映画『メイドインアビス』4DX上映はこの8館! 過酷なシーンがよりヤバくなる?

電撃オンライン
公開日時

 劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』4DX版が2月28日より4DXシアターで公開されます。

 4DX版では、アビスの呪いと祝福が詰まった濃厚な4DX演出。主人公のリコ、ナナチと一緒に旅をするロボットの少年レグ。彼の腕や足から放たれる圧倒的威力の火葬砲は、4DXの効果を存分に生かしたものとなっています。

 上下左右に激しく動くモーションチェアと、熱風、煙により、その破壊力を絶妙に再現。こんなパワーでレグは今まで戦っていたのかと、ショックを受けるほどのものとなっています。

 また、人体実験などの過酷なシーンでは、雨やエアーを効果的に使い、怖さを演出。特にレグの腕を切るシーンでは、モーションチェアの振動に合わせて、さらに痛さと怖さを感じる<機械音>もプラスされ、その場から逃げ出したくなるほどに……。

 さらにアクションシーンでは、パンチやキック、レグから放たれる火葬砲など大きなアクションの前には、逆にモーションを一度抑制し、静寂を作ったのち、キャラクターの動きに合わせてモーションチェア、風、煙、ミスト、機械音など、五感を最大限刺激したダイナミックな演出になっています。

 その他、神秘的で美しい森の景色に合わせて、花の香りややわらかい風の効果を演出したり、各キャラクターの動きや感情の起伏によって、モーションチェアやフットステップが微細に動いたりなど、本編を通して、細かな演出が施されています。

4DX劇場一覧

ユナイテッド・シネマ
シネマサンシャイン
コロナシネマワールド
109シネマズ
USシネマ
イオンシネマ
アースシネマズ
フォーラム那須塩原

※上映劇場は変更となる場合があります。
※劇場により、対応している効果が異なります。

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』作品概要

スタッフ(敬称略)
原作:つくしあきひと
監督:小島正幸
副監督:垪和等
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン:黄瀬和哉(Production I.G)
総作画監督:齊田博之
エフェクト作画監督:橋本敬史
生物デザイン:吉成鋼
デザインリーダー:高倉武史
アクションアニメーター:酒井智史、杉田柊
美術監督:増山修(インスパイアード)
美術設定:西俊樹、菱沼由典、平柳 悟
色彩設計:山下宮緒
撮影監督:江間常高(T2スタジオ)
音響監督:山田陽
音響効果:野口透
音楽:Kevin Penkin
音楽プロデューサー:飯島弘光
音楽制作:IRMA LA DOUCE
音楽制作協力:KADOKAWA
アニメーション制作:キネマシトラス
キャスト(敬称略)
リコ:富田美憂
レグ:伊瀬茉莉也
ナナチ:井澤詩織
ボンドルド:森川智之
プルシュカ:水瀬いのり

(C)つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会