『とらドラ!』竹宮ゆゆこ先生の新作『いいからしばらく黙ってろ!』発売

そみん
公開日時
最終更新

 『とらドラ!』『ゴールデンタイム』(ともに電撃文庫)などで知られる竹宮ゆゆこ先生の新作『いいからしばらく黙ってろ!』が、KADOKAWAから2月14日に発売されます。

 物語で描かれるのは、社会のはみ出し者が集う小さな劇団“バーバリアン・スキル”。大学を卒業した直後に愛(婚約者)も仕事(就職先)も家(住む場所)さえも失ってしまう三重苦に見舞われた女性・富士は、カオスな状況の中で生きていく実感を味わうことに!?

 果たして富士は、人生のどん底からどんな騒動に巻き込まれていくのか!?

あらすじ:人生は、ままならない。だからこそここで、踊るしかない。

 大学の卒業を迎えた富士は、絶望の渦中にいた。北関東のオーナー企業の社長の娘、五人兄弟の真ん中として育ち、金銭的には何不自由なく育ってきた富士。卒業後は、親の企業に就職し、そこの社員と結婚して静かな暮らしをするはずだったのに――。

 許婚には婚約を破棄され、地元に戻ることも恥ずかしく、就職先もないまま東京に残らざるを得なくなった彼女は、ひょんなことから弱小の劇団運営にかかわることになる。そこは社会から「はみだした」者たちが集うところ。劇団員になれば、ボロアパートの家賃は無料でいいとの甘言にひかれた富士だが、そこで自分が「真ん中っ子」としてつちかってきた、「カオスを整理する能力」を発揮することになる――。

著者コメント(エンタメ小説誌『カドブンノベル』連載開始時の告知記事より転載)

 この作品を書きながら、何度も何度も何度も思いました。いいからしばらく黙ってろ! と。あまりに何度もそう思ったので、とうとうタイトルにしてしまいました。

 作者でありながらそう言いたくなるようなキャラクターたちが次から次へと悪い冗談のように現れては、踊り、喚き、へこたれ、飯を食う。そして全然黙らない。これはそういう小説です。

編集部コメント(エンタメ小説誌『カドブンノベル』連載開始時の告知記事より転載)

 「すごい小説をいただいてしまった」原稿を頂戴したときの率直な感想がこれでした。

 ドンドン先が読みたくなる魔法の〈竹宮ゆゆこ文体〉に導かれ、担当編集は気がづけば一夜で一気読みしておりました。

 このグルーヴ感、波乗り感をお楽しみください。