【おすすめDLゲーム】異種族とのカフェトークを描いた『コーヒートーク』レビュー。コーヒーから始まる物語

イナヤ マギ
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は1月30日にPS4、Nintendo Switch、Xbox Oneで発売されるノベルアドベンチャーゲーム『コーヒートーク』を紹介します。

 本作は、カフェのマスターとなって、お客さんにコーヒーなどを作りながら会話を楽しむゲームです。発売に先駆けて『コーヒートーク』をプレイしたのでレポートしていきます。

カフェのマスターになって異種族のお客さんと交流

 舞台は2020年のシアトル。人間以外の種族も住むようになったこの街に、真夜中に開くカフェ“コーヒートーク”はあります。

 プレイヤーはこのカフェのマスターとなって、お客さんと会話しながらコーヒーなどの飲み物を提供します。

 真夜中に開いているカフェには、常連のライター“フレイア”を始めとして、個性的なお客さんが来店します。中には悩みを抱えている人も。

 そんな人らの話に耳を傾け、彼らにピッタリの飲み物を提供すれば、彼らの人生に少しだけ変化が現れるかも……!?

 まず印象的だったのが、世界観です。舞台は2020年ですが、現代よりも少し未来のイメージが強く、人間だけでなくエルフやサキュバス、人狼や吸血鬼など、いわゆるファンタジー作品に登場する異種族が存在します。このSFとファンタジーが絶妙に融合されている世界観が非常によく、個人的には好きです! 

 カフェに来るお客さんたち自身も非常に個性的なキャラが多く、表情が豊かなところも印象的でした。

材料を組み合わせて飲み物を作ろう

 本作は2020年9月22日から1日ずつ進行。お客さんとの会話を楽しみながら、注文が入ったら飲み物を作って渡していきましょう。

 飲み物は、コーヒーや抹茶ラテ、紅茶などさまざまな種類を作れます。コーヒーやミルク、はちみつなどの材料からベース、メイン、サブを1つずつ選んで作ります。


 組み合わせによって、画面下にある味などのパラメータが変化。もしお客さんの中で「ほっこりする飲み物が欲しい」などの注文が入った場合は、パラメータを参考にして組み合わせましょう。

 特定の材料を組み合わせると、特別な飲み物を作ることができます。1度作った特別な飲み物はレシピに記録されるので、探していくのが楽しいですね。

 もしも違う飲み物を作ってしまったり、作り直したくなったりした場合は、廃棄することでやり直しが可能。ただ廃棄できるのは1日5回までです。

ラテアートを描くことも可能

 一部の飲み物にはラテアートを描くことができます。注いで広がったミルクをうまくエッチングして描きましょう。

 この時、ミルクを注いで白い部分を広げるのが難しい! 思い通りにラテアートを描くには、ある程度のプレイが必要になると思います。

飲み物作りだけを楽しめる“エンドレス”モード

 本編の他にも、飲み物づくりだけを楽しめる“エンドレス”モードが搭載されています。

 飲み物を好きなように作れる“フリーサーブ”モードと、制限時間内にどれだけの飲み物を提供できるかを競う“チャレンジ” モードがありました。

 “フリーサーブ”モードは、飲み物のレシピを見つけたい時に非常に便利! もし、ストーリーモードで注文された飲み物の組み合わせが見つからない時は、こちらを活用しましょう。

ファンタジーな設定なのにリアリティを感じる会話に引き込まれる良作

 ゲーム中では飲み物を作りますが、そこまで回数は多くありません。また会話中も選択肢などがなく、基本的にお客さんの会話を聞くのがメインになります。

 サウンドは、オシャレなカフェに流れていそうな落ち着いた曲が多く、プレイリストで設定が可能。ガンガン攻略していくというよりは、お気に入りの曲を聴きながら、ゆったりとプレイするのが、本作の楽しみ方だと思います。

 それだけ聞くと、飽きてしまうかもと思われてしまうかもしれませんが、ここで効いてくるのが独特な世界観です。エルフとサキュバスのカップルだとか、宇宙服を着た謎の人物だとか、気になるお客さんがいっぱい登場してくるので、「このお客さんはどんな話をしてくれるんだろう?」とか「次はどんなお客さんが来るんだろう?」と、毎回気になって飽きる暇はありません。

 会話するお客さんたちはエルフや吸血鬼ですが、家族や恋愛、仕事といった自分たちが一度は経験するような悩みが多く、設定はファンタジーなのに、会話にリアリティがあり、いつの間にか引き込まれています。

 こういったアドベンチャーゲームだと、会話している人間以外は特に動かないことが多いですが、本作だと会話が気になった他のお客さんがこちらを向いたり、逆に興味がなくなってスマホを見たり、コーヒーを飲んだりと、会話しているキャラ以外もしっかり動いており、こうした細やかな描写がよりリアリティを感じるポイントだと感じました。

 あと、筆者はファンタジー好きなのですが、異種族同士がカフェにやってくるシチュエーションが、自分たちの世界でエルフや吸血鬼らとリアルで会話しているようで非常に楽しかったです!

 ただし、会話内容は結構オトナでシニカルなものも多いので、そういう所を含めて楽しめる人には全力でオススメしたい作品です! PlayStation Storeマイニンテンドーストアでは体験版が配信されています。気になった人は自分もコーヒーを片手に、彼らとの交流を楽しんでください!

(C) 2020 Chorus Worldwide Ltd. All rights reserved. Coffee Talk is developed and owned by Toge Productions. Coffee Talk will not ask for, collect, store or share any of your personal data. Coffee Talk (C) Toge Productions 2020
※画面はすべてPS4版のもの。

『コーヒートーク』

  • メーカー:コーラス・ワールドワイド
  • 対応端末:PS4/Nintendo Switch/Xbox ONE
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 配信日:2020年1月30日
  • 価格:1,600円