、楽しみにしていただけたら嬉しいです」と語っていました。

 そして麻倉さんは、「1回ではすべてを理解できない世界観になっていると思っていて、みなさんに何度でも見てほしいです。見るといろんな発見がある作品になっています。3話からもいろいろな魔法少女が出てきますし、私たちみかづき荘も成長していくと思いますので、成長を見届けていただけると嬉しいです」とコメントしていました。

 ゲーム本編をベースにしつつも、また違った魔法少女たちの成長、ドラマが見られるアニメシリーズ。

 物語の面白さは今後もどんどんと勢いを増していきますので、ぜひ最後まで彼女たちの戦いを見守りましょう!

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

  • メーカー: アニプレックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年8月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金