映画『魔女見習いをさがして』特報映像公開

電撃オンライン
公開日時

 5月15日より公開される映画『魔女見習いをさがして』の、特報映像が解禁されました。

 1999年から4年間に渡りオリジナルTVアニメ作品として製作された『おジャ魔女どれみ』シリーズは、コミカルなビジュアル、“魔法少女”というテーマから抱く“わくわく”“ファンタジー”やこれまでの“魔法少女もの”とは異なる、“困難を自分たちのチカラで乗り越える”という明確なテーマが当時の子どもたちに大きな影響を与え、シリーズ最高視聴率は13.9%を記録しました。

 そんな『おジャ魔女どれみ』の20周年を記念し、オリジナルスタッフが奇跡の再集結し製作されている待望の新作、映画『魔女見習いをさがして』が5月15日より公開されます。

 当時おジャ魔女どれみを夢中になって応援してくれた皆さんに贈る、大人のための新たな“魔法”の物語がいま始まります。

 2019年3月の本作の企画発表の際には、8万リツイート、11万いいねを超えるほど当時観ていた20代を中心に注目を集め、再び大きな話題を呼んでいます。

最新映像盛りだくさんの特報映像が解禁! すべての始まりはMAHO堂!?

 映画『魔女見習いをさがして』は、テレビシリーズの始まりの場所でもあるMAHO堂のモデルとなった洋館の前で3人のヒロイン、ソラ、ミレ、レイカが出会うところから物語が始まります。

 年齢も住んでいる場所も悩みもなにもかもが違う3人。そんな彼女たちが、“どれみ”にゆかりのある様々な土地を巡る旅を通して、大人になって忘れてしまったそれぞれの大切なものを探していく、大人のための新たな“魔法”の物語になっています。

 特報の中では、MAHO堂の前での運命的な出会い、飛騨高山など“どれみ”ゆかりの様々な土地を巡り互いの距離を縮めていく3人、そして物語の重要なカギを握る“魔法玉”などが映し出されます。

 映像の最後には、TVシリーズの次回予告でおなじみの、「ハッピー・ラッキーみんなにとどけ♪」という春風どれみ(声優:千葉千恵巳)の声も入り、かつて『おジャ魔女どれみ』を見ていた人たちの記憶に呼びかける映像となっています。





あの呪文はまだ覚えてる? “あの呪文”を唱えるSNSキャンペーンが開始!

 特報の解禁と1999年2月7日『おジャ魔女どれみ』第1話放送記念として、“#あの呪文はまだ覚えてる? SNSキャンペーン”が開されます。

 Twitter参加方法は、おジャ魔女どれみ20周年Twitterアカウント(@Doremi_staff)をフォローして、ハッシュタグ“#あの呪文はまだ覚えてる?”をつけて、あなたの想い出の呪文・映画への期待をツイートで参加完了。

 また、Instagramからの参加は、おジャ魔女どれみ20周年公式Instagramアカウント(doremi_20th_anniv)をフォローして、“#あの呪文はまだ覚えてる?”を使って、呪文・期待コメントをポストで参加完了。

 参加した方の中から抽選で、それぞれ5名に映画の特製リーフレットがプレゼントされます。

映画『魔女見習いをさがして』作品概要

公開日
5月15日全国ロードショー
スタッフ(敬称略)
原作:東堂いづみ
監督:佐藤順一、鎌谷悠
脚本:栗山緑
キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦
プロデューサー:関弘美
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映

©東映・東映アニメーション