新時代の格ゲー!? 『ご当地キャラ5Gコロシアム』が“DOCOMO Open House 2020”にデモ展示

電撃オンライン
公開日時

 ピラミッドフィルム クアドラは、1月23日、24日に東京ビッグサイトで開催される“DOCOMO Open House 2020”にて、博報堂DYメディアパートナーズ、H2Lと共同で『ご当地キャラ5Gコロシアム』のデモ展示を行います。


 『ご当地キャラ5Gコロシアム』は、“5G”と“BodySharing”技術を活用したバーチャル格闘ゲームです。ご当地キャラをアバターとすることで、地域の活性化にも貢献します。触感型ゲームコントローラ“Unlimited Hand”により、リアルタイムで衝撃を体感できます。

 “DOCOMO Open House 2020”では、愛知県岡崎市のご当地キャラ“オカザえもん”を招待してデモ展示が行われます。モニターに映る“オカザえもん”に対して、体験者が触感型ゲームコントローラ“Unlimited Hand”を装着してパンチすると、“Unlimited Hand”を装着した“オカザえもん”にはパンチを受けた衝撃が伝わり、パンチをした体験者にもパンチを当てた反動が伝わります。

 逆に“オカザえもん”がパンチをして、体験者がパンチを受けた衝撃を体感することもできます。本出展はプロトタイプの簡易デモですが、プログラムやデバイスの開発を進めることで、より没入感のあるリアルな格闘ゲームにアップデートされていくとのことです。

『ご当地キャラ5Gコロシアム』作品概要

 5Gの“高速・大容量”、“低遅延”、“多数端末との接続”といった特徴と体験者の触覚を共有できる“BodySharing”技術を活用した、バーチャル格闘ゲームです。

 デバイスを装着した体験者がご当地キャラをバーチャル空間で操作すると、ゲーム上での衝撃をリアルタイムに体感できる、これまでにない没入感を味わえる格闘ゲームとなっています。

 また、ご当地キャラをアバターとすることで、地域の活性化にも貢献できます。なお、全国大会の実施やe-sportsのようなビジネス化も検討されています。

“Unlimited Hand”とは

 “Unlimited Hand”は、VR/ARやロボット向けの触感型ゲームコントローラであり、筋変位センサによるジェスチャー認識はもちろん、電気刺激によって手や指を操作する技術を搭載しています。

 これらの機能を応用することで、VR/ARのコントロールや擬似的なフィードバックの体感、ロボットとの身体動作の相互共有を可能にします。

“BodySharing”とは

 “BodySharing”は、身体情報をコンピューターに伝達し、人やロボット、バーチャルキャラクターへ体の動きや非言語情報といった体の情報を相互共有することです。

 BodySharingの代表的な技術としては、電気刺激を用いてコンピュータからユーザに体の動きを伝達する技術や筋変位センサーを用いてユーザの体の動きや重量感覚の情報をコンピュータに入力する技術があります。