ブシロード新作アプリ『D4DJ Groovy Mix』レビュー。スクラッチやメドレーでDJ気分になれるリズム&アドベンチャー

紅葉つかさ
公開日時

 『D4DJ Groovy Mix』は、ブシロードが制作する2020年秋配信予定のiOS/Android用リズム&アドベンチャーゲームです。1月31日に発表された本作の最速インプレッションをお届けします。

 “D4DJ(ディーフォーディージェー)”はDJをテーマにアニメ、ゲーム、声優によるライブなどさまざまなメディアミックスを展開する、ブシロードの新たなメディアミックスプロジェクト。

 複数の個性的なユニットがライブや生放送番組を精力的に行っているほか、1月29日にはプロジェクト初のシングルがA・B二形態同時発売され、今後に期待が寄せられるプロジェクトです。

『D4DJ』のキャラクターが集結

 『D4DJ Groovy Mix』には、全6ユニット24人のキャラクターが登場します。それぞれ異なる特徴を持ったユニットが本作を盛り上げてくれます。

Happy Around!(ハッピー アラウンド!)

 センターメンバーの愛本りんくを中心に、明るく元気いっぱいなパフォーマンスを得意とする高校生ユニット。

Peaky P-key(ピーキーピーキー)

 妥協なく音楽を追求する実力派高校生ユニット。ユニットのロゴや服装のカラーなどで王道であることを意識している。

Photon Maiden(フォトンメイデン)

 オーディションで集められた才能ある少女たちで結成。近未来をイメージした衣装が特徴。

Merm4id(マーメイド)

 ノリと勢いで結成された大学生ユニット。セクシーなダンスパフォーマンスでファンを魅了する。

燐舞曲(ロンド)

 老舗有名クラブを拠点に活動する、独特な世界観を持つパフォーマンスが魅力の大学生DJユニット。

Lyrical Lily(リリカルリリィ)

 お嬢様学校の生徒がDJ機材を手に入れたことを機会に結成。音楽で自分たちの世界を広げようとしている。


 ユニットやキャラクターを紹介するエピソードも収録されており、ユニット結成にまつわる話や普段の姿を知ることができます。また、いくつかあるエリアにいる彼女たちをタップすることで何気ない日常会話を聞くことができます。

 また、メンバーにはレアリティが設定されており、星3と星4のメンバーにはそれぞれエピソードが収録されています。

 現状、『D4DJ』の活動はキャスト陣によるライブ公演や生放送が主体なので、キャラクターのイラストやエピソードがたくさん見られるのはうれしい限りです。

  • ▲ユニットごとのストーリーが用意されています。ステージ以外での彼女たちの姿を知るチャンス!

 ほかにも、星4のメンバーにはイラストが2種類用意されています。最初は1種類しか見られませんが、メンバーのレベルを最大にしたあと、“トレーニング”することで解放されます。イラストはとてもきれいで、日常の姿とライブでの姿が見られる一見の価値があるものになっています。

スクラッチを模した操作でDJ気分を味わえる

 まず、リズムゲームをプレイするには、ガチャなどで入手したメンバーを4人編成したユニットを作ります。

 メンバーにはそれぞれ総合力などのパラメータやスキルといったステータスが設定されており、この総合力の合計が高いほどリズムゲームのスコアが高くなります。

 スキルは一定時間獲得できるスコアを増やしたり、ノーツの成功判定を長くしてくれたりと、リズムゲームに役立つものとなっています。

  • ▲スキル発動時は派手なカットイン演出とともに、画面上部に効果時間と名前が表示されます。

 もちろん、総合力が高くなる組み合わせにしてもよし、好きなユニットをそのまま再現してもよし。デッキの編成には悩みそうですね。ちなみに同じキャラクターは複数編成できないようです。

  • ▲リズムゲームの開始時にはデッキに編成したメンバーのカットインが挿入されます。

 肝心のリズムゲーム部分は、画面の奥から流れてくるノーツ(リズムアイコン)にあわせてタップしたり、フリックや長押ししたりするものになっています。

 また、プレイする前にブースト消費量(0~3個)を選ぶことができ、消費するブーストが多いほど、クリア時にもらえるアイテムの数が多くなります。いわゆるスタミナ消費と勘違いされる方がいそうですが、ブーストがなくても自由にプレイできるので安心してください。

DJ感を強める特殊ノーツに注目

 また、本作のノーツには他のリズムゲームにはあまり見られない独自のものがあります。それが赤色の長押しするノーツ、オレンジ色のフリックするノーツ、ピンク色のノーツの3種類です。

 赤色のノーツは、その見た目通り長押しするものです。ただし、ふつうの長押しするノーツと違うのは、長押ししている間はオレンジ色のノーツ以外のすべてのノーツが止まって流れてこなくなります。

 これによって、流れてくるノーツの順番が変わることもあるトリッキーなノーツになっています。

 オレンジ色のノーツは、左右にあるターンテーブルをスクラッチするようにフリックするノーツです。

 フリックすると画面の奥から手前に流れてくるノーツが一瞬画面の奥に戻ります。そうするとバラバラに流れていたノーツが、同じタイミングで同時に流れてくるようになったりします。

 実際のDJをしているようにスクラッチをして楽曲を巻き戻しているような気分を味わえます。

 ピンク色のノーツは、タップやフリックをするノーツです。これは、画面下にあるツマミを左右に動かし、ピンク色のノーツが流れてくる場所にあわせておけば成功となります。

 ただし、ノーツの始点と終点が異なるラインにある場合、それにあわせてフリックしなければなりません。DJミキサーでいうところのイコライザーの役割を持つノーツです。

  • ▲ゲーム中、3つのノーツが同時に流れてくるといったことが起こります。

 流れてくるノーツに対してタップやフリックをするだけではなく、スクラッチやスライダーの操作が加わったことで、DJ気分を味わいながらプレイできるのではないでしょうか。

デザイン変更や効果付きアイテムも

 また、リズムゲームに使用するターンテーブルなどの見た目を変えることもできます。

 ホーム画面にある“クラブ”で、背景やDJブースなどステージの見た目を変えられるアイテムを購入できます。購入したアイテムは、自分の好きなように配置できます。

 さらに、アイテムにはそれぞれ効果が設定されており、設置することで対応するメンバーのパラメータを上昇させられます。ユニットのアイテムならユニットのメンバー全員、メンバーのアイテムならそのメンバーが対象となります。

  • ▲設置したアイテムはライブ中にも反映されます。

楽曲をつなげるメドレーライブ

 本作には、各ユニットのオリジナル楽曲はもちろん、カバー楽曲も豊富に収録されてます。

 今回の試遊では、D4DJのオリジナル楽曲とカバー楽曲を合わせて約20曲がプレイできましたが、リリース時には100曲以上の楽曲が収録される予定だそうです。

 ユニットの魅力満載なオリジナル楽曲は、YouTubeで試聴動画やライブ映像も公開されているので、チェックしてみてください。

YouTube“D4DJチャンネル”はこちら

Happy Around!「Direct Drive!」ライブ映像(D4DJ 1st LIVE -Day1-)

Peaky P-key「電乱★カウントダウン」ライブ映像(D4DJ 1st LIVE -Day1-)

 そして、DJ気分が味わえるもう1つの特徴として“メドレーライブ”があります。これは好きな楽曲を4曲選び、連続でプレイできるというものです。

 メドレーライブでは、1曲だけをプレイする時よりも1曲あたりの時間が短くなります。これにより、4曲続けてプレイするとはいえ気軽にプレイできます。ちなみに、同じ曲を4曲続けて選択することもできるようです。

『D4DJ Groovy Mix』メドレーライブ プレイ動画

 4曲続けてプレイするうえで心配なのが難易度設定ですが、きちんと楽曲別に難易度を選べるようです。苦手な曲だけ難易度を下げてプレイできるのはありがたいです。


 以上、『D4DJ Groovy Mix』体験版レビューでした。DJをテーマにしたプロジェクトということもあり、本作でもDJの気分を味わえるさまざまな工夫が施されていました。

 ユーザー同士の協力ライブもできるようなので、たくさんの人と一緒に遊べる日が楽しみです。リリースが待ち遠しいですね。

©bushiroad All Rights Reserved.

『D4DJ Groovy Mix』

  • メーカー:ブシロード
  • 対応端末:iOS
  • ジャンル:リズム&アドベンチャー
  • 配信日:2020年秋予定
  • 価格:基本無料/アイテム課金

『D4DJ Groovy Mix』

  • メーカー:ブシロード
  • 対応端末:Android
  • ジャンル:リズム&アドベンチャー
  • 配信日:2020年秋予定
  • 価格:基本無料/アイテム課金