『星ドラ キングスプラッシュ』お披露目イベントをレポート。市村Pの神プレイも!?

セスタス原川
公開日時

 1月18日、タイトーステーション溝の口店にてアーケード用メダルゲーム『星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ』のお披露目イベントが開催されました。

 『星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ(以下、キングスプラッシュ)』は、iOS/Android用RPG『星のドラゴンクエスト』本編に実装されている“モガステーション”内のメダルゲームをモチーフにしたメダルゲーム機です。

 お披露目イベントには、市村龍太郎さん(『星のドラゴンクエスト』プロデューサー)、畑信太郎さん(『星のドラゴンクエスト』ディレクター)、吉田早希さん(タレント)が登壇し、体験プレイや新情報の発表を行いました。
 
 本稿では、お披露目イベントの模様をお伝えしていきます。

タイトーステーション溝の口店でお披露目イベント

 お披露目イベントにはメディアだけでなく、一般の来場者も多く訪れており、会場のARCADE LIVE BAR MEGARAGE(タイトーステーション 溝の口店内 3F)は賑わいを見せていました。会場には“モガマル”も駆けつけ、一緒に記念撮影ができました。

 イベントが始まると、市村龍太郎プロデューサー、畑信太郎ディレクター、吉田早希さんが登場。ゲーム好きタレントとして知られる吉田さんは、今回のイベントがきっかけで『星ドラ』を始めたそうですが、あまりの面白さにイベント当日にもかかわらず明け方までゲームで遊んでしまったとのことでした。

 さらに、吉田さんは「新宿東南口のタイトーステーションによくいます」とプライベートな情報も公開。ゲームセンターに行くことが大好きということで、このお披露目会を楽しみにしていたそうです。

 会場後方には怪しげな黒幕があり、会場の期待が高まる中、黒幕がとりはらわれ、『キングスプラッシュ』のお披露目が行われました。

 実機はかなりのビックサイズとなっており、目に飛び込んだ際のインパクトは十分。各所に“スライム”の装飾がなされており『星ドラ』から生まれたメダルゲームならではのデザインとなっています。


ゲームから飛び出した『キングスプラッシュ』を体験!

 市村プロデューサーによるゲーム説明の後、畑ディレクターと吉田さんが実際に『キングスプラッシュ』を体験することに。

 本作のゲームフローは、メダルでモンスターが入ったカプセルを落下させ、3匹の仲間を揃えてボスに挑むというもの。まずは、メダルと一緒にステージに置かれているカプセルを落とさなければなりません。

 順調にカプセルを落下させ、残り1匹というところまで来た2人。そこへ、ルーレットで当選した追加のカプセルがステージに降りてきました。その新たなカプセルで物理的に押し出す形で、3つ目のカプセルを落とすことに成功します。

 仲間のモンスターが揃ったことで、ボスの“バラモス”に挑戦。ところが、ここで運に見放されてしまったのか、奮闘も虚しく残念ながら敗北してしまいました。

 このままではお披露目イベントとしてまずいと言わんばかりに、市村プロデューサーは自らのポケットマネーから100円を投入しコンテニューを選択。

 バトルに敗北した場合、100円を投入することでボスの体力を引き継いだ状態で再挑戦が可能です。もちろん、お金を使うことなくボスを倒すことは十分可能ですのでご安心ください。

 コンテニューをすることにはなったものの、めでたく“バラモス”を倒すことに成功。ボスを倒したあとにはルーレットが起動し、報酬のメダルの抽選がおこなわれます。ここで吉田さんは、大量メダル獲得のチャンスである“ジャックポットチャンス”を引き当てました!

 “ジャックポットチャンス”ではその後再びルーレットが起動し、当選した際の獲得メダルの枚数を決める抽選が行われます。運が良ければジャックポット獲得のチャンスでしたが、今回の報酬は300枚に決定。

 しかし、こちらも100円を投入すれば再挑戦ができるということで、ジャックポットを目指して再び市村プロデューサーのポケットから100円玉が飛び出します。が、残念ながらハズレが連発!

  • ▲確率的には1/6くらいのはずなのに、なぜかうまくいかない!

 1000円近くを投入した結果、最後は市村プロデューサー自らボタンを押すことでようやく当選! この神プレイ……さすが市村プロデューサー、持ってますね!

 残念ながら報酬が上がることはなく、ジャックポットとまではいきませんでしたが、大量のメダルを獲得できました。

 もちろん、こちらも必ずしも100円を使わないといけない訳ではないので、ご安心ください。

 試遊を終えて、吉田さんは「友達とやると不運も楽しめるので、こうして2人で並んでプレイできるのはすごく楽しいと思いました!」とコメント。畑ディレクターも感想を尋ねられると「今日は盛り上がっちゃいましたが、できるならもっと遊んでいたいですね」と笑顔で答えました。

『星ドラ』のゲーム内の新情報も発表

 イベントの最後には、『星ドラ』の市村プロデューサーと畑ディレクターから『星ドラ』のアプリに関する新情報が発表されました。

QRコード機能実装

 1つ目は、QRコード機能が登場です。これにより、フレンド申請&登録や、闘技場での指名マッチ対戦にコードの手動入力が不要になり、簡単に友人とのやり取りができるようになります。

 また、ゲーム内で発行されるQRコードは、ゲームセンターの『キングスプラッシュ』との連動機能があり、メダルゲーム側で特典がもらえるとのこと。

2月から“モガステ”にダーツが登場

 以前のイベントで“モガステ”に実装予定と発表されていたミニゲームの“ダーツ”が、予定よりも早い2月中に実装できる見込みと発表されました。

『キングスプラッシュ』ロケテストは2月2日まで!

 タイトーステーション 溝の口店内 2Fでは、2月2日まで『星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ』のロケテストが行われます。

 同店舗では『星ドラ』コラボドリンクも販売中。特典としてもらえるコースターには、『キングスプラッシュ』の筐体で読み込むとメダルがもらえる特典QRコードが付いています。

 また、ジャパンアミューズメントエキスポ2020(JAEPO)に『星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ』が出展されます。ビジネスデーとなる2月7日には、今回のお披露目イベントにも登壇した吉田早希さんも訪れるとのことです。

(C) 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

星のドラゴンクエスト

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2015年10月15日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

星のドラゴンクエスト

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2015年10月15日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金