僥倖でござる!! 翹望でござる!! これぞ雀躍でござる!!(柘榴)【クロス×ロゴス名言集】

カワチ
公開日時

 アニプレックスとカヤックのiOS/Android用アプリ『クロス×ロゴス』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

僥倖でござる!! 翹望でござる!! これぞ雀躍でござる!!(柘榴)

●柘榴の書/姫の侍

 今回はサイドストーリー“柘榴の書”の“姫の侍”より、柘榴の名言をピックアップ。

 これまでメインストーリーから名言をピックアップしてきましたが、本作はサイドストーリーも必見。各キャラクターの知られざる過去が明かされるので、こちらを読み進めることでキャラクターの理解が深まり、さらに好きになります。

 柘榴のストーリーは彼女とマクガフィンが出会い、司書になるまでのシーンが描かれることに。

 マクガフィンがやってきて自分が司書に選ばれたことをよろこぶ柘榴。「僥倖でござる!! 翹望でござる!! これぞ雀躍でござる!!」と司書を目指していた人物ならではの語彙力で感動を表現します。

 自分は僥倖(ぎょうこう)はわかりましたが、翹望(ぎょうぼう)と雀躍(じゃくやく)は読み方すらわからず、辞書を引いてしまいました(苦笑)。

 ちなみに僥倖は思いがけない幸いという意味で、翹望は首を長くして待ち続けること、雀躍はこおどりして喜ぶことを意味するそうです。

 「なんと涼やかな声音でござろうか!」「なんと艶めかしい髪でござろうか!」「なんとあでやかな着物でござろうか!」とマクガフィンを褒める柘榴。

 彼女は「そなたの愛らしさを称えるには。あまりにも言葉がたりぬでござる。」と反省します。……十分、足りているような気もしますけどね(笑)。

 「それがしこういうのが得意な男を1人知っているでござる!」と地竜のところへと向かう柘榴。よっぽどマクガフィンと出会えたのがうれしかったのでしょうね。

 その後、夜中の訪問でありながらも柘榴に付き合ってあげる地竜。ふたりの関係にもほっこりしますね。

 そしてふたりはこのマクガフィンの名が針先姫であることを知り、司書になるための試練を受けるために“フィロソフィアの塔”へと向かうのでした。

 本編ではすでに司書となった柘榴たちと出会いましたが、こういう流れがあったんですね。

C)Aniplex Inc. / KAYAC Inc. All Rights Reserved.

クロス×ロゴス

  • メーカー: アニプレックス/カヤック
  • 対応端末: iOS/Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月24日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

クロス×ロゴス

  • メーカー: アニプレックス/カヤック
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月24日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金