アニメ『ダックテイルズ』で三つ子を演じる代永翼さん、永塚拓馬さん、小林大紀さんのトークショーレポート

ガルスタオンライン
公開日時

 6月9日はドナルドダックの誕生日! ということで、株式会社ジュピターテレコムと「ディズニー・チャンネルHD」では、人気作品『ダックテイルズ』など3作品からドナルドダックが活躍するエピソードを厳選して盛り込んだ、特別編成『ハッピーバースデー!ドナルドダック』の放送を予定しています。
 それを記念して、6月5日に、「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ(R)内)でイベントが開催されました。

 イベントでは、アニメ『ダックテイルズ』で活躍する三つ子の声優を務める代永翼さん(ヒューイ役)、永塚拓馬さん(デューイ役)、小林大紀さん(ルーイ役)が、それぞれのキャラクターにちなんだ色のTシャツで登場し、ここでしか聞けない収録秘話や、作品やキャラクターの魅力について存分に語ってくれました。さらに、ご自身の子どもの頃の意外なエピソードも明らかになると、会場は大いに盛り上がりました。

オフィシャルイベントレポート

【日程】6月5日
【場所】「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ(R))
【登壇者】代永翼(ヒューイ役)さん、 永塚拓馬(デューイ役)さん、 小林大紀(ルーイ役)

登壇者コメント

【オファーを受けた時の心境は?】
代永さん:VTRを見たら、 “これよく知ってる3人組!”と思ってテンションがあがって自宅でジタバタしてました。
永塚さん:僕もこうやって歓喜のポーズなりました(腰をフリフリ)ディズニー作品ですから他の作品とはわけが違う。 あと、 誰が誰の声かわからないくらいで、 スタッフさんからも「声似てるね~っ」て言われました。
小林さん:声の高い三人が揃ったなと思いました。 作品中に一つ長いセリフがあって、 合わせるのが大変でした。

【三つ子にちなみ、 ご自身の子どもの頃は?】
代永さん:やんちゃでした。うちはゲーム機を買ってもらえない家で、外で遊ぶことが多めだったので、すごい傷だらけでした。雨の日も傘を差さず、 濡れるのも好き。 泥水の中にびしゃーと入って行って。 泥だらけになって怒られたり、高いところから飛び降りたり。大声出して遊んだり、アスレチックに乗って、一人で遊んでたり。 あれ? 友達いないみたいだけど、たくさんいるんだよ!!?(笑)
永塚さん:目を離すとどっか行っちゃうタイプ。今は人見知りですが、小っちゃいころは社交的だったらしくて、知らない大工の人と仲良くなって、 お弁当食べたりしてたみたいです。今以上に声が高くて、丸坊主でした。母親が坊主の男の子が好きという理由です。運動はできないので、 ボールは友だちじゃないです(笑)。
小林さん:僕は、 女の子の恰好はしてないですよ!?
永塚さん:(小林さんのTシャツを差して)あれ、 これスカート?
小林さん:違います!! レイアードです。 けっこう今みたいにツッコミ役というか、 優等生気質なところがあったかもしれないです。 ちゃんとしなきゃいけないところはちゃんとしてました。 静かにしてくださいっていうタイプ。

【演じるキャラクターとご自身の性格を比べてどうですか?】
代永さん:僕の役ヒューイは三つ子の中では、 長男。 冷静沈着に物事を見る。 ヒューイは冒険少年ガイドブックを帽子の中に仕込んでいる。 それを見ながら行動することがあって、 自分も取扱い説明書を見て行動するので、 似ているなと思います。
永塚さん:僕の役デューイは一番子どもですね。 割とヒューイとルーイは大人な部分があるけど、 大人な部分が一切なくて。 一番等身大の子供っていう感じで甘えん坊だし、 「僕はヒーローになるんだ」ってはりきるトラブルメーカー。 何も考えずにその場のノリでやっちゃう、 すごい子どもらしい、 かわいいキャラです。
代永さん:現場にいる姿はヒューイにしか見えないですね(笑)
小林さん:僕の役ルーイは、 お金が大好き。 伯父のスクルージも大金持ちでちょっとケチという性格で、 一番似ているかもしれない。 かといって、 ちょっと、 臆病なんですが、 好奇心もありますし、 落ち着いているように見えて、 お金のことになると、 裏の顔を隠しきれない。 あと意外とさみしがり屋です。

【演じる際に気を付けたことは?】
代永さん:3人の中ではまとめ役なので、 はっちゃけすぎないよう気を付けました。 3人でやってるんで、 個性を出していかなきゃいけないなと。
永塚さん:感情を表に出す子なので、 感情の起伏を思いっきり出すことに気を付けました。 イラストも表情変化がすごいので、 それに負けないようにって思ってました。 割と旋律がない歌が多くて、 吹替えるのが大変でした。
小林さん:お金が好きっているのがありますが、 いやらしくならないように、 面白おかしくなるようにって気にしてやってますね。

【お気に入りや思い出のエピソードは?】
永塚さん:どれもおすすめですが、 今週末の日曜日、6月9日に『危険なゲーム大会』という日本初公開のエピソードがでてきますのでぜひ見ていただきたい!!ちなみに、6月9日は何の日か知ってますか??

【日本初放送のエピソードについて、 どんなストーリー?】
小林さん:「ゲームをしよう」ということになって、 伯父スクルージの家でやるんですけど。 このヒューイとデューイが小っちゃくなっちゃう。 その中で、 ルーイが助けようとする。 その小さい世界の中で生きている、 “なぞの集団”がいて、 その集団と一緒に冒険をしていく物語です。 “なぞの集団”たちがすごい面白かったので、 そこにぜひ注目していただきたいです。 あと、 ショートムービーでドナルドダックのお誕生日にお祝いをしている映像もあるので、 見てほしいです!

【作品のPR】
小林さん:しりとりでいきますか?「ダックテイルズは」
永塚さん:「わいわいしていて」
代永さん:「テイルズしています」あれ…(笑)泣けるところも、 笑えるとこもありますしディズニー好きにはたまらない。
(MCに時間がないと急されて……)
小林さん:あと、 お母さんのお話もでてくるので
代永さん:ぜひ、 家族を大事にして!!!

【改めて、 これから見るファンにメッセージ】
代永さん:僕らも収録していて楽しいですし、 この先どうなるのかなと見ていくと、「ここの話はここに繋がるのか~!」っていうエピソードがあるので。 第1シーズンもまだまだ放送していますので、ぜひお見逃しのないようご覧下さい。 末永くダックテイルズを応援してください。
永塚さん:笑えますし、ディズニーらしいというか、 夢と冒険というところもありますし、お子さまでも大人でも楽しめる作品になっているので、 途中から見ても一話完結もあるので見ていただけると嬉しいです。
小林さん:この3人はもちろんですが、 けっこう苦労しながらひねり出したものを収録している。原作である絵の持つパワーもそうですし、 テンションが急にギャーっと上がったり、下がったり、お子さまも大人も楽しめる。昔のダックテイルズに出てきたキャラクターが新しく出てきたりするので、 次の話は何が出てくるのか、 どういうワードがでてくるのか、楽しんでいただけたらなと思います。

©Disney