名作に触れるきっかけの1つになれたら――『文アル』朗読CDシリーズ 川端康成役・関智一さんインタビュー

ガルスタオンライン 、近藤智子
公開日時

 文豪転生シミュレーションゲーム『文豪とアルケミスト』(通称:文アル)より、キャストによる朗読CD第4シリーズ・第10~12弾が2020年3月25日に発売されます。

 今回登場する文豪は「川端康成(声優:関智一)」「横光利一(声優:羽多野渉)」「菊池寛(声優:三木眞一郎)」の3人。新感覚派である川端康成と横光利一、そして2人を引き合わせた菊池寛という組み合わせになっています。

 CDではキャストによる作品の朗読や、3人の掛け合いによるミニドラマ「緊急座談会」も収録! 初めての出会いを振り返ったり、作品についての感想を話し合ったりする場面を楽しめますよ。

 ここではCDの発売を記念して第4シリーズの出演陣に収録後の感想をお聞きしました。第1回目は、関智一さんのキャストインタビューをお届けします♪

『文豪とアルケミスト』朗読CD第10弾「川端康成」:関智一さんインタビュー

――朗読した作品について、ご感想をお願いします。

 今回の朗読で、初めて「伊豆の踊子」を読みました。併せて映画も見まして「ああ、こういう話だったんだ」と。作者の実体験だそうですよね、そのまま脚色もないそうで。僕も素敵な体験をしたなと思います。

――印象に残った場面やフレーズはありますか?

 旅の芸人の人たちがすごくいい人で、面白かったです。映画ではお芳さんを演じた浪花千栄子さんのお芝居がすごくお上手だったのも印象に残っていました。

――朗読中にその映画の光景が浮かんだ……というイメージでしょうか。

 『伊豆の踊子』を朗読しながら、一緒に映画も見ていたんです。最初は朗読のほうが進んでいたんですけど、途中に峠を

越えるところで先を越されて、映画のほうが先に終わりました(笑)。

――では『有難う』『心中』についてはいかがでしょうか?

 いろいろな人が研究をされているみたいですけど、本意は分からないそうですよね。この『心中』も幻想的で、謎めいた話だなと思いました。『有難う』もですが。その時代の雰囲気も分かるので「そういう感じだったんだ」「そういう時代だったんだな」と勉強になりました。
 これは短編集『掌の小説』に収録されている作品で、1~2ページくらいのものがたくさん入っているんですよね。入門編としてもいいのかなという印象を受けました。

 読んでいて思いましたけど『伊豆の踊子』なんて、今でいうブログのようなものですよね。実体験を綴ったものですから。恋愛の経験談を書いた人のブログを読んで感じるようなものと、同じような気がします。これも可愛い女の子と出会ってドキドキしている男の子の話ですから、読んだ人も「分かるー!」っていう感じだったのかなと。それが綺麗な文章で書かれているだけで。
 ストーリーもじんわりくるけどドラマチックではないので、そこは逆に面白かったですね。主人公と踊子はほとんど喋らず、主に踊子はお兄さんと話していて……そして最後まで「何もないんかい!」って(笑)。

――改めて、演じているキャラクター(川端康成)の魅力を教えてください。

 僕が演じるキャラクターにしては、か細く話しているのが珍しいと言われます。確かに最近はあまり演じていなかったなと。皆さんがそうおっしゃるので、そこが魅力になっているんじゃないでしょうか。

――この朗読CDをご自身で聴くとしたら、どんなシチュエーションが思い浮かびますか?

 自分の作品はつい反省とか色々考えてしまいますので……リラックスタイムに聞けないですね。車の移動が多いので、その時になんとなく聞くといった感じでしょうか。

――収録の際はキャラクターへの意識や読みやすさ重視など、どのようなプランで臨まれたのでしょうか?

 僕はとくに意識はしてないですね。「キャラクターっぽいほうがいいかもしれませんね」といったお話しもあったんですが、結果としては僕自身が語って読んでいます。

――今回の朗読CDシリーズは“(3人の)出会い”がポイントになっていますが、これにちなみ、ご自身が印象だったなと思う出会いについてお聞かせください。

 長くお付き合いのある方は、振り返ってみると出会うべくして出会ったような雰囲気を感じることもありますね。出会いと出会いが重なっていった、みたいな。とはいえドラマチックな何かがあったかというと、そうでもないような……(笑)。

 印象的な出会い……うーん、そういえば今仲良くしている造形方面の友人がいるんですけど、東日本大震災があった時にTwitterを連絡用に始めてほしいと言われたんです。そこでボランティアのようなことをされているのを見かけて、そこに共感して連絡を取って……そうして出会ってから、もう10年くらい友人として遊んでいます。これもTwitterを始めなければなかった出会いですよね。大変な災害でしたけど、そこから始まった縁もあるんだなというのは思い返すと面白いなと思います。

――ファンの方へメッセージをお願いいたします。

 「名前は知っているけれど、作品の内容までは分からない……」といった名作はたくさんありますよね。それをこうした機会に知ることの楽しさ、みたいなものを感じていただけたらと思います。僕も仕事として必要に迫られて(笑)、初めて『伊豆の踊子』を読み、映画も見ましたが、こうした機会がなければ触れることもなかったでしょうし、読んでみて良かったなと思いました。
 小説はなかなか時間が取れないのですが、名作の映画を見たいなという気持ちもわいてきているので、そうしたきかっけの1つになれたらいいなという思いで収録しました。どうぞよろしくお願いいたします。

関智一さんのサイン色紙を1名様にプレゼント!

 関さんからサイン色紙をいただきました。こちらをアンケートにお答えいただいた方のなかから、1名様にプレゼント! ぜひたくさんのご意見をお聞かせください☆
 電撃ガルスタ編集部公式Twitter(@dengekigirls)をフォローのうえ、【2020年3月20日 23:59】までにページ下部のアンケート&プレゼント応募フォームからご応募ください。

※サイン色紙につきまして、裏面に当選者様のお名前を記載させていただきます。あらかじめご了承ください。
※電撃ガルスタオンラインでは、プレゼントの転売を禁止しております。不当な使用をした場合、次回以降完全選考対象外となります。

朗読CD第10弾「川端康成」収録内容

・「伊豆の踊子」
・オマケドラマ「緊急座談会その10~川端康成を語る編~」
※「有難う」「心中」は、アニメイト全3巻購入特典CDに収録


(C)DMM GAMES
(C)The Heirs of Yasunari Kawabata