異形の姉弟愛を描いた『姉なるもの』アニメ化

電撃オンライン
公開日時

 KADOKAWAは、飯田ぽち。先生による漫画『姉なるもの』のアニメ化(OVA)を決定しました。それを記念した大型広告を新宿駅構内にて展開中です。また、コミックス第4巻が1月10日に発売します。

  • ▲アニメ化決定告知イラスト

 両親を事故で失い、親戚の家を転々とする孤独な少年・夕と、彼の前にある日突然現れ「姉になって欲しい」という彼の願いに応え、“千夜”という名で人の形をとった異形の美女……。

 そんな夕と千夜の“異形の姉弟愛”を描き、1月10日に発売される最新4巻をもって発行部数が累計75万部(紙本と電子書籍の合算数字。2020年1月現在)を突破した人気シリーズ『姉なるもの』が、この度、2020年にOVAとしてアニメ化することが決定しました。

 キャスト情報ほか詳細については、後日発表されます。

『姉なるもの』第4巻1月10日発売

著者:飯田ぽち。先生
発売日:1月10日
定価:本体620円+税
レーベル:電撃コミックスNEXT
発行:KADOKAWA

  • ▲第4巻収録エピソード抜粋。猟犬・陽(ハル)との邂逅が、姉弟の生活に変化をもたらす。

新宿駅にて巨大広告を展開中!

 アニメ化を記念して、描き下ろしイラストを大きくあしらった広告が、新宿駅構内にて期間限定で掲出中です。

  • ▲新宿駅広告イメージ。

掲出期間:1月6日~12日
掲出場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード
※本広告の内容について、駅係員へのお問い合わせはご遠慮下さい。
※広告についてのお問い合わせは、KADOKAWA公式サイトの“お問い合わせ”から“KADOKAWA カスタマーサポート”までお願いします。

©2020 飯田ぽち。 /テケリスタジオ/KADOKAWA/姉なるもの製作委員会