明日公開の劇場版『メイドインアビス』舞台あいさつで富田さん「100%以上の愛情とパワーでできた作品」

伊藤誠之介
公開日時
最終更新

 2020年1月17日よりスタートする劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』の公開に先駆けて、2019年12月28日にEJアニメシアター新宿で、同作の完成披露イベントが開催されました。ここでは上映後の出演声優陣による舞台あいさつを中心に、会場の模様をお届けします。

 劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』は、2017年に放映されたTVアニメ『メイドインアビス』の新たな物語を描いた完全新作です。秘境の大穴「アビス」の奥底深くを目指して進むリコとレグは、途中で出会った“成れ果て”のナナチとともに、黎明卿ボンドルドの待つ深界五層へと足を踏み入れますが……。

 本作の世界初公開となる完成披露上映に続いて、上映後の舞台あいさつには、リコ役の富田美憂さん、レグ役の伊瀬茉莉也さん、ナナチ役の井澤詩織さんのメインキャスト3名が登壇しました。

 TVシリーズを見ていた人はおわかりのとおり、『メイドインアビス』では可愛い絵柄に反して、かなり重厚なドラマが展開されます。そのため富田さんたち3人は、鑑賞を終えた観客のテンションが心配だった様子。

 ゲストの登場とともに歓声を上げる観客の姿を見て、「思ったよりみなさんが元気で安心しました(笑)」と喜んでいました。

熱心な観客の“愛”に、声優陣も思わずモノマネで返答!?

 『メイドインアビス』は、2019年1月にTVシリーズ総集編の劇場版前後編が公開されてから、ちょうど1年ぶりに本作でスクリーンに戻ってくる形になります。舞台あいさつはまず、新作劇場版の公開を迎えるまでの心境についての質問からスタートしました。

 「新作劇場版をやると聞いて、怖くはあったんですけど、早く演じたいというワクワク感のほうが強かったです」と富田さん。アフレコに万全な体調で挑むために、ありとあらゆる栄養ドリンクをそろえていたのだそうです。

 伊瀬さんによると、2019年には国内のみならず海外で『メイドインアビス』のイベントに参加する機会が多く、今回のゲストの3名も、たびたび顔を合わせていたとのこと。

 「なので収録の時も“ONE TEAM”で(笑)、いい雰囲気でアフレコできたんじゃないかなと思います」と、2019年の流行語を交えて語っていました。

 「TVシリーズの再放送も、各局でやっていただいたので」と井澤さん。「再放送から見て、会場に来ましたっていう人はいます?」と客席に聞いたところ、チラホラとしか手が挙がりませんでした。今回の完成披露上映は、チケット発売後10分で完売するほどの人気だったので、客席に詰めかけているのは本放送から熱心に追いかけているファンが大半だったようです。

 それを聞いた声優陣は「愛だ、愛ですね」と思わず口にして、そこから「おやおやおや」と、劇中で森川智之さんが演じているボンドルドのモノマネが始まり、会場は笑いに包まれました。

 ちなみにボンドルドのモノマネは、以降もこの舞台あいさつで披露されていて、どうやらキャストのみなさんのお気に入りになっているようです。

 続いては、完成した作品を見た感想について。「語彙力が足りなくて、こんなに悔しい思いをすることはないよ、って思います」と、井澤さんは感想を言葉で伝えるのが難しい様子でした。

 伊瀬さんは、画面に色がついていないアフレコの時に想像していた以上の映像になっていて、本当に驚いたとのこと。「息が白くなっていて“ここの空間は寒かったんだ”とか、アビスの全容がこんなにスゴイ世界観だったんだ」と、その驚きを語っていました。

 これについては富田さんも、「特にレグのバトルシーンは、絵コンテの状態だと私たちも把握しづらいところがあったので、ぜんぜん違いましたね」と驚いていたようでした。

 「原作のつくしあきひと先生が描き込んでいる情報量が、そのまま映像になっていますよね」と伊瀬さん。「スタッフの方々がどれだけ心血を注いで作ってくれたのかと思うと、本当に頭が上がらないです」と、作品への思いを改めて語ってくれました。

2日間の収録でヘトヘトに。でも本音は……

 新作劇場版のアフレコは、夏に、2日間に分けて収録されたそうです。その時の思い出を聞かれると、富田さんは「まる2日、みんなでスタジオに籠もって、合宿みたいでしたよね」と語っていました。

 なかでも1日目は、朝10時から夜の11時半ぐらいまでみんなで演じ続けていたそうで、「身体は元気なのに、だんだんしゃべれなくなってきた」とのこと。

 ところが井澤さんによると、それだけ苦労したアフレコでも、ラストシーンの前になると全員が「これを録ったら終わっちゃう!」と、まだやめたくないという気持ちになっていたそうです。これについては伊瀬さんも、「冒険を終わらせたくない、アフレコを終わらせたくない、という気持ちが強かったです」と語っていました。

 またアフレコは、登壇した3名だけでなく、ボンドルド役の森川智之さんや、プルシュカ役の水瀬いのりさんも一緒に参加したとのこと。とくに伊瀬さんが演じるレグは、森川さんが演じるボンドルドと直接対決する場面があるため、いろいろと感慨深かったようです。

 「森川さんは優しい声色なのに淡々としていて、その中に絶妙に恐怖をはじめいろんな感情を織り交ぜてくる、素晴らしいテクニックに圧倒されました。でもレグとしては、それに負けないぞ! と立ち向かっていくアフレコでした」と、伊瀬さんはアフレコを振り返っていました。

 ちなみにこの劇場版には、TVシリーズでもおなじみだったアビス内の奇怪な生物を調理する、通称“リコ飯”もしっかり登場します。具体的にどんな料理なのかは見てのお楽しみですが、キャストのみなさんは口をそろえて「すごい気持ち悪かった」と語っていました。

劇場版のフィルムに焼きついているものとは

 ステージでは、アニメに直接関係のない質問も行われました。まずはアニメの中で語られる探窟家の“ロマン”にちなんで、「みなさんのロマンはなんですか?」という質問。

 「夢はあるけどロマンは難しいですね」と3人が悩むなか、井澤さんは「年末ジャンボ宝くじを買いましたので、ぜひ当たっていただきたい(※2019年12月時点)」と語って、客席から拍手を浴びていました。

 伊瀬さんは、仕事でシンガポールに行く機会があった際、マリーナ・ベイサンズという有名なホテルを訪れたのだそうです。ここには“インフィニティプール”という、空に浮かんでいるように見えるプールがあるので水着を持って行ったら、そこには宿泊者しか入れなかったとのこと。なので「いつかそのプールに入りたいです」と語っていました。

 最後の富田さんは「ロマンだから何を言ってもいいと思って言いますね」と前置きしつつ、「巨大なプリンに寝転がりたい(笑)」と回答。

 「どんなプリンがいいの?」という井澤さんの質問に、富田さんは「とろとろプリン」と答えて、伊瀬さんと井澤さんから「沈むじゃん!(笑)」とツッコまれていました。

 続いては、みなさんの2019年を代表する漢字は? という質問です。富田さんは「2019年は成人した」ことから「成」と回答。井澤さんは「最近、驚くことがいっぱいあったので」ということで「驚」と答えていました。

 そして伊瀬さんは、「『アビス』で始まって『アビス』で終わる1年を、あっという間で駆け抜けた」ということで、「駆」の漢字を挙げていました。

 ゲストと観客のみなさんによる記念撮影を、「レッツ、成れ果て!」のかけ声で行ったあと、いよいよ最後のあいさつとなりました。

 「こんなにコミュニケーションをたくさん取りながら作品を宣伝する機会もあまりないので、思い入れ深くなっちゃうんですけど、とにかくいろんな人に楽しんでほしいという気持ちが大きいです。今日楽しかったというのを、みんなに教えてあげてください」と井澤さん。

 「念願のボンドルド編を劇場版という形でみなさんにお届けできて、夢が叶った気持ちでいっぱいです」と伊瀬さん。「役者もそうですけど、スタッフさんも本当に原作の『メイドインアビス』が大好きで、フィルムに愛が焼きついているので、それがみなさんにも届いているんじゃないかと思います」とのことでした。

 「作品を見ていただいたらみなさんにも十分伝わったと思うんですけど、スタッフさんも我々役者陣も今できる限界というか、100パーセント以上の愛情とパワーを注ぎ込んでできた劇場版だと思っています。こんなにもワクワクした気持ちでアフレコに臨めたのがすごくすごく嬉しかったです」と富田さん。

 そして最後に、「ぜひたくさんの人に「『メイドインアビス』やべーぞ!」「見なきゃ損だぞ!」と伝えていただいて、みなさんの心に残る劇場版になれたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします!」と富田さんが語って、イベントを締めくくりました。

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』作品概要

【公開情報】2020年1月17日劇場公開

【スタッフ】(敬称略)
原作:つくしあきひと
監督:小島正幸
副監督:垪和等
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン:黄瀬和哉(Production I.G)
総作画監督:齊田博之
エフェクト作画監督:橋本敬史
生物デザイン:吉成鋼
デザインリーダー:高倉武史
アクションアニメーター:酒井智史、杉田柊
美術監督:増山修(インスパイアード)
美術設定:西俊樹、菱沼由典、平柳 悟
色彩設計:山下宮緒
撮影監督:江間常高(T2スタジオ)
音響監督:山田陽
音響効果:野口透
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光
音楽制作:IRMA LA DOUCE
音楽制作協力:KADOKAWA
アニメーション制作:キネマシトラス

【キャスト】(敬称略)
リコ:富田美憂
レグ:伊瀬茉莉也
ナナチ:井澤詩織
ボンドルド:森川智之
プルシュカ:水瀬いのり

(C)つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会