『エーペックスレジェンズ』“危険武装”2つの武器カテゴリーで戦え!

itra
公開日時

 こんにちは、今回のモードは勝てました! イトラです。エレクトロニック・アーツのPS4/Xbox One/PC(Origin)用ソフト『Apex Legends(エーペックス レジェンズ)』(ダウンロード無料)で開催中のアーケードイベント“大晩餐会”の一環である“危険武装”モードを紹介します!

 以前、シーズン2までのマップ“Kings Canyon”で開催された同名モードのワールズエッジ版です。マップが変わっても、ひりつくような戦闘に変わりはありません!

使える武器はスナイパーライフルとショットガンの2カテゴリーだけ

 “終わりなき追走”モードで使える武器は、スナイパーライフルとショットガンのみとなります。

 また使用弾薬の1スタックの数も変わっています。ショットガンアモが通常より多い28発で1スタック。ライトアモとエナジーアモが通常よりも少ない32発で1スタック、ヘビーアモも通常より少なく14発で1スタックです。

 武器は、長距離戦を得意とするスナイパーライフルと、近距離戦闘で威力を発揮するショットガン。

 1丁ずつ武器を持つのか、スナイパーライフルだけを持つのか、はたまたショットガン2丁で近距離特化を目指すのか……。みなさんの戦闘スタイル次第です!

 また、“マスティフショットガン”や“クレーバー.50スナイパー”は、元々のダメージが大きいだけに、持っているとより有利に戦うことができます。ケアパッケージで出たら手に入れておきたいところです。

ライフラインとワットソンがありがたい……!

 出現する武器のカテゴリーが制限されているのもさることながら、ボディーアーマーとヘルメットが白に限られているうえ、シールドセルや注射器などの回復アイテムが不足するシーンも多いです。

 そんなときにありがたいのが、ワットソンやライフラインのアビリティ。

 ワットソンのアルティメットアビリティ“インターセプターパイロン”はシールドを修復してくれますし、ライフラインの戦術アビリティ“D.O.C.ヒールドローン”は体力を回復してくれます。

 個人的には、ライフラインが活躍できる状況がうれしいので、積極的に使っていきたいと思っています!

 イベント“大晩餐会”は7つのアーケードモードが2日おきに変わります。ワールズエッジの“危険武装”もあと1日と数時間の開催となりますので、この機会にぜひプレイしてみてください! 

 あの緊迫感、いいですよ。

© 2019 Electronic Arts Inc.