ノベルゲーム『コーヒートーク』制作陣からのコメント公開

電撃オンライン
公開日時

 コーラス・ワールドワイドは、1月30日発売のPS4/Nintendo Switch/XboxOne/PC用ソフト『コーヒートーク』について、インドネシアのゲームスタジオToge Productionsの制作メンバーおよび日本語翻訳担当者より届いたコメントを公開しました。

 本作は、カフェのマスターとなって、お客さんにコーヒーなどを作りながら会話を楽しむゲームです。訪れる人々との会話を楽しみ、彼らの人生をかえるきっかけとなる、一杯のあたたかいコーヒーを提供する癒やしのゲームとなっています。

Toge Productions制作スタッフおよび日本語翻訳担当者よりコメント

クリス・アントーニさん(Toge Productions最高経営責任者)

 『コーヒートーク』では多くのことを学びました。長編ノベルゲームの製作は初めてでしたから。プレイした誰もが共感できるストーリーになっていたら、嬉しいですね。

ディオ・マヘサさん(リードアーティスト)

 『コーヒートーク』は私のような2Dアーティストにとって、実にやりがいのある仕事でした。ゲームを通じて伝えたかった感情やムードを、皆さんが感じ取ってくれたら幸いです。

フレデリック・ローレンシウスさん(リードプログラマー)

 『コーヒートーク』を開発中の心境は、とても一言では言い表せません。きつかったですが、楽しいこともたくさんあって。皆さんにゲームを楽しんでもらえたら、それでよしです。

ヨヴァン・アンガラさん(プログラマー)

 『コーヒートーク』のテクニカル面を任されるのは楽しかったですね。今までにない経験でしたから。どうぞゲームを楽しんでください。

ファーミ・ハスニさん(シナリオライター)

 『コーヒートーク』はパーソナルな体験が下敷きになっていて、私的な感情がたくさん込められています。本当に楽しいプロジェクトでした。皆さんもどうぞ楽しんでください。

ヘンドリー・ローズリーさん(アートディレクター/マーケティング統括

 『コーヒートーク』のアート製作は楽しい一方で、とても興味深かったですね。ストーリー的にも好みのジャンルでしたから。

アンドリュー・ジェレミーさん(作曲/プロジェクトマネジャー)

 『コーヒートーク』の開発はチャレンジの連続でしたが、いつもわくわくしていました。聴いていて癒される、チル系ビートの曲を作るのは初めてでしたね。このゲームを気に入ってくれたという声を聞くと、嬉しくなります。

小川公貴さん(翻訳)

 くすっと笑ったり、身につまされたり、考えさせられたり。『コーヒートーク』をプレイしていると、そんな瞬間がいくつも訪れます。この素晴らしいゲームを作った方々の思いを、日本語でもうまく伝えられていたら幸いです。

Coffee Talk (C)2019-2020 Developed by Toge Productions. Published by Chorus Worldwide Games, all rights reserved.

コーヒートーク

  • メーカー: コーラス・ワールドワイド
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: その他
  • 発売日: 2020年1月30日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

コーヒートーク

  • メーカー: コーラス・ワールドワイド
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: その他
  • 発売日: 2020年1月30日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

コーヒートーク(ダウンロード版)

  • メーカー: コーラス・ワールドワイド
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: その他
  • 配信日: 2020年1月30日
  • 価格: 1,600円(税込)

コーヒートーク(ダウンロード版)

  • メーカー: コーラス・ワールドワイド
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: その他
  • 配信日: 2020年1月30日
  • 価格: 1,600円(税込)

コーヒートーク

  • メーカー: コーラス・ワールドワイド
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: その他
  • 配信日: 2020年1月30日
  • 希望小売価格: 1,600円(税込)