14日公開の劇場版『声優男子ですが…?』より興津和幸さん、木村良平さん、山口勝平さんらからコメント到着

ガルスタオンライン
公開日時

 上村祐翔さん、梅原裕一郎さん、河本啓佑さん、小林裕介さん、白井悠介さん、本城雄太郎さん、山本和臣さんが出演する『劇場版 声優男子ですが・・・?これからの声優人生の話をしよう』(2月14日りシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開)に向け、番組関係者から続々コメントが到着!



 “声優男子”メンバーが憧れの声優を呼んで対談する企画「先輩と2人きりですが・・・?」に出演した興津和幸さん、木村良平さん、豊永利行さん、福山潤さん、山口勝平さんら豪華声優陣に加え、劇場版の主題歌「7人の妖」の作詞を担当した大槻ケンヂ氏、番組内で誕生したキャラクターや、本人たちのイラストを担当してきたさらちよみ氏など、番組に縁の深い人物たちからの温かいメッセージに注目!






豪華声優陣&番組関係者から温かい応援コメント到着!(※50音順 / 敬称略)

大槻ケンヂ(ロックミュージシャン)

ずいぶん前に、若手声優7人の番組が始まるので、彼らが歌う番組テーマ曲を作ってほしいと依頼を受け、僕のバンド・特撮で、「七人の妖」という曲を作りました。特撮でもレコーディングして、僕はライブでたまに今も歌っている。でも、番組の方が続いていたとは正直知らなかった!!さらに映画化も!そうなんだ、すごい!みんな元気!?元気そうだね。「七人の妖」の歌詞に書いた通りたくさんの人々をあやかして(魅了して)いるようで素晴らしい。今度ぜひどっかで一緒にあの歌を歌いましょう。

興津和幸(声優)

声優男子ですが・・・?・・・5周年ですかっ!!!?????
なんと!おめでとうございます!!!しかも劇場版!?重ねておめでとうございます!!
時が流れるのは早きもので、皆さん大活躍中ですね!!
いつだって男の子の気持ちを忘れずにがんばっていきましょー!!
和臣くん!プールバーに行くまでは、まだまだ俺たち大人にはなれないぜ!
ではまた現場でお会いできるよう私も精進いたします。これからも宜しくね!!

木村良平(声優)

自社の後輩たちを堪能するだけのつもりで見始めました。しかし気がつくと、彼らの輝きやエンターテイメント性、そしてみんなで築き上げてきたのであろう絆を素直に楽しんでいる自分がいたのです。心地良い時間をありがとう。うちの子らは、素晴らしい仲間と番組に恵まれました。そして、後輩たちに負けずにキラキラしている同い年に感動した。カッコイイぜ裕介!

さらちよみ(イラストレーター・漫画家)

声優男子ですが…?5周年と劇場版おめでとうございます。
皆さんにとってこの5年間はとても濃くて充実していたのだなと、拝見してとても嬉しくなりました。
妖たちを描かせていただけたことは私の自慢の一つです。
6周年7周年とは言わず、10周年をお祝いできるようにずっと応援しております。

豊永利行(声優)

劇場版決定おめでとうございます!
その節は先輩風を吹かさせていただき、感謝致します(笑)。
当時お話した事から更に時が経ち、僕自身の中での哲学や拘りも変化を続けています。
上村君のこれからの変化と進化を楽しみにしております♪
劇場版って何やるんですか!?(笑)

福山潤(声優)

コレはドキュメンタリーなのか?はたまたホラーか!?5年前は新進気鋭の若手声優達、今は、飛んでる鳥は取り敢えず撃ち落とした若手声優達の、真夏の7人キャンプライフに密着!みんな楽しくやってるね!みんな頑張ってるね!取り敢えず白井君はドコを目指してるんだ!?乞うご期待です!!

山口勝平(声優)

「声優男子ですが・・・?」5周年&劇場版公開おめでとうございます!
先輩SPという事で出演させていただき、小林裕介くんと楽しい時間を過ごさせてもらいました。
芸能の垣根が曖昧になってきた昨今、これからの子達は色々なスキルが求められる時代になっていますが、それだけ可能性も広がっていくモノだと思っています。
その真ん中ン所に”芝居”をしっかりと据えてこれからも頑張りましょう!
PS.小林くん、飲みに行くって約束果たせてなくてごめんね。

『劇場版 声優男子ですが・・・?~これからの声優人生の話をしよう~』

公開表記:2月14日より、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開
出演:上村祐翔、梅原裕一郎、河本啓佑、小林裕介、白井悠介、本城雄太郎、山本和臣
ナレーション:諏訪部順一
コピーライト:©東北新社/企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場)
プロデューサー:斎藤充崇 福田昌彦/宣伝:眞野りん 小柳大侍
監督:鈴木あゆみ 脚本:奈佐はぢめ ゴージャス染谷/撮影:倉島健一 録音:石井博文 照明:石井久友
主題歌:「7人の妖 with 特撮」(EVIL LINE RECORDS)/2020年/日本/カラー/5.1ch
製作・配給:東北新社/提供:ファミリー劇場

【STORY】ある夏の日、キャンプ地に上村祐翔、梅原裕一郎、河本啓佑、小林裕介、本城雄太郎、山本和臣の6人の姿があった。彼らはこれまで以上に互いの絆を深めようと、アウトドアに出かけたのだ。ただし、6人……そこに白井悠介の姿だけがなかった。ともあれ、6人は大自然に囲まれた河原で水切りやスイカ割りを楽しむと、上村と河本は魚釣り、小林と本城は買い出しへ向かった。その間に、残った梅原と山本はまき割りを始める。そして、キャンプ地にいたヤギに「白井悠介」と命名するのだった。
やがて買い出しチーム、そして苦戦した魚釣りチームが帰ってくると、さっそく夕食の支度を始めることに。すると、そんな6人の前に色違いのパラコードブレスレットが届けられる。手編みとおぼしき、この人数分のアウトドアの必需品を作ったのは誰か……。そして、白井悠介はどこで何をしているのか……。

©東北新社