趙雲(騎将)が欲しくてガチャ30連。結果は!?【サンヒロ日記#2】

まさん
公開日時

 『三国志ヒーローズ』日記第2回は、2月14日から開催中の“趙雲ピックアップ”で実装された期間限定★5武将・趙雲を狙って召喚してみた結果をお届けします。

※記事内容は編集部調べのものとなります。事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます。

そもそも趙雲は強いの?

 でも、その前に趙雲ピックアップについて解説したほうがいいですね。

 今回の趙雲ピックアップで手に入る趙雲は、騎将の兵科に属している★5武将。騎将は移動力が高く、主に将棋で言う飛車の役割を果たす重要な武将となっています。

 ところが、なんと趙雲は飛車じゃなくて角なんですよ。斜めに動ける騎将なのです。

 このゲームでは、斜めに攻撃できる(動ける)だけでもかなりのアドバンテージを取れるのですが、趙雲の場合は覚醒すると周囲1マス分の全方位に隙がなくなる始末。

 そして、なにより恐ろしいのがレベル最大まで成長させたあとの覚醒後の移動範囲なのです。

 ただでさえ動き回れるのに、覚醒すると斜めに加えて上下にも移動できるようになるという。まさに、飛車と角の能力を合わせ持つ最強生物じゃないですか。

 さすが趙雲。まあ、ほかの五虎大将軍もヤバイ性能ばかりだけど。とくにストーリーで戦うリーダーの関羽は、あとの日記で触れたいくらいの強さでしたね……。

 そんな強敵と対等に渡り合うためにも、期間限定で配信されている間になんとしてでも趙雲を手に入れたい!

 というわけで、今回はキリがいい数字の30連(★4以上の武将がオマケでつく8連続召喚(実質9回分)×3と+単発3回)分の召喚を試してみたいと思います。

 ただ、第1回のときに張飛を手に入れるために仙玉を使ってしまったので、少し補充しないといけません。普通に仙玉を買ってもいいのですが、よくみると単体で買うよりも“待った”機能が使える“サービス(プレミアム30)”のほうが明らかにオトクですね。こっちにします。

 では、さっそく回していきますよ。ドキドキ。

8連続召喚(1回目)

 まずは、8連続召喚1回目。いきなり、魏のマークしか見えなくて不安ではありましたが、とりあえず突っ込んでみましょう!

 おっ、徐庶だ。持ってない軍師キャラなのでありがたいですね~。軍師は敵を足止めできるので何人いても良いもの。

 リーダーの動きを止めてからの王手は恐怖のひと言。つまり、当たりと言えるでしょう。趙雲じゃないけど。

 とか言ってたら、司馬懿まで来ちゃったよ! じつは第1回のときに張飛が欲しくて召喚したときに、司馬懿は出たんですよね。かぶっちゃった。

 でも、開眼するから無駄ではないですし、司馬懿は軍師のなかでも使いやすいので損ではないかな。

 結果的には軍師ばっかり。なんだか、思った以上に軍師が出ちゃいました。でも、徐庶が出たので良しとしましょう。では、次!

8連続召喚(2回目)

 おおっ! 蜀のマークが見える。コレは期待できそうですよ。趙雲来てくれ、お願い! 頼みます!!

 孟達か~。盾将だけど、とりあえず今は魏の人たちを育ててるからなあ……。

 また司馬懿が来ているのも、魏の武将を育てろという何者かの意志を感じます。個人的に使い勝手が良さそうなのは文醜かな? 右側に移動せず弓を撃てるのは、地味に便利そう。

8連続召喚(3回目)

 さあ、あとがなくなってきた8連続召喚の3回目。これで出なかったら、あとは単発に望みをかけるしかない! 出てくれ~!!

 まさかの全かぶり。最後が一番パッとしない結果になってしまいました。

 褒めたからってそんなに何度も出てこなくてもいいんですよ文醜さん……。

 このあとも単発で3回ほど引いてみたのですが、とくに語る結果もなく趙雲は手に入りませんでした。

 全部かぶってたら「超、運がなかった!」みたいなダジャレで締めようと思ったのですが、中途半端に司馬懿が何度も出たので★5自体の引き運はあったみたいなんですよね。残念。

 とはいえ、この趙雲ピックアップ自体は3月2日まで開催しています。自分も月末になったらまた挑戦してみるつもりなので、今度こそ良い報告ができるとうれしいですね。できるといいなあ。では、また!

(C)2020 コーエーテクモゲームス / HEROZ, Inc. All rights reserved.