【おすすめDLゲーム】『LUNA The Shadow Dust』は優しいビジュアルのパズルADV。パズルを解いて塔を登ろう

イナヤ マギ
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は『LUNA The Shadow Dust(ルーナ:シャドウダスト)』をお届けします。

 『LUNA The Shadow Dust』は、2月にPC(Steam)にて配信されたパズルアドベンチャーゲームです。2人の主人公を操作しながら、パズルを解いて巨大な塔を登っていく本作を紹介します。

巨大な塔を相棒とともに登っていこう

 突如空から落ちてきた主人公の少年は、謎の炎に導かれることに。気が付くと巨大な塔が目の前に姿を現します。

 少年には記憶がなく、塔を登るしか道はないようです。塔のフロアには謎が隠されており、次のフロアに行くためには、それを解かなければなりません。


 途中で助けた相棒とともに、塔に仕掛けられたパズルを解いて進んでいくと、やがてこの世界の影に別の世界が隠されていること、また失った記憶の謎が明らかになっていきます。

 まず、目を引いたのがビジュアル! グラフィックはすべて手書きということで、幻想的で温かみのある描写になっています。


 アニメーションムービーも豊富に用意されており、それらを4人の開発チームで制作したとのこと。ムービーだけでも見る価値があると思いました。

各フロアのパズルを解いて進もう

 塔の各フロアにはパズルがあり、それを解くことで次のフロアに移動できます。

 このゲームはテキストによる説明やセリフなどはありません。そのため、フロアのあちこちを観察して動かせるものがないかを確認しましょう。動かせるものや移動できる場所はアイコンが変わります。

 小さくてかわいい相棒が仲間になると、主人公と相棒を切り替えてパズルを解いていくことに。


 主人公はレバーやハンドルを動かしたり、重いものを押したりできます。


 相棒は小さな身体を駆使して、パイプを移動したり、狭い入口から出入りしたりできます。

 また、影の世界に入り込んで移動する特殊能力を持っているので、現実世界で行けない場合は影を駆使して、パズルを解きましょう。


絵本のような美しいグラフィックとパズルが秀逸な良作

 この作品の魅力は、なんといってもグラフィック。絵本の世界に入り込んだようなグラフィックは、オリエンタルなBGMも相まって、雰囲気抜群! グングンと本作の世界に没入させてくれます。

 各フロアのグラフィックは統一感がありながらも、雰囲気が違うので、パズルだけでなくグラフィックでも次のフロアに行くのが楽しみになります。

 そんな魅力的なグラフィックで語られる謎多きストーリーも、またいい! テキストがない分、ある程度の考察が必要になりますが、しっかりとしたムービーで展開するので、ストーリーの大筋は理解できると思います。

 パズルは、テキストがないのでグラフィックだけで解く直感的なタイプになっています。ひらめきが必要なものが多いので若干難しいのですが、ピンときて解けた時はかなりうれしい!

 ただ、テキストでの具体的なヒントがないため、つまってしまうとなかなか抜け出せない可能性も……。一気に解くより、1フロアずつ一息つきながらゆったり楽しむのがいいゲームだと思いました。

 相棒が増えた後は、2人をうまく連携させるパズルが多くなり、難易度が上がるので、パズルが好きな人にはオススメできます。主人公と相棒をうまく動かして、塔の謎を解き明かしていきましょう!

(C) 2020 Lantern Studio
(C) 2020 Application Systems Heidelberg Software GmbH All Rights Reserved.

『LUNA The Shadow Dust』

  • メーカー:Coconut Island Games, Application Systems Heidelberg
  • 対応機種:PC(Steam)
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 配信日:2020年2月13日
  • 価格:2,050円
  • ※開発:Lantern Studio