『ディライズ』プレイレポート。ストーリーやBGM、キャラへの愛着を味わえるドラマチック共闘オンラインRPG

sexy隊長
公開日時

 enishが1月22日に配信した、iOS/Android用ドラマチック共闘オンラインRPG『De:Lithe(ディライズ) ~忘却の真王と盟約の天使~』のプレイレビューをお届けします。

 本作は、豪華な演出やアニメーション、フルボイスで楽しめるストーリーなどが話題のオリジナルアプリ。祈りの地・ミストを舞台に紡がれる重厚なストーリーを、シングルプレイ・マルチプレイのリアルタイムバトルで進めていくゲームになっています。

 本記事では、本作の魅力やクローズドベータテスト(以下、CBT)からの変更点をお送りいたします。

見ごたえのあるストーリーパートとBGM

 CBTでも好評であった、最初のゲームロード中にアニメーションが流れる仕様はリリース版でも採用されています。ロード中も退屈することなく、『ディライズ』の世界観を満喫できるので、ゲーム開始前からビジュアルとBGMを堪能できます。

 ストーリーパートは、キャラの静止画と吹き出しで語られるようなアドベンチャー形式ではなく、3Dキャラクターが動いたりいろいろなカメラワークで撮影をしたりしているので、見応えがあります。

 しかも、フルボイスで語られるのでストーリーに厚みが増し、なおかつ世界観に没頭しやすいのです。

 CBTにはなかった要素として、ゲーム開始時のチュートリアルでもアニメーションが公開されるように。

 CBT時には、主人公が目覚めるシーンから始まり、「過去は謎が秘められている」という状態からゲームが始まったのですが、リリース版では新たなるアニメーションで主人公の過去が語られ、なおかつ「えっ!? えぇぇ!?」と声を上げてしまうようなボス戦が始まります。

  • ▲CBTでは、目覚めるシーンからゲームが始まりました。
  • ▲本リリースでは目覚める前に何があったのか!?という部分から始まります!

 豪華なビジュアルや細かい演出によって「こだわって作っている!」と感じられるので、新規ユーザーはもちろん、CBTをプレイしたけど、リリース版をプレイしていない方もぜひプレイして、体感してもらいたいです!

  • ▲いきなりボス戦からのスタート。驚きとともにビジュアルの高さなどを感じられます。

 サウンドコンポーザーに、甲田雅人さんが参加している本作品。甲田さんが手掛けた通常バトルのBGM、主人公と対峙することとなる“ラーズ”のテーマなど、アプリとは思えないほど豪華な楽曲です。

 加えて、豪華声優陣のフルボイスで味わえる演技があるので、ヘッドホンをしつつプレイしていただきたいです!

MMORPGライクな戦闘と乱入プレイ

 戦闘システムは“ハイスピードリアルタイムバトル”という独創的なシステムが導入されています。

 スキルにはクールタイム(CT)が存在し、それが終わるまでそのスキルを放てません。「リアルタイムバトルは苦手……」という人のためにも、すべて自動の“オートバトル”、スキルやアイテムは自分で行う“セミオートバトル”があるので、初心者もプレイしやすくなっています。

 そのうえでアプリではなかなか味わえない緊張感のある戦闘システムは本作の魅力です。

  • ▲スキルはコマンドにセットして使用。MMORPGをプレイしたことがユーザーならなじみのシステムだと思います。

 “ドラマチック共闘オンラインRPG”とあるように本作は共闘が醍醐味のゲームになっています。

 マルチの方法はフレンドやギルドメンバーでパーティーを組んで戦ったり、作成したパーティを公開して自動でマッチしたりという、マルチ用のパーティーを組んでから出陣する一般的なマルチプレイもありますが、本作ならではのマルチシステム“乱入”も本作において外せない要素です。

 この“乱入”というシステムですが、ストーリーを進めている人のステージに乱入する! しかも、ステージが始まっていても途中からでも参加できるという、まさに“乱入”といえるシステムになっています。

 本作は序盤からストーリーの難易度が高めなので、見知らぬ人に助けてもらうことが多々ありました。

  • ▲最大3人まで乱入可能ですが、ストーリーに必要なNPCがいると乱入可能な人数は減ります。

 ちなみにマルチプレイの人数が多ければ多いほど(最大4人のマルチプレイ)、戦闘後の報酬が増えるのでソロプレイがメインの人でも乱入システムを使用し、報酬を稼ぐことができるのはうれしい部分です。

ジョブの切り替えが魅力的

 最初に主人公のジョブを“ソルジャー”、“プリースト”、“メイジ”の3種類から選択します。途中でも変更できるので、気楽に選べるのが特徴です。

  • ▲最初に選択可能な3種のジョブ。

 ジョブにはジョブレベルというのがあり、ジョブレベルを上げると上位ジョブが開放されます。ソルジャーは“ナイト”、プリーストは“ビショップ”、メイジは“ウィザード”といった上位ジョブで、使い勝手がまったく違うジョブではないので、成長していく様子を楽しめます。

 筆者の個人的感想ですが、この手のゲームをあまりやったことがないユーザーは“ソルジャー”を選ぶのがいいと思います。攻撃と防御のバランスがとれているので、ソロでもマルチでも活躍できますし、ストーリーを進めるのにも役に立ちます。

  • ▲向かって一番左のジョブが“ソルジャー”。個人的には、ジョブに悩んだらソルジャーがオススメです。

 “プリースト”は、初期3種類のジョブの中で唯一回復魔法を使えるので、ソロでの難易度は低め、マルチでも活躍できます。その分火力は少な目に設定されているため、サポート中心のプレイを楽しめる方に向いています。

 両方のジョブを育成しておけば、ソロではソルジャー、マルチではプリーストみたいな使い分けができるのも本作のおもしろいところです。

 ちなみに、“メイジ”については、超高火力である反面防御力は皆無です。高火力の爽快感と引き換えに、かなり難易度が高くなることを覚悟の上でチャレンジしてみてください。

スタミナが存在しないコンシューマーライクなRPG

 アプリをやっていると、「一気にストーリーを進めたい!」と思っていてもスタミナが切れてしまい途中までしか進めなかった……ということが多々あると思います。

 本作は“スタミナ”という概念がなく、自分のタイミングで好きなように進められます。

  • ▲バトル開始をタップすればバトル開始。アプリでは少し不思議な感覚です。

 スタミナがないため、ストーリーを進めるだけではなく、キャラクターのジョブを成長させるのも好きな時間に好きなだけできる利点があります。

 上記のように、複数のジョブを使用できるので、自由に成長させられることでプレイの幅が広がり、作品へのおもしろさをより感じられるようになるかと。

  • ▲設定した条件で周回プレイをしてくれる周回設定システム。何かをしながらでもプレイが進んでいきます。

 このように好きな時間・好きなタイミングで好きなだけプレイできるのが本作の特徴の1つです。

ジョブだけではなく装備品も育成可能!

 装備品は“鍛冶屋”で“強化”することが可能ですが、武器のレアリティ自体をあげる“進化”もできるのが本作の魅力。

 すべての装備品を最大レアリティまで上げられるので、愛着のある装備品を最大レアリティまでアップして使い続けることができます!

 また「この装備、見た目はいいけど、性能がイマイチ……」という悩みがあると思います。本作には“おしゃれ装備”というシステムがあります。これは、実際装備している装備の上から重ね着をして、見た目を変えてくれるシステムになっており、実装備と見た目の装備を分けて付けることができます。

 キャラの個性やおしゃれにも気を使いたい! でも強いキャラクターがいい! そんなユーザーにはありがたいシステムだと思います。

  • ▲おしゃれ装備では、頭に乗せる装備やアクセサリーもつけられるのがカワイイ!

 ジョブの育成、装備品の育成といった、育成する楽しみが本作にはタップリ詰め込まれています。

 ストーリーを進めると“ダンジョン”が登場するのですが、この“ダンジョン”は、経験値稼ぎができる“深淵の魔境”、ジョブのスキルを成長させられる“古の塔”、お金稼ぎができる“眩惑なる宝物庫”といった育成に必要なアイテムやポイントが手に入るシステムになっています。

 ダンジョンは毎日1回挑戦できるようになっているので、忘れずにプレイしたいです。

  • ▲月曜は経験値、火曜はお金というシステムではなく毎日、さまざまなダンジョンに挑戦できるのうれしいです。
  • ▲こんなカワイらしいボスが登場するダンジョンも!

CBTから気になる変更点

 リリースにあたり、ユーザーの意見を取り入てかなり修正された印象があります。

 特に変わったのがメニューなどのUI周り。本当に進化しており、ほぼすべての機能がメニューや常時画面に表示されるようになりました。CBTでは、一度レムナントという街に戻ってからメニューを開く必要があったので、プレイ速度が大幅に改善されました。

▲左がCBT時のメニューで、右がリリース時のメニュー。カテゴリー分けされたり、文字が大きくなったりしているのが分かります。

 “マルチが醍醐味”と上述しましたが、CBTではストーリーの最新ステージではマルチが不可であったり、最新ステージ以外は乱入不可だったりというシステムでしたが、配信されているバージョンでは全ステージでマルチと乱入が可能になったのでつねにマルチで遊べる、まさに醍醐味となりました。

最速でリセマラが可能

 個人的には仕事、プライベートを含め多数のアプリをプレイしてきましたが、本作は他のゲームとは比べ物にならないぐらい速さでリセマラができます。あえて書くことではないかもしれないのですが、かなり衝撃的だったので紹介させていただきます。

▲ジョブを選択すると、「力を求めるか…?」と聞かれます。

 本作は、ゲームのダウンロードが終わると3種類のジョブを選ぶ画面になります。そこでジョブを決定すると……11連ガチャを回せます(笑)。

 チュートリアルなどをプレイする必要はなく、ジョブを選ぶとすぐにガチャ! このテンポで行われるガチャは見たことがなかったので驚きました!

  • ▲最速で終わるチュートリアルガチャ! 出てくる装備品は、選んだジョブに合ったものになっています。

 1週間プレイしてのプレイレポートだったのですが、スタミナがないので追われることもなく、いつでも好きなタイミングプレイできるのはかなり魅力的でした。

 ジョブや装備品などさまざまな育成方法ができる部分は慣れるまで難しく感じる方もいるかも知れませんが、慣れてくるとキャラや装備品すべてに愛着が持てるようになります。

 ストーリーやダンジョンは難易度が少し高めに設定されていますが、ソロでは歯ごたえのあるプレイが味わえて、乱入システムで人の優しさが味わえて、マルチでは共闘が味わえるというゲームバランスに感動しました。

 アプリでは味わえないようなストーリーやBGM、キャラへの愛着などが感じられる『ディライズ』。ソロでもマルチでも気軽にプレイ可能なので、気になっている人はぜひプレイしてください!


▲対峙することとなる“ラーズ”や謎のルシファーの紋章、主人公の死を知る者……まだまだ序盤ですが気になる部分がいろいろと出てきます!

©2020 enish,Inc.

De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~

  • メーカー: enish
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~

  • メーカー: enish
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金