勇者イレブンも活躍。『DQライバルズ』“勇者杯2019冬”レポート

そみん
公開日時
最終更新

 2月11日に行われた、スクウェア・エニックスのNintendo Switch/iOS/Android/PC用カードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』公式全国大会“勇者杯2019冬”のレポートをお届けします。
(大会の模様は、YouTubeニコニコ生放送OPENREC.tvで配信されました)

 大会をもっと楽しむために、VジャンプWEBの特設ページで公開されている8選手のデッキを確認しておきましょう! 各選手のインタビューで、大会への抱負や気になる相手も掲載されていますよ。

  • ▲大会のトーナメントはこちら。どんなドラマが生まれるのか!

【準々決勝】
・第1試合:Sev選手 VS レック選手
・第2試合:ばら選手 VS アカギ選手
・第3試合:Orihoan選手 VS Toby選手
・第4試合:大きなメダル選手 VS yuuki選手

“勇者杯2019冬”ルールについて

 大会ルールは3リーダー制で、デッキ公開制のBO3で行われます。

 勝利リーダーは勝ち抜けのコンクエスト方式(勝利したデッキは使えなくなる)なので、1試合を先取しても次の試合での選択肢が減り、相性が悪いデッキを選ばれる可能性が高くなり、よりデッキ選びやプレイングが重要となります。

【ルール】
・全試合2バトル先取で勝利
・3リーダー/デッキ公開制のBO3
・勝利リーダーは勝ち抜けのコンクエスト方式

1回戦(準々決勝)の結果

・第1試合:Sev選手 VS レック選手→レック選手の勝利!

・第2試合:ばら選手 VS アカギ選手→ばら選手の勝利!

・第3試合:Orihoan選手 VS Toby選手→Toby選手の勝利!

・第4試合:大きなメダル選手 VS yuuki選手→大きなメダル選手の勝利!

準決勝の結果

・第1試合:レック選手 VS ばら選手

 第1戦は魔法使いミラー。先攻はレック選手(左のベロニカ)で、後攻はばら選手(右のゼシカ)。

【魔法使い:デボラゼシカ】
《天空の花嫁 デボラ》を使い、コインのシナジーを使用したミッドレンジデッキ。

  • ▲先攻のレック選手からは、いきなり「逃げるなら今のうちよ!」と“挑発”のエモートが飛び出ることに!?
  • ▲ハンド(手札)だけでもこの火力……! 直接攻撃が多いレック選手と比べて、ばら選手はバランスがとれている印象。

  • ▲ゴールデンタイタス2枚を手札に引き入れているばら選手。マリベルやデボラで着実にコインを増やしていきます。

  • ▲レック選手のラプソーンに対して、ばら選手からは1体のゴールデンタイタスが登場。レック選手は手札にアークマージ(特技ダメージアップ)が入ったことで、相手のHP削りを優先します。

  • ▲ばら選手はコインでグリンガムのムチを手に入れて攻勢へ。ゴールデンタイタスの痛い一撃も入ります!

  • ▲ばら選手のHP19を削り切れるか、ハンドの火力計算を行うレック選手。悩んだ結果、火力が足らずにゴールデンタイタスの処理に。祈るように守りを固めますが……。

  • ▲ばら選手のハンドにはメラゾーマ2枚が。MP8で2枚をきっちり使い、第1戦はばら選手が制しました。

 第2戦は、先攻となるレック選手は引き続き魔法使い(左のベロニカ)。後攻のばら選手はダブルヒーローを採用した僧侶デッキ(右のセーニャ)で戦いに臨みます。

【僧侶:回復コンボククール】
《デボラ》を使ってパーツを集め《勇者イレブン》で《セーニャ》のれんけいを使い勝利を狙うコンボデッキ。

  • ▲セーニャをはじめ、シャイニングボウにつながるスーパーテンツクも手札にそろった、ばら選手。手札は悪くないものの、後攻となってしまったことに悩みを感じる表情。

  • ▲先攻4ターン目でしっかりとマデサゴーラを呼び出すレック戦選手。手札にはアークマージもあり、かなり有利に見えますが……?

  • ▲マデサゴーラをマリベルで守りつつ、盤面を作り上げるレック選手。ばら選手は“むげんの弓”はあるものの、“ねらいうち”ができないので後衛のマデサゴーラの除去に手間取ることに。

  • ▲ミラクルソードなどでマデサゴーラを除去するものの、続いてレック選手はアークマージを召喚!

  • ▲ばら選手はヒーローをイレブンに張り替えてダメージ軽減を狙いますが、相手の火力をふせぎきれず。2戦目はレック選手が制しました。

 ラストマッチとなる3戦目は、引き続き僧侶デッキのばら選手が先攻(右のセーニャ)。後攻のレック選手は盗賊デッキを選びます(左のカミュ)。

【盗賊:イレブン盗賊】
《勇者イレブン》によって強力なれんけいを多用し、相手を圧倒するミッドレンジデッキ。

  • ▲初手からラプソーンやシルビアなどを引き入れていたレック選手。4ターン目にはシルビアのれんけい効果を狙います。

  • ▲出てきたのは“1/2”、“2/1”の小型モンスター。とはいえ、4ターン目で早くもこの展開力!

  • ▲ばら選手はシャイニングボウで手札を増やしつつ、フェイスボールも手元へ。まずは盤面の処理を進めます。

  • ▲ユニットの攻撃で盤面を整理後、鏡像のマネマネでセーニャのテンションスキルをコピーして、“いやしのはどう”で一気に回復! これは見事な流れ!!

  • ▲勇者イレブンでのダメージ軽減や“におうだち”持ちのカードで延命を狙うばら選手に対し、レック選手は一心同体から“れんけい”を駆使して畳みかける!

  • ▲残りHP10のばら選手。フェイスボールのれんけい効果でダメージを軽減し、このターンをしのぎにかかります。

  • ▲ばら選手の残りHPは5!

  • ▲マクロベータ、トンネラー、ダークペルシャのコンボ!

  • ▲ダメージがうまくばらけて、相手の場を一掃! 回復特技もあいまって、ばら選手のHPは10まで持ち直します。

  • ▲1ターンでひっくり返された盤面。レック選手は、ダークペルシャの除去を優先しつつ、トンネラーで守りを固めます。

  • ▲対するばら選手はウルノーガ&ウルナーガで正面の相手を除去。

  • ▲ワイバーンドッグを引いたレック選手ですが、打点が届かず。“過ぎ去りし時を求めて”でトンネラーを手札に戻し、守りを優先することに。

  • ▲一方のばら選手も“過ぎ去りし時を求めて”でれんけい持ちカードを再利用。最期はテンションスキルをうまくまわして、回復→シャイニングボウでのダメージでリーサル! 見事にばら選手が勝利をおさめました!

・第2試合:Toby選手 VS 大きなメダル選手

 第1戦の先攻はToby選手(左のベロニカ)で、後攻は大きなメダル選手(右のミレーユ)。魔法使い対占い師の戦いです。

【魔法使い:デボラゼシカ】
《天空の花嫁 デボラ》を使い、コインのシナジーを使用したミッドレンジデッキ。

【占い師:ドラゴンミネア】
超必中モードで《しんりゅう》を使用し、強化したドラゴン系ユニットを大量展開するデッキ。

  • ▲早い段階でゾディアックコードを有する大きなメダル選手。手札的には盤石ですが、果たして?

  • ▲HPが高いボックススライムで守りを固めつつ、キャプテン・クロウを展開するToby選手。大きなメダル選手はクロウズを呼び出すも、ラリホーで眠らされ、なかなか仕事ができません。ラリホー連発に、思わず大きなメダル選手が「これ何回目!?」と言わんばかりに指で数える場面も。

  • ▲全体除去で盤面を処理した大きなメダル選手ですが、Toby選手はアークマージを召喚してフィニッシュへの準備を進めることに。次のターンにメラミやメラゾーマで削り切り、Toby選手が勝利!

 第2戦の先攻は、引き続き占い師デッキを使う大きなメダル選手(右のミレーユ)。Toby選手は盗賊デッキで戦います(左のカミュ)。

  • ▲序盤の盤面はToby選手の盗賊デッキ優位で進みます。

  • ▲“運命の輪”からの“かみかぜ”で処理を進める大きなメダル選手。太陽のタロットの温存を選びます。

  • ▲そして次ターンでは、いよいよゾディアックコードを発動。超必中モードに入ります!

  • ▲“かみかぜ”で盤面をオールクリアして、大きなメダル選手の猛攻!

  • ▲お祈りをしながらToby選手が引き寄せたのはワイバーンドッグ! ここで引くとは! 一心同体からのワイバーンドッグれんけい→カイロスハントで、今度はToby選手が盤面をオールクリアして、状況をひっくり返します。

  • ▲神引きの押収! 対する大きなメダル選手は“しんりゅう”を引き寄せ、逆転を狙います。

  • ▲ワイバーンと“しんりゅう”を相打ちにさせ、相手の猛攻を警戒するToby選手でしたが、大きなメダル選手は豊富なカードで猛攻をかける! 太陽のタロットでHPも15と、安全圏内まで戻ります。

  • ▲ダースドラゴンも呼び出し、2戦目は大きなメダル選手が押し切りました!

 お互いに1勝1敗で迎えた第3戦。先攻は占い師デッキで戦うToby選手(左のミネア)。大きなメダル選手は魔法使いデッキとなります(右のベロニカ)。

【占い師:偶数ミネア】
デッキの一番上のカードが偶数コストだと強力な効果を発揮するカードを活用したデッキ。

【魔法使い:デボラゼシカ】
《天空の花嫁 デボラ》を使い、コインのシナジーを使用したミッドレンジデッキ。

  • ▲ゴールデンタイタスを手札にキープしつつ、コイン集めを進める大きなメダル選手。だいおうイカを倒してもらうことができず、やや停滞する場面も。

  • ▲盤面有利な状況の大きなメダル選手に対し、Toby選手はタロットフリングでの全体4ダメージで一掃!

  • ▲フェイスボールで守りを固めつつ、2枚目のタロットフリングを引き寄せるToby選手。

  • ▲一方、大きなメダル選手はキャプテン・クロウがアークマージやゴールデンタイタスを引き寄せる!

  • ▲難しい局面の中、制限時間に追われたToby選手が取った選択では逆転は叶わず……! 大きなメダル選手の紅蓮の火球でゲーム終了となりました!

決勝の結果

・ばら選手 VS 大きなメダル選手

 決勝戦の第1戦はセーニャ対ベロニカの姉妹対決! 先攻は僧侶デッキのばら選手(左のセーニャ)で、後攻は魔法使いデッキの大きなメダル選手です(右のベロニカ)。

【僧侶:回復コンボククール】
《デボラ》を使ってパーツを集め《勇者イレブン》で《セーニャ》のれんけいを使い勝利を狙うコンボデッキ。

【魔法使い:デボラゼシカ】
《天空の花嫁 デボラ》を使い、コインのシナジーを使用したミッドレンジデッキ。

  • ▲後攻の魔法使いということでやや不利な状況での開始となった大きなメダル選手でしたが、早々にマデサゴーラを引き当てます! 一方、ばら選手はシャイニングボウを手札に。

  • ▲一進一退の攻防が続く中、大きなメダル選手のゴールデンタイタスが登場!

  • ▲ゴールデンタイタスでの直接攻撃も決まり、大きなメダル選手優勢の気配に。

  • ▲HP回復ではなく盤面の守りを固めたばら選手でしたが、結果的にはこれが悪手に。アークマージに強化されたメラゾーマなどで、大きなメダル選手がフィニッシュを決めます!

 第2戦の先攻は、占い師デッキの大きなメダル選手(右のミレーユ)。対するばら選手は、デッキを変えて魔法使いデッキを選びます(左のゼシカ)。

【僧侶:回復コンボククール】
《デボラ》を使ってパーツを集め《勇者イレブン》で《セーニャ》のれんけいを使い勝利を狙うコンボデッキ。

【魔法使い:デボラゼシカ】
《天空の花嫁 デボラ》を使い、コインのシナジーを使用したミッドレンジデッキ。

  • ▲先攻3ターン目、ばら選手はプチマージを展開。やられた際にはメラミを神引きして、ざわつくことに。

  • ▲盤面を処理したうえで、“におうだち”持ちの黄金兵を召喚。解説コメントでの“黄金ムーブ”という表現が、個人的にツボでした(笑)。

  • ▲大きなメダル選手は“かみかぜ”2連発であっさりと盤面をクリア。一進一退の戦いが続きます。

  • ▲大きなメダル選手のサイコロンがいい動き! 1年前にはサイコロンに苦しめられた大きなメダル選手でしたが、今年こそは!?

  • ▲ばら選手はキャプテン・クロウで手札を補充しながら攻勢をかけることに。

  • ▲タロットフォーチュンでキャプテン・クロウを倒されたばら選手は、魔導召喚で守りを固めます。

  • ▲さらに、アークマージ+双竜打ちで盤面を処理するばら選手。かなり有利な状況を作りますが……。

  • ▲大きなメダル選手は“逆転の兆し”を神引き! 超必中モードで、相手の全ユニットを1/1に下げつつ、ランダムでコスト3のユニット2体を召喚し、即座に盤面をひっくり返します!

  • ▲さらに太陽のタロットもサーチして、盤石の態勢の大きなメダル選手。ばら選手も双竜打ちなどで盤面クリアに持っていきますが……。

  • ▲超必中モードでの“しんりゅう”降臨!

  • ▲ばら選手はデボラでコインを増やそうとしますが、微妙に運に恵まれず、3枚ゲットならず。その結果、交換所ではグリンガムのムチに届かず。

  • ▲ゾディアックコードからの死神のタロット!

  • ▲ばら選手のまものの呼び笛から現れたのは……。

  • ▲たつのこナイト。盤面をひっくり返すほどの強さはありませんが、果たして?

  • ▲ゴールデンタイタスも呼ぶばら選手に対して、大きなメダル選手は太陽のタロットをドロー。“のろいのランプ”で複製しつつ、太陽のタロットでばら選手の心を折っていきます……!

  • ▲手札が尽きたばら選手。盤面を支配した大きなメダル選手がリーサルを決め、2連勝で優勝が決まりました!

 というわけで、これまで2回も決勝大会に出場するも優勝まで手が届かずにいた大きなメダル選手が“勇者杯2019冬”を制しました!

  • ▲優勝者の大きなメダル選手には、堀井雄二さんから表彰楯が渡されました。

 ちなみに大きなメダル選手が“伝説のカード錬金”として選んだのは“勇者イレブン”! 後日、このカードは特別なイラストになって全プレイヤーにプレゼントされます。

 今回も熱い戦いだらけで、観戦していて楽しかったです。プレイングの勉強になる場面も多かったので、ぜひアーカイブ動画(YouTubeニコニコ生放送OPENREC.tv)でご視聴ください!

【開催日時】
2020年2月11日(火・祝) 9:30 開場/10:00開演、19:00終了予定
【開催場所】
CIRQ 新宿
JR 山手線 新宿駅 東南口 徒歩2分
【入場料】
無料(出入り自由)
【番組配信URL】
YouTubeLIVE
ニコニコ生放送
OPENREC.tv
【出演者】
●MC
椿彩奈(タレント)
中村卓也(イベントMC)
●実況
田口尚平(テレビ東京アナウンサー)
Mokson(ゲームキャスター)
ふぁんだむ(ゲームキャスター)
●解説
ちょもす(ゲームライター)
ふびらい(ゲームライター)
●ゲスト解説
まめ(「勇者杯2019 秋」優勝)

(C)2017-2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

ドラゴンクエストライバルズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: カード
  • 配信日: 2017年11月2日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストライバルズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: カード
  • 配信日: 2017年11月2日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金