ミニ四駆レーサーの朝は早い……! アプリ『ミニ四駆』攻略のコツ(基礎編)【電撃超速日記#2】

オッシー
公開日時

 バンダイナムコエンターテインメントのiOS/Android用アプリ『ミニ四駆 超速グランプリ』のプレイ日記をお届けします。

 今回の『ミニ四駆 超速グランプリ』のプレイ日記は、電撃のアラフォーミニ四レーサーの筆者(オッシー)が、始めたばかりの方向けに、先輩風を吹かせつつちょっとしたコツをお届けします。全3回予定!

 まずは基礎編として、はじめたばかりのタイミングで、後々後悔しないための豆知識3選をお送りします。

攻略のコツ1:ボディは好きなもので大丈夫!(戒め) 本命はモーター&ギヤ! 引き直しガシャはこれを引けばOK

 ミニ四駆の魅力といえば、個性あふれるボディパーツですよね。アプリ『ミニ四駆』にも漫画やアニメでお馴染みの“ダッシュ1号 皇帝”や“マグナムセイバー”といったカッコイイボディが目白押しです!

 筆者も、配信初期に行われた“シャイニングスコーピオン”ボディが引きたすぎて、課金しました。

 “シャイニングスコーピオン”はその昔、SFCのミニ四駆ゲームのタイトルにもなったほどのボディで、流線型のフォルムがメチャクチャカッコイイんです!

  • ▲結果は……同列ピックアップの“スーパー1強化シャーシ(青/青)”と“FRP強化マウント(白)・フロント”を3つずつ引いたよ! フゥー神引き!  全部あげるからシャイニングスコーピオンと交換して!

 ただし、ボディ自体の効果は(特に序盤は)そこまで気にしなくても大丈夫。1秒でも早くゴールするために重要なのは、実は“モーター”と“ギヤ”パーツです。

 ゲーム開始時に引ける“引き直しガシャ”は、最高レアリティの☆4は排出されませんが、上記のモーターとギヤ(出来れば☆3)を引くことで序盤を有利に進めることが出来ます。

モーターオススメ:レブチューンモーター(スピード重視)、トルクチューン(パワー重視)
ギヤオススメ:4:1ハイスピードギヤ、4:2:1高速ギヤ
(※4:1スーパーカウンターギヤもオススメらしいのですが、引けてないので!)

 上記はショップでも販売していることがあるので、初期に引けなくてもやり直す必要はありませんよ。

攻略のコツ2:ショップは超重要! 強化パーツを買い占めるべし!

 ミニ四レーサーの朝は早い。

 早朝4時に起床し、深夜締め切りの超速グランプリの結果をチェック。その後に街のミニ四駆ショップに直行。シャッターを叩いて店主を起こす。

 もちろん目的は強化パーツ。朝4時に入荷したばかりの強化パーツ(A~D)を各250個ずつ買い占めるのだ。

 250個も必要なのかって? 全然足りない。ウデマエランクが30を越した頃には、一回の改造で200個使うこともザラだからだ。

 ショップの店主はいつも笑顔で対応してくれるが、笑顔の裏の素顔を私は知っている。

 250個を買い占めて、売り切れ札がかかった強化パーツも、店主に袖の下(スターコイン50個)を渡せば即在庫が復活するという事実を……。

  • ▲朝4時すぐじゃなくてもいいけど、とにかく見かけたら即強化パーツ(A~D)を買い占めて! お兄さんとの約束だぞ! どうしてもというときはスターコインを投げつけよう!

攻略のコツ3:初期の改造は計画的に! 取り返しのつかない可能性あり!

 ガシャで取得した高レアリティパーツを改造して、どんどん早くなっていくのはこの上ない楽しみですが、ちょっと待ってください。

 実は、改造項目は“ウデマエLv.”を上げると増えていくんです。

 単純にウデマエLv.が高い改造が良いとは言えませんが、単純な上位互換もありますし、他の項目を削って高い効果を得るなど、極まった改造ができるようになるため、改造選択肢が大きく広がるのです。

 そして、一度改造した項目は、現状変えることができません。
(“再改造”はあくまでも、同じ改造のクオリティを上げるだけで、改造項目自体は変更できません)

  • ▲筆者のように考えなしに☆4パーツを引いて喜んでフル改造した結果、ウデマエLv.が上がった今、中途半端な改造の微妙なパーツを抱えてしまうことに……しかも☆6までフル改造済みだよ!

 ただ、序盤のステージの攻略を進めるのに、改造は大事な要素なので、まったく無改造というのも難しいのは事実です。

 たとえば、余った☆3パーツを改造して使うなどして、まずはウデマエLv.を上げるのをオススメします!

 もちろん、運良く同じパーツを引いた場合は、1つを適当に改造して攻略を進め、残りを後から改造するのも良いかと思います。
(中途半端に改造しちゃったパーツが、コースアウトするかしないかの微妙なスピード調整で輝いたりすることもあるので、全部無駄にはならないですし!)

まとめ:やっちまっても何とかなる!(こともある)

 基礎編はこれで終わりです。

 正直、やっちまっても何とかなります。

 筆者も初期には色々とやっちまいまして、同じタイヤパーツで“摩擦アップ↑”と“摩擦ダウン↓”を同時に改造しちゃってプラマイゼロ! とか普通にありますし。

 それでも、ストーリーは全クリアしてますし、超速グランプリも基準タイム(ミッション報酬がフルでもらえるタイム)は毎シーズンクリアしています。

 最終的には、(失敗パーツを含む)すべてのパーツに意味があるような設計ですので、やっちまっても落ち込まずポジティブに考えるのがいいですよ。

  • ▲ただ、改造項目を失敗したパーツに限って“至高の逸品!”が出るのがツラい時もある! どんまい自分!

 次回は改造のコツをお送りする予定です! それではまたお会いしましょう。

  • ▲超速グランプリ40秒が切れそうで切れなくてキレそうな今日このごろ。これ以上パワー盛ったらナイアガラダイブしちゃうギリギリなんですよねー。

※ミニ四駆は株式会社タミヤの登録商標です。
(C)小学館 (C)ShoPro (C)TAMIYA
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.