『Apex Legends』“闇夜のキングスキャニオン”は1周回って新鮮でした

itra
公開日時

 こんにちは、今回のモードも心待ちにしていました! イトラです。エレクトロニック・アーツのPS4/Xbox One/PC(Origin)用ソフト『Apex Legends(エーペックス レジェンズ)』(ダウンロード無料)で開催中のアーケードイベント“大晩餐会”の一環である“闇夜のキングスキャニオン”モードを紹介します!

懐かしさと新しさが混在するキングスキャニオン

 “闇夜のキングスキャニオン”モードは、文字通りシーズン2まで使用されていたマップ“キングスキャニオン”の夜間モードです。

 ずっと遊びたかったキングスキャニオン!! シーズン2以前から遊んでいる人には懐かしいマップです。

 シーズン3ではイベント“シャドウフォール”の一環としてプレイできたマップですが、その際はソロでした。

 今回は夜間マップで視界が悪いということで、サイトを覗き込むと敵が赤く表示されるデジタルスレットが多く落ちています。

  • ▲4倍~10倍デジタルスレットと1倍デジタルスレットの両方が普通に落ちています。

 ルールとしては通常マッチと変わりません。スリーマンセルでのしのぎ合い。チャンピオンを目指して突き進むのみです!

ジャンプタワーはないのでご注意を!

 “闇夜のキングスキャニオン”は、前述した“シャドウフォール”のキングスキャニオンが使用されているようです。

 つまり、ジャンプタワーがないのです!

 セーフゾーンが遠い場合に、ジャンプタワーを利用して移動……というのができないので、次のリングが遠い場合には早めの移動を心がけましょう。

 途中でティックの音が聞こえたり、漁られてなさそうなサプライシップを見つけるとどうしても寄っちゃうんですけどね……。

 現在開催されている、イベント“大晩餐会”は7つのアーケードモードが2日おきに変わります。

 “闇夜のキングスキャニオン”はその第6弾。シーズン4では“スプリット”システムによってキングスキャニオンが遊べるとは言え、夜間で遊べるのは今だけ! ぜひプレイしてみてください。

 それでは、サプライシップが登場し、ティックの音も聞こえる……そんなキングスキャニオンでお会いしましょう!

© 2019 Electronic Arts Inc.