DMM GAMESとCAAnimationがゲーム×アニメ連動プロジェクトを発表

電撃オンライン
公開日時

 DMM GAMESは、サイバーエージェントのアニメーションレーベル“CAAnimation”と共同でゲーム×アニメ連動のメディアミックスプロジェクトを始動しました。

 本プロジェクトでは、CAAnimationとDMM GAMESが共同で企画・原作開発をおこない、アニメーション制作を“C2C”、ゲーム開発を“DMM GAMES”が担当。これまでにないハイクオリティなコンテンツをユーザーに届けるため、2021年のアニメ放送・ゲームリリースを目指して制作がおこなわれます。

 現在、グランプリ獲得者に本プロジェクトへの出演権が与えられるオーディション“スマイルオーディション”を実施中です。

アニメーションレーベル“CAAnimation(シーエーアニメーション)”について

 2018年10月サイバーエージェントにより設立された、オリジナルアニメを制作するアニメーションレーベル。サイバーエージェント子会社及び外部パートナーによるゲーム化展開、インターネットテレビ局“AbemaTV”との連動など、メディアミックスを前提とした企画開発・プロデュースを実施している。

アニメーション制作スタジオ“C2C”について

 2009年にアニメ制作会社として設立。サテライトやボンズをはじめ、数多くの作品に参加。長年培ってきた技術と経験をもとに、2018年『はるかなレシーブ』にて自社単独制作に乗り出す。近年では『ひとりぼっちの〇〇生活』や『社長、バトルの時間です!』などテレビシリーズを中心にアニメーション企画・制作をおこなっている。